3-51 Walton社のランドバンキングとは、土地一部買収のオファーがありました

 

こんにちは、読者の富を増す、とみますです。

今回は「Walton」社の「ランドバンキング」に進捗があったので、復習をしつつ、その内容についてです。


 

そもそも、ランドバンキングとは

 

ランドバンキングとは、土地を事前に購入し、価値が上がったら売却する投資のこと。

 

この投資の発祥はアメリカらしい。

 

 

日本は人口が減ってきているので、

 

日本で土地を買っても価値は上がらない。

 

だからか、日本のランドバンキングは、私の知る限り聞いたことがない。

 

 

アメリカのように「経済発展」が見込まれる土地を、

 

安価である状態で事前に購入し、

 

数年間(5,6年)持ち続け、

 

土地の価値が上昇したら売る

 

という不動産投資。

 

 

提携先のランドバンキング社が「都市開発」を進めるため、

 

遅かれ早かれ購入した土地は、

 

工業や商業の設備、

 

住宅が建てられ、

 

計画通りいけば、

 

土地は購入したときの値段よりも上がる。

 

 

 

投資家たちは、

 

投資金を出し合い、

 

広大な土地を「ユニット単位」で購入し、

 

ランドバンキング社が売上げた利益を分け合うというもの。

 

 

「Walton」って?

 

そのランドバンキング者の1つが「Walton」社。

 

カナダとアメリカで「土地開発」の実績がある。

 

現在、約150件のプロジェクト計画をもっており、そのうち約20件が開発進行中だ。

 

開発割合は「約13%」。

 

土地開発には年単位の時間を要するため、この割合は「参考にしかならない」が、悪くないと感じている。

 

 

 

「土地」の選び方

 

もちろん、信頼できるランドバンキング社を選ぶのが大前提だが、

 

どの土地を買うか」もけっこう大切。

 

それは、土地によって、「開発の進むスピードが違う」から。

 

どの土地を選択するかで「償還年数」が変わってくる。

 

将来「都市開発が見込まれる」州の土地を買うのが鉄則だ。

 

 

 

ランドバンキングのデメリット

 

ランドバンキングのデメリットは、

 

100万円単位のお金が4年以上ロック」されること。

 

そう、償還されるまで、投下したお金は、使えない。

 

資金に余裕がある人なら、ともかく、

 

私みたいに、資本金が少ない人では、

 

1口数百万円は大きい。

 

他に利回りのいい投資案件があった場合、機会損失となりうるのだ。

 

 

だから、償還スピードが早い、土地を選びたい。

 

土地の選択を失敗すると「10年くらい」償還されないこともあるらしいので…。

 

 

 

アメリカのフロリダ州ってどうよ?

 

今回、進捗のあった土地は「フロリダ州」にある「ポートセントルーシー」という都市だ。

 

フロリダ州は、マイアミとかが有名。

 

2015年のフロリダ経済は順調である。

 

また、2011年以来、四半期毎に雇用が増加しており、

 

購入したときから、実はかなり期待していた。

 

 

 

ポートセントルーシー都市の経済動向

 

この都市は「定年後の美しい生活」ができる都市として有名。

 

特に「裕福層」を中心に流入が増えている。

 

調べてみると(Milken Institute調査)、

 

最も急速に成長した」大都市ランキングでなんと「1位」。

 

2014年の順位が178位だったのに対し、2015年の順位80位。

 

この上昇率が、アメリカで最も高かったわけだ。

 

行ったことはないが、

 

低い犯罪率と住居者の所得平均が高いことから、

 

きっと住みやすいんだろう。

 

今後も、人口増加が見込まれ、それに伴い、経済の発展が見込まれると私は予想している。

 

 

 

Village At Midwayの一部を買収オファー

 

今回、進捗があったプロジェクト名は「Village At Midway」。

 

土地の一部を「Walton Acquisitions FL, LLC」が購入したいという買収オファーだ。

 

ん?

 

「Waltonで購入した土地を、Walton関連会社が買う?」

 

ってなんだか変な感じがする。

 

Waltonに聞いたところ、

 

土地と隣接する道路の開発工事を「意図的に」始めたいとのこと。

 

一部の土地開発(特に流通)を行うことで、

 

他の工業や商業設備を誘致することを狙いとしたらしい。

 

 

オファー価格は、まだ未開発の段階なので、投資した資金の40%程度だが、これを機に土地の価格が上昇すればいいと思う。

 

ちなみに土地の一部とは、土地全体の約13%。

 

残りの土地87%が今後どれだけ伸びるかが楽しみだ。

 

 

 

オファーを受領するには「投票の多数決」

 

オファーを受領するには、投資家全員の(出資金あたりで)60%の賛成が必要とのこと。

 

60%の賛成を得たら、売買契約が締結し、取引手続きに入る。

 

そうした場合、アメリカでの源泉徴収や日本での確定申告に備えなければならない。

 

 

 

 

日本人投資家の少なさ

 

ちなみに、今回の「Village At Midway」に出資した人たちは、

 

シンガポール55%、

 

中国25%、

 

日本8%程度

 

なんだって。

 

日本人、あまり興味ないのかな。

 

 

おわりに

 

以上「Walton社のランドバンキングとは、土地一部買収のオファーがありました」でした。

 

ある程度、お金に余裕のある人なら、ランドバンキングは面白いかもしれないです。

 

基本的に株トレードのように費やす時間が要らないからです。

 

その分、購入の時にちゃんと土地を調べる必要があります。

 

数年間(少なくても4年以上)、うん百万円が動かせなくなるというデメリットはあるが、

 

ある程度の利回りが期待できるので、

 

放置投資家にはおすすめかもしれないです。

 

また、進捗があったら、ブログにしようと思います(;・∀・)。

 

 

ライン@登録のお願い

 

気に入ったら、20代の友達にシェアしてあげてくださいね。

 

このサイトは、20代会社員本人が身銭をきって、お金の教養を身に着けていくブログです。

 

読者にとって、一つのサンプルとして、捉えて頂ければと思います。

 

公式ラインでは、タイムリーに更新情報をお届けしていますので、友だちに勧めてみてください。

友だち追加

 

 

 

最新情報のお知らせ

 

ランドバンキングに関するブログを更新しました。選挙の結果についてです↓

土地一部の売買オファー、投資家たちの開票結果とは

 

LINE@登録で直ぐに受け取るプレゼント(無料)

現在「LINE@登録」して頂いた方に「金持ち父さんの実践書 20代会社員 入門編(PDF20枚)」をプレゼントしています。

~もくじ~
1. 20代が知っておきたい日本のこと
  1.1 日本のこれからの人口推移
  1.2 日本の財政推移
  1.3 20代の年金問題
  1.4 日本の絶対的な政策目標

2. 20代がこれから生きる上で知っておきたいこと
  2.1 生きていくのに必要なおカネ
  2.2 20代が賢くおカネを増す方法
  2.3 20代は年利1%も難しい…
  2.4 身銭をきる必要性

3. とみますのリアルなCFについて
  3.1 海外金融商品のリアルなCF
  3.2 1区分所有のリアルなCF
  3.3 225オプションのリアルなCF
  3.4 投資×ブログのリアルなCF

4. おわりに


【プレゼントを受け取るには】
公式ライン@登録後「とみます」より送られてくるメッセージから、指定されたpdfのダウンロード(無料)を行い、お受け取り下さい。

公式ライン@登録はこちらから↓↓
友だち追加

【利用者の声】
読者アンケートでは「インターネットからの登録」が「85%」で、「満足していない割合」は「15%」とのことでした。現在、55人の方が登録しています!!

【よくある質問】
Q. LINEでの個人情報が心配です。
A. LINEの会社が管理しているため、私が個人を特定するような情報を知ることはありません。登録者のプロフィール画像や名前もわかりません。

【こんな人はお断り!!】
・目先の利益を求めている人
・直ぐにお金持ちになりたい人
・簡単に稼げる方法を知りたい人

私は、投資の「本質」を追求しています。
投資の本質とは「将来を見据え、今できることを実践すること」だと考えています。
実際、そうやって身銭を切って実践し、これまで資産を築いてきました。
なので、上に書いた内容にあてはまる人は、絶対に登録しないでください。

【さいごに】
これからも「金融」の「知識」をどんどん発信していきます!!それでは、また。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です