新規ユニットバス導入後のパテ補修~壁紙DIY

 

とみます(@20tomimasu)です。

 

水濡れ被害のあった、ユニットバスを業者が新規に交換しました。

割と大きな工事であったため、導入に伴い、壁や換気扇周りを補修する必要があり…

 

パテで平らにして、壁紙を施工しました。

嫁DIYシリーズです。

とみます
この内容は「補修DIY」についてです。

 

新規ユニットバスの導入後

103UBrepair211105-2

↑新規ユニットバスは、とてもキレイ(*´▽`*)。

 

ところが、一歩、引いてみると↓

103UBrepair211105-1

↑入口の壁が、石膏ボードで造作されており。

導入時に、一部の壁を取り壊したみたいで。

 

このままでは表面に凹凸があるので、補修する必要がある。

一方で、隣のトイレと排気ダクトを統一させたため、換気口の大きさが既存のモノと異なり↓

103UBrepair211105-3

↑あちゃー。

新規の換気口は、一回り小さくなっており。

一部が、むき出しになってしまい。w

ここも補修する必要が。

 

そこで、まずは、パテで表面の凹凸を無くしていく。

 

パテ補修

103UBrepair211105-4

↑凹凸が無くなるように、パテで埋めていく。

 

103UBrepair211105-5

↑トイレの換気口は、養生テープをした後に…

 

103UBrepair211105-6

↑パテ塗りをしてみたが、

表面の凹凸度合いが大きく、なかなか難しい。

 

ボコボコだ。w

一応、研磨していくので、大丈夫だと思うが…

 

パテ研磨前の養生

103UBrepair211105-7

↑パテを研磨するときに、粉塵が飛ぶので、養生を。

 

103UBrepair211105-8

↑トイレも。

 

パテ研磨

103UBrepair211105-9

↑狭い場所は、サンダー道具が入らないため、紙やすりで。

電動ではなく、手動だ。w

 

103UBrepair211105-10

↑うほ、良い感じ。

 

103UBrepair211105-11

↑同様に、トイレの換気口も。

おぉー、大分、平らになったね。

 

103UBrepair211105-12

↑壁紙を施工する前に、巾木を。

隣室に残っていた、キレイな巾木を再利用した。

30年前の建具を揃えるのは、大変だからね。

 

壁紙クロスの施工

103UBrepair211105-13

↑壁紙を施工していく。

お、思ったよりも、粗さが目立たない。w

目立つ場所では無いので、これくらいで十分だね。

 

103UBrepair211105-14

↑換気口のフタをすれば、完成(*´▽`*)。

 

103UBrepair211105-15

↑うっひゃー、キレイ。

 

103UBrepair211105-16

↑同様に、浴室の入口も。

壁紙DIYができると、何かと都合が良いかもね。

今日も嫁に感謝しつつ。

 

おわりに

 

以上「新規ユニットバス導入後のパテ補修~壁紙DIY」でした。

 

ようやく、1部屋が完成に近づき。

この部屋は、身寄りのない自然死だったため、フル大家負担で苦労し。

 

追い打ちをかけるように、色々とガタが出てきて、4ヵ月も掛かりました💦

築古アパートあるあるかもですね。

 

少しずつ、大家業を軌道に乗せていければ。

とみます
今日も最後までありがとうございました。

sco180415-2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です