2-7 向研会 2014年経済総括

こんにちは、

今回は「2014年の経済総括」についてです。

 


以下の動画を参照しました。
https://www.youtube.com/watch?v=h7X_vbexeaY

 

この動画は大前研一さんの経済総括についての内容です。

 

報告は2時間で長いですが、

 

ユニークな表現を所々に使用しており、

 

わかりやすく且つ面白いです。

 

その中で気になった点について。

 

 

一点目は「低欲望(インポ)社会」です。

 

金利が低い日本での借り入れが少ないことや

 

人口(結婚願望)が減少していることから、

 

低欲望社会を問題視しております。
二点目は「アベノミクスの失態」です。

 

20世紀に通用した、

 

金融政策、財政、成長戦略の3つをブレンドした点がユニークなだけで、

 

実際、21世紀では効果がないと述べております。

 

これが見にくいのは増税後の駆け込み需要があったため。

 

「この道しかないアベノミクス」は、

 

国債問題から「ハイパーインフレへの道」だったのです。
三点目は「安倍さんのあぁ勘違い」です。

 

株が上がると国民の生活がよくなるという考えです。

 

インデックス株を大量に買うことを宣言したため、

 

日経225は上がりますが、

 

株全部が上がるわけではありません。

 

さらに、日本の株保有人口率は15%であり、

 

株上昇が豊かな国民の生活に直結しません。

 

米国は85%であるため、輸入学者らは日本の実態をつかめていないそうです。
以上、2014経済総括についてでした。

 

今後も継続的に勉強していきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です