サンゲツの提供するリアテック。TA4742(白色)をDIY

 

とみます(@20tomimasu)です。

 

賃貸用物件のために、

サンゲツのリアテック(REATEC)を購入しました。

 

リアテックとは、

  • サンゲツが提供する、化粧シートのこと。

 

素材は、塩ビ(塩化ビニル)らしく。

早速、施工すると…

 

見違えますね。

簡単に、まとめておきます。

とみます
この内容は「リアテックの塩ビシート」についてです。

 

株式会社サンゲツとは

 

  • 株式会社サンゲツ

実は、歴史が古く↓

 

  • 1849年(江戸・嘉永年間)

には、襖や障子などのインテリアを扱っていただとか。

 

その後、

  • 1953年

に、

  • 株式会社山月堂商店 (1970年に株式会社サンゲツへ改称。)

を設立。

 

うへー。

名前からして、若そうに感じたけど、こんなにも歴史があったとは。

 

2019年の短信を見るに、

>>2019年3月期 決算短信[日本基準](連結)

  • 利益は出ているし、
  • キャッシュは増えてるし、

と、なかなか良さげ。

 

案の定、インテリアの売上が高い。

 

また、

  • インテリアの専門商社

だけに、

  • 社内に製造工場を持たない。(ファブレス経営)

そうで。

すげーな、それで回るんだ。

 

ブランドイメージも強いね。

海外進出もしており、これからも伸びていくのかも?

 

そんなサンゲツが提供する一つに、

  • リアテック (REATEC)

 

化粧シートの中でも、リアテックを選択

 

というのも、

賃貸用物件に、化粧シートを探していた。

 

調べてみると、色々の種類が。

特に、この3社の化粧シートが有名らしい。

  • 3M ダイノックフィルム
  • サンゲツ リアテック
  • アイカ工業 オルティノ

 

百円ショップでも売っているような、

  • カッティングシート

や、

ホームセンターで売っている、

  • 化粧シート

もあったけど、

 

ここは、ちゃんとしたものを。w

 

んで、サイトを見た感じ、勝手な印象をメモしておくと↓

  • 3M→ 高くて、高品質
  • サンゲツ→割安で、高品質
  • アイカ工業→高くて、高品質。

 

うん、一言でいうと、

  • 安いから!!

 

コスパが一番よさそうかと。

ってことで、早速、購入。

 

リアテック 白色「サンゲツの提供するリアテック。TA4742(白色)をDIY」が到着

202diy_200113-4

↑賃貸物件にリアテックが届いた。

お、持ちやすいように、段ボールが加工されている。

気が利く~。

 

開梱すると…↓

202diy_200113-5

待ってました!

これで、18m分。(約4万円。)

 

空室の3室分に使う予定。

あと、専用のヘラが付いていたので、地味に助かる↓

202diy_200113-7

202diy_200113-8

↑うふふ、ロゴ入り。

 

さらに、

化粧シートの粘着性を高めるために、

  • 専用プライマー

も、同時に購入↓

202diy_200113-6

 

モノが揃ったところで、早速、施工していくよー。

 

リアテックの施工方法

 

①下地処理

202diy_200113-1

↑状態が悪く、表面の木が剥げている。

そこで、パテを作り↓

202diy_200113-2

 

塗る↓

202diy_200113-3

 

数時間後、乾いたので、施工を↓

 

②プライマーを周辺に塗る

202diy_200113-6-1

↑見えにくいが、ドアの縁に2cmほど、塗っている。

隅は剥がれやすいので、粘着性を強化するために。

 

10分待機。

その間に↓

 

③寸法を測り、ドアサイズに切る

202diy_200113-9

↑裏側は、こんな感じのマス目状に。

切りやすいね。

 

あと、リアテックの横の長さは122cmあるので、

トイレドアの横の長さ58cmに対し、2回使えるのが地味に嬉しく。

 

④ドアに貼る

202diy_200113-10

↑10cmほど、剥がし、これを両手に持つ。

 

202diy_200113-11

↑上位を合わせ、専用のヘラで空気抜きを。

左手で、引っ張る感じに、進めていく。

 

  • 少し剥がし、貼り付け、
  • また、少し剥がし、貼り付け…

を繰り返していく。

 

たまに、こういった空気が入る↓

202diy_200113-12

が、ヘラで隅に追いやると、簡単に、空気抜きができる。

なんか、特殊の加工がされているみたい。

 

そんな感じに、一面が完了↓

202diy_200113-13

 

手触りは、

ツルツルとザラザラの中間。ツルザラ?

 

両辺は、タオル? 雑巾で、摩擦熱を利用しながら↓

202diy_200113-14

 

そうすることで、きれいに貼りつけることが可能↓

202diy_200113-14-2

 

⑤余剰分をカッターで切断する。

 

余分な部分は、カッターで切断。

思ったよりも、切りやすい。

 

が、定規を当てないで、フリーハンドで行ったためか、一部、湾曲に↓。w

202diy_200113-18

 

こういうとことかも↓

202diy_200113-19

ありゃー。

失敗したなぁ。

 

しかも、思ったよりも目立つ。w

白コーキングでもしようかー。

 

まあ、細かい補修は後で、とりあえず完成形に↓

 

リアテックによるトイレドア完成

202diy_200113-15

↑トイレ外から見た写真。

なんか、妙に、白いが。w

 

周りの壁紙が終わってないので、ドアの白さが浮いてしまっているのかな。

周辺の白クロスが完成すれば、多分、合うはず。

 

そして、

トイレ側は、

 

完成後↓

202diy_200113-16

 

おぉー。

(こうやって見ると、小さいミスは目立たない?)

 

扉を閉め、トイレからの写真↓

202diy_200113-20

 

うん、最高。

築古32年ということもあり、これまで全体的に黄ばんでたんさな。

これが、こうも簡単に解決できるとは。

サンゲツのリアテック…ありで!!

 

型番とコスト費用

 

合計 12,801円。

 

ちなみに、ドアノブは、ホームセンターにて↓

202diy_200113-22

(後で気づいたけど、Amazonの方が安いやんけ…トホホ。)

 

作業時間は、

  • 4時間くらい。

 

んー、初めての作業も多かったので、時間は食うね。↓

  • ドア解体 (new)
  • パテの下処理と乾燥
  • リアテック貼付 (new)
  • ドアノブ取付 (new)
  • ドア復旧 (new)

 

まあ、次からは、短縮できそうなので、一種の投資として。

 

おわりに

 

以上「サンゲツの提供するリアテック。TA4742(白色)をDIY」でした。

 

化粧シートも調べてみると、奥が深いですね。

生活に密接しているにも関わらず、イマイチ知りませんでした。

 

この型番は、防カビも備えており、機能性も。

まあ、塗装よりも高くなるのですが…。

 

良し悪しを理解しつつ。

こんな感じに、1日1%アップデートを続けていければ。

とみます
今日も最後までありがとうございました。

sco180415-2

読者にも、幸あれ~

LINE@登録の方もよろしくお願いします。

主に、ブログ更新のお知らせです。

たまに、キャンペーンなども(*´▽`*)。

 

おかげさまで「1172名」を超えました。

いつもありがとうございます。

 

これからもガンガン発信していきますので、どうぞよろしくお願いします。

うざかったらブロックしてください。

 

それでは、また。

M

サンゲツの提供するリアテック。TA4742(白色)をDIY” に対して 3 件のコメントがあります

  1. アン より:

    はじめまして 私も賃貸の黄ばんだ靴箱をなんとかしたいと
    思って色々検索してるのですが、そちらのサンゲツさんのシートは
    退去時原状復帰可能でしょうか? 剥がしても元の表面が傷んだりとかは
    ありませんか?

    1. とみます より:

      初めまして、サンゲツのメイキングシートは、粘着性が強く、後に剥がしたときに表面が傷みますね、大家さんに(管理会社を通して)、交渉してみるのが良いと思います。印象が良くなり、次の募集にも繋がりますよ、みたくメリットを掲示すれば…もしかしたら(*´▽`*)。

  2. アン より:

    お返事とアドバイスありがとうございます。大家さんに交渉してみます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です