5-38 AI運用開始から20日間が経過、利益と利回りを比較

 

こんにちは、読者の富も増す、とみます(@20tomimasu)です。

 

AI運用の報告です。

 

ココでいう、AI運用とは、

  • THEO (ロボアドバイザー)
  • WealthNavi (ロボアドバイザー)
  • トライオートETF (自動売買システム)

を使った運用のことです。個人的な言い回しです。

 

便宜的に分かりやすいので「AI運用」と表現しますが、イメージと違った場合は、プラウザを閉じてくださいね。

とみます
この内容は「AI運用」についてです。

それでは、どうぞ。



 

AI運用の利用方法

 

システム的に運用する「3つ」を選び↓

  • THEO
  • WealthNavi
  • トライオートETF

それぞれに「10万円」を投下させ、進捗状況を確認していく。

 

今年の4月に始めたばかりなので、参考にはならないかもしれない。

 

されど1か月。

この1か月の結果を見ていこうと思う。

 

あと、これらの運用方法は、本来「長期」で見るものだが、(開発側も長期を推奨)。

私は、月次で管理していくことにした。

 

また、一般的には、ドルコスト平均法といって、毎月、一定額を追加投資(積立)していくものだが、個人的に、今の紙(株や債券)に投資する勇気はないので「むしろ利益を抜く」方法を用いていく。

 

と言っても、やっていることは、とてもシンプルで、利益が出た場合は、その利益を出金していくというもの。

 

一方、含み損がある場合は、何もしない。

上がるまで寝かせておく感じに。

 

つまり、運用結果が「イマイチ」である場合は、毎月の利益は「ゼロ」ということになる。

それぞれの結果を見ていこう。

 

1 TEHO

 

早速、結果から↓

AI180501-4

  • 含み益+2,860円。
  • 利回りにして「+2.86%」。

 

優秀だ。

だけど「ドル建て」で見た場合は、トントンだね↓

AI180501-5

 

つまり、為替(円安)が効いた。

始めたタイミングが「たまたま、円高(105円前後)で良かった」ってことね。ラッキー。

 

んで、この利益を引き出そうとしたんだけど…

AI180501-9

  • 引出単位は「1万円」とのこと。
  • あと「10万円」を下回るとできないらしい。

 

なるほどね。

利益「2,860円」は、1万円に達しないと出金できない。

 

なので、そのまま走らせることにした。

ちなみに、出金手数料は0円。

 

好調だった理由は、

AI180501-3

↑「VTV」と「QQQ」が良かったみたい。

 

ちなみに、ポートフォリオ構成は「グロース100%」にしている↓

AI180501-2

(↑リスク高め(max)なので、その辺は個人のリスク管理で。)

 

2 WealthNavi

 

次に「WealthNavi」の結果↓

AI180501-11

現在の評価額は「101,940円」。

 

  • 含み益 +1,940円
  • 利回りにして「+1.94%」

 

この「1,940円」を資産収入としていく。

 

「VTI」と「VEA」が良かった↓

AI180501-12

 

これも同様、為替(円安)が効いている↓

AI180501-13

中には、マイナスになっているものもあった。(VWO)。

 

まあ。円安でラッキーってことで。

この経験から、TEHOやWealthNaviの運用を始めるときは、円高(105円以下?)の時がいいのかも。

 

WeathNaviも、出金手数料は0円。

 

3 トライオートETF

 

最後に、トライオートETF。

今の状況は、こんな感じ↓

AI180501-16

  • 含み損は「-14,286円」。
  • 取引差益は「+8,817円」。

 

今、全てを決済したら「-5,469円」という結果に。

 

「ナスダック100トリプル スリーカード」というシステム売買を選択している。

 

最初の10日間は、上昇相場であったため、どんどん売買が成立し、利益が確定していった↓

AI180501-17

 

ところが、後半になるにつれ、ナスダックは下落。

 

ロジック的に、全てが買いポジションであるため、持っている全てのポジションが、全てマイナスに。

下がるにつれ、含み損がただただ増えるという…

 

そして、下落中は、システム売買が稼働せず、上がってくるのを待っているような状況。

 

仮想通貨でいうと、気絶投資? っていうのかな。

「上がるまで見ない(気絶する)」というように。

 

まあ、一長一短があるわけで。

これをどのように利用していくか…

 

一応、利益分の「+8,817円」を出金することにし、これを資産収入としていく。

(同じく、出金手数料は無料。)

 

そして、ナスダックが復活してくるまで、放置しておくことにした。

ただし!! 最悪のシナリオは、大暴落で含み益が「証拠金」に耐えれなくなること。

 

追証っていうの?

もしかしたら、追加入金が出てくるのかもしれない。

 

今のところ↓

AI180501-19

 

必要証拠金は「28,800円」。

利益「+8,817円」を抜いたとしても、「76,707円」の余裕がある。

 

なので、この程度の、下げなら問題はない。

しかし!!

リーマンショック級の暴落が来たら、泣く羽目になる

 

その辺のリスクをどうみるかだけど、初心者は危険かもね。

一応、私は、違う方法で、リスクヘッジをしていくが…

 

どうなることやら。

まあ、その辺も、これから伝えていければと思う。

 

AI運用を20日間経験して

 

今回、取り上げた「3つの手法」は、全て、買い戦略。

長期で見た場合に、紙(株式や債券)の価格は、上がっていくというロジックに基づく。

 

確かに、これまでの推移を見てきたら、概ね合っている。(米国は)。

幸いなことに、20代である私は、市場へのエントリーが、リーマンショック後であるため「株価は上がる」という錯覚に陥っている。

 

が、これから、先のことは全くわからない。

上がるかもしれないし、下がるかもしれない。

 

ただ言えることは、何も知らずに、これらのAI運用を使うのは危険だと。

 

対策としては、

  • 下げ相場でも、利益を得る方法を身に付けること。

あるいは、

  • この段階では「AI運用」から手を引くこと。

かな。

 

今の段階では、

  • 紙(株式や債券)ベースの運用×買い戦略

を、そもそもロジックとしているので、やけどするかもね。

 

将来的には、

紙(株式や債券)の売り戦略に加え、現物の不動産やビジネス、融資ファンドなどが加わってくると、もっといい資産ポートフォリオが完成するんじゃないのかな。

 

これがシステムチックにできたら最高だけど、今のところは、自分でコントロールしていくしかない。

 

まとめ

 

4月のAI運用の結果↓

利益 出金 利回り
1 TEHO +2,860円 0円 +2.86%
2 WealthNavi +1,940円 +1,940円 +1.94%
3 トライオートETF +8,817円
(内 含み損 -14,286円)
+8,817円 +8.87%

 

  • トライオートETFは、含み損があるので、ナントモ言えない状況。
  • ロボアドバイザーは、TEHOの方が、利回りは高いが、出金が1万円から。
  • WeathNaviは、微益。

 

まあ、一長一短ある感じ。

自分に合った運用方法として、取り入れよう。

 

紙(株式や債券)へのリスクヘッジは忘れずに。

まあ、国内の株を長期で持つよりは、全然、良いと思うけどね。

 

おわりに

 

以上「AI運用開始から20日間が経過、利益と利回りを比較」でした。

 

2018年の新たな資産構築として、取り入れたAI運用。

20日間が経過しましたが、なんとなく感触を掴めた気がします。

 

これらの海外ファンドを買おうとすると、手数料がとても高くつくのが現状です。

なので、

  • これから米国株を始めようとする人
  • 国内の日本株でイマイチ結果が出ていない人

には、使える運用なのかな、と思いました。

 

ただし、紙への集中投資は危険なので、悪しからず。

(AI運用に限った話ではない)。

 

使えるものはどんどん使って、毎月のキャッシュフローを増やしていきます。

とみます
今日も最後までありがとうございました。

sco180415-2

読者にも幸あれ~。

 

LINE@登録の方もよろしくお願いします。

主に、ブログ更新のお知らせです。

 

おかげさまで「543名」を超えました。

いつもありがとうございます。

 

これからもガンガン発信していきますので、どうぞよろしくお願いします。

うざかったらブロックしてください。

 

それでは、また。

 

LINE@登録で直ぐに受け取るプレゼント(無料)

現在「LINE@登録」して頂いた方に「金持ち父さんの実践書 20代会社員 入門編(PDF20枚)」をプレゼントしています。

~もくじ~
1. 20代が知っておきたい日本のこと
  1.1 日本のこれからの人口推移
  1.2 日本の財政推移
  1.3 20代の年金問題
  1.4 日本の絶対的な政策目標

2. 20代がこれから生きる上で知っておきたいこと
  2.1 生きていくのに必要なおカネ
  2.2 20代が賢くおカネを増す方法
  2.3 20代は年利1%も難しい…
  2.4 身銭をきる必要性

3. とみますのリアルなCFについて
  3.1 海外金融商品のリアルなCF
  3.2 1区分所有のリアルなCF
  3.3 225オプションのリアルなCF
  3.4 投資×ブログのリアルなCF

4. おわりに


【プレゼントを受け取るには】
LINE@登録後「とみます」より送られてくるメッセージから、指定されたpdfのダウンロード(無料)を行い、お受け取り下さい。

LINE@登録はこちらから↓↓
友だち追加

【利用者の声】
読者アンケートでは「インターネットからの登録」が「85%」で、「満足していない割合」は「16%」とのことでした。現在、588人の方が登録しています!!

【よくある質問】
Q. LINEでの個人情報が心配です。
A. LINEの会社が管理しているため、私が個人を特定するような情報を知ることはありません。登録者のプロフィール画像や名前もわかりません。

【こんな人はお断り!!】
・目先の利益を求めている人
・直ぐにお金持ちになりたい人
・簡単に稼げる方法を知りたい人

私は、投資の「本質」を追求しています。
投資の本質とは「将来を見据え、今できることを実践すること」だと考えています。
実際、そうやって身銭を切って実践し、これまで資産を築いてきました。
なので、上に書いた内容にあてはまる人は、絶対に登録しないでください。

【さいごに】
これからも「金融」の「知識」をどんどん発信していきます!!
主に「ブログ更新の通知」ですが、たまに「登録者限定のキャンペーン」をしているので、お楽しみに。それでは、また。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です