AI革命2.0、AIサービス事業の10倍の規模を持つビッグブームとは

 

とみます(@20tomimasu)です。

 

ChatGPTのような小さなブームは忘れて、その10倍規模のAI革命に投資してください。

そう豪語するのは、Weiss Ratings創業者のマーティン・ワイスさん。

 

今回、AI革命2.0の動画を無料で見れるそうなので、早速登録してみました。

投資家がChatGPTを忘れた方がいい理由が分かります。

 

また、そのビックブームで恩恵を受ける3銘柄がとても参考に。

内容をメモしておきます。【PR】

 

AI革命2.0とは、無料で視聴できる

AIkakumei231012-2

>>AI革命2.0

 

アメリカで50年の歴史を持つ投資格付機関Weiss Ratings。

その創業者マーティン・ワイス氏が来日したそうで。

 

その時の講演を収録したものが、

  • AI革命2.0

 

ざっと、内容としては、

  • 投資家がChatGPTを忘れた方がいい理由
  • AIサービス事業の10倍の規模を持つビッグブーム
  • そのビッグブームで恩恵を受けるであろう2つの銘柄

などなど。

 

これが無料で見れるのか!

面白そうなので、直ぐに登録すると…

 

AI革命によって数百億ドル市場から利益を狙う方法

AIkakumei231012-3

>>AI革命2.0

 

直ぐに、始まった。

右側が、マーティン・ワイスさん。

 

お…、けっこうなお年寄り。

本当に、AIについて詳しいのだろうか…?

 

心配して始まったものの、なんのその。

若者との議論を重ね、先端のノウハウを吸収しているようだ。

 

さらに、ChatGPTブームやその恩恵を第一に受けたエヌメディアについて、

客観的に調査しており、それだけでもかなり参考に。

 

そして、AI革命によって、

  • 最も恩恵を受けるのはハイテク分野ではなく、安全性と成長性を併せ持つ古い業界
  • 数百億ドル市場から利益を狙う方法

へと話が進んでいく。

 

AI〇〇の市場は半導体市場の5.6倍

 

〇〇に埋まる市場を考えてみてくれ。

答え合わせは動画にて。>>AI革命2.0

 

あー、なるほどね。

と納得できたはず。

 

この〇〇市場規模は、年率39.9%での成長が予想されており、

この成長率は、半導体市場の5.6倍に相当するそうで。

 

ほえー。

ならば、ここにお金を置いておきたいがな。

 

具体的に、3つの米国株が紹介されていた。

  • □□□G: AI○○ベンチャーを設立、AIファーストのアプローチを目指す。
  • △△△A: ○○市場にも参入しており、○○を予測する生成AIをリリースしている。
  • ◇◇◇C: AIスキャンシステムを42億円で受注。○○を画像化する技術を提供している。

 

おぉー、

直ぐにチャートを見たわ。w

 

なかなか良いかもしれない。

まだ持っていない銘柄なので、購入を検討していければ。

 

おわりに

 

以上「AI革命2.0、AIサービス事業の10倍の規模を持つビッグブームとは」でした。

 

ChatGPTなどのAIサービス事業規模の小ささに驚きました…

お金が集まるところに、お金が増える‼

 

投資原則のもと、少しでもこの市場にお金を入れていければ。

>>AI革命2.0

 

それでは、また。

 

人生を変えるたった1つの銘柄

詳しくは動画を見て欲しいが、

・この企業は、新薬開発を効率化するAI技術に特化している。
・バファリンを開発しているブリストル・マイヤーズ社が、この企業に1800億円を払って、大型パートナーシップを締結した。
・日本では、住友大日本製薬とも提携している。通常4年半は掛かるが、1年足らずで臨床試験に持ち込んだ実績あり。
・2023年9月、メルクとの協定。契約時に前受金30億円を獲得、目標を達成した際の報酬は最大1000億円。

2024年の7月4日のブログの通り、この株を仕込みました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です