4-149 BANKEXに投資、このICOは「金融機関を革新するインフラ」になるのかも

 

こんにちは、読者の富も増す、とみます(@20tomimasu)です。

 

ICOに興味を持って早半年。

ブロックチェーンを使った技術は、確実にインフラ化しています。

新しい時代を迎いれていきましょう。

 

感覚としては、インターネットが出始めたときみたいな。

怪しいけど、面白そう…的な。

 

ただ、どのICOがヒットするかの判断は難しい。

100あって1つくらいかな。

 

まあ、気になるプロジェクトを追っかけていきます。

今回は「BANKEX」。

 

一言で言うと、次世代の金融機関インフラ化?でしょうか。

まあ、内容が難しいですよ。

 

でも、なんだかすごそう。

ってことで、詳細を見ていきます。

 

ちなみに、BANKERA(バンクエラ)じゃありませんので。

とみます
この内容は「BANKEXのICO」についてです。

それでは、どうぞ。



 

BANKEXとは

 

正直「BANKEX」を理解するのにかなり苦労した。

あくまで、ペーペーな20代会社員が好きで調べたレベルなので、間違っていても悪しからず。

 

自分の言葉にしているので、気になる方は、本家の「ホワイトペーパー」をちゃんと読んでね。

ここでは、難しい用語は使わない。

 

以下、ホームページとホワイトペーパーを読んでポイントをまとめてみた↓

 

一番分かりやすかったのがこの図↓

BANKEX-171203-9

↑「Proof-of-Asset (PoA)」がこのICOの肝。

 

簡単に言うと、

資産の流動化に特化した仕組み作り」かな。

 

上図のように、

「トークン化 (Tokenizator)」と「預託者(Escrow)」らを招き入れて、より「資産(Asset)」の流動性をよくしようと。

 

右にある図のように、

ブロックチェーン技術を介することで、より安全に分散型の市場を作っちゃえ、って感じ。

 

まあ、よくわからない (笑)

大学生の時に「量子物理学」と出合ったような感覚…

 

ホワイトペーパーは「論文」のように、ちゃんと書かれている。

時間のある時に、もう少し読み込んでみようと思う。(その時はブログに。)

 

取り合えず、どんな市場に適応できるかは↓

  • 新築のセカンダリー市場
  • 不動産
  • ベンチャーキャピタル
  • 小売りのフランチャイズ
  • 【非営利】アフリカとインドへの飲水
  • カーシェアリング

などなど。

 

うーん、基盤ができたら、確かに汎用できそうな。

既存の金融の仕組みが変わるのかなー?

 

BANKEXの今まで

 

サイトを見てまとめておく。

CEOの「生きざま」が書かれている↓

  • 2009年、CEOの「Igor Khmel」さんは「スタンフォード大学」で金融を学ぶ
  • 2010年、Citadel社という投資会社にインターンシップ
  • 2012年、「Tim Draper」さん(実業家)と出合い、ターニングポイントに
  • 2014年、ヨーロッパで最も収益性の高い銀行の社長を説得し、先導する「Sberbank Innovationラボ」を創設
  • 2015年、「BANKEX」を設立 (Ilham Hatypovさん、Dmitry Dolgovさんと共に)
  • 2016年、「WAVES」プラットフォーム創設者「Sasha Ivanov」さんと共にブロックチェーン技術開発
  • 2016年、フィンテック部門で年間10以上の有名な賞とコンファレンスを受賞
  • 2017年2月、BANKEXは「Microsoft」と、Microsoft Azureのスポンサーシップを 「$120000」にて、ブロックチェーンの技術開発パートナーシップを締結
  • 2017年3月、急成長。世界中で50人以上の従業員に
  • 2017年8月、「Vitalik Buterin」からブロックチェーン「ハッカトン」の受賞者に
  • 2017年9月、ニューヨークにビジネスオープンし、米国法律事務所とのパートナーシップを確立
  • 2017年11月、トークンセールを開始

などなど。

 

まあ、すごいね。

写真を見てみるとわかるけど、華やかな賞をいくつかもらっている。

受賞すれば信頼できる、ってわけではないけど、ただただ注目されている。

 

あと、人脈。

調べれば調べるほど、権威者?革命的なサービスを作り上げてきた人、が見つかる。

…これは、革新的なサービスが生まれるかもしれない。

 

こりゃあ、エントリーですわ。

 

詳細のところは、彼らのビジネス成長と共に、学んでいけばいい。

ってことで、身銭を切る。今だと「+10%」↓

BANKEX-171203-8

 

BANKEXトークン(BKX)の特徴

 

BANKEX(BKX)のトークンについて↓

  • 0.1ETH (約5000円) から買える
  • ETH, BTC, WAVES, TIME, Ltecoin, SOLTのみ
  • ERC-20
  • tokensale後に上場予定、少なくとも3つの取引所に
  • マイニングもできるらしい product mining?

 

以下、買い方↓

 

BANKEXの買い方

 

BANKEXトークン(BKX)の買い方について↓

  1. ホームページより「BUY BKX NOW」
  2. 送金アドレスの表示
  3. 「MyEtherWallet」から送金

 

いつも通りだね。

以下、画面を用いて↓

 

①「Sign Up」を行う。名前とメアドの登録↓

BANKEX-171203-1

↑USの方は基本的にここからは参加できない。

 

②登録したメアドに確認メールが届くので、そこから登録していく。「MyEtherWallet」を登録しよう↓

BANKEX-171203-2

 

③いくつ買いますか? 私は、とりあえず「0.5ETH」(25000円くらい)にした。通貨も選択できる↓

BANKEX-171203-3

④最後に送金する「Wallet」を入力する。先ほど入力した「MyEtherWallet」で構わない↓

BANKEX-171203-4

↑そのあとに、送金アドレスが表示される。「MyEtherWallet」から指定した量のETHを送ろう。

Gas Limitはデフォルトの「21000」にした。結果、直ぐに「相当するBKX」が、BKXのダッシュボードに反映された。

 

これからが楽しみだね。

まだ国内では人気がないけど、その内来るだろうね。

 

おわりに

 

以上「BANKEXに投資、このICOは「金融機関を革新するインフラ」になるのかも」でした。

 

いくつかの銀行系のICOが出てきており、どこも横並びの感じがしましたが、この「BANKEX」は一味違いますね。

正直、今の段階では、1つ抜き出たICOが出てきたら、それが普及しちゃう、あるいは、ビットコイン市場を抜いてしまうような可能性もありますからね。

 

まあ、数年後は、誰にも分りませんが、革新的なサービスが開発されていることは確実なので、20代会社員と言えど、大きな波に乗っていきましょう。

とみます
今日も最後までありがとうございました。

LINE@登録の方もよろしくお願いします。

 

それでは、また。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です