Bit Lending(ビットレンディング)の先行サービス開始、他社との比較まで

 

とみます(@20tomimasu)です。

 

暗号資産(仮想通貨)を預け入れて、利息を貰う。

月利運用で、雪だるま式に増えていく運用だが…

 

今回の、Bit Lendingは、かなり高利回り?

他社との比較や、運営元を確認していきます。

 

Bit Lendingのサービスとは

Bit-lending220318-1

引用…Bit Lending

 

預け入れた暗号資産から、金利を得て、月利運用できる。

今年の夏に、正式版をリリース予定しているそうで、今は、先行サービスを実施中。

(正式版では、専用アプリになるみたい。)

 

そのせいか?

利回りが2%ほど、高くなっており。

 

全体的に、貸借料率が高そうだ。

他の暗号資産のレンディングサービスと比較してみよう。

 

暗号資産のレンディングサービス比較

 

国内でメジャーなところと言えば、

 

国内で高利回りで有名だね。

  • BTC: 3%
  • ETH: 5%
  • DAI: 8%
  • USDC: 8%

 

んー、今回のBit lendingに、被せてきたのかも。w

HashHubレンディングを上回る利回りで。

 

特に、ETHやBTCの、高報酬が目立つなぁ。

海外取引所でも比較しておこう。

Bit-lending220318-2

  • BTC: 8%
  • ETH: 10%
  • USDT: 3%
  • USDC: 2.8%

 

んー、Binanceの法定通貨に関しては、イマイチだね。

BTCやETHの利回りは高いけど、Bit lendingと同じくらい。

 

総じて、今回のBit Lendingの利回りは高いな。

余らせている、暗号資産を運用するのはありかも?

 

とその前に、預け入れて大丈夫なのか。

与信の確認を↓

 

Bit Lendingの運営元、信頼性は?

 

  • 公式サイト: 株式会社J-CAM
  • 代表: 新津 俊之
  • 資本金: 500万円
  • 設立: 2020年5月26日

 

んー、検索してみたけど、情報が少ない…

資本金500万円も、ちと不安だ。

 

という、ブロックチェーン関連の専門誌を発行しているそうだけど、知らなかった。

 

主事業はメディアだけど、イマイチ稼げないから、レンディングサービスに?

背景が気になるよねん。

 

Twitterで代表の人を探してみたけど、ヒットせず。

発信していると、信頼性を評価できるのになぁ、残念。

 

公式サイトでは、

  • グローバル企業とのパートナーシップ
  • 強固なセキュリティー

と謳っているが、なかなかピンと来るモノが無く。

 

 

総じて、焦って資金を入れる必要性は無いかな。

 

もう少し、運営や利用者の声を聞いてからでもいいかもね。

その時には、利回りは下がっているかもだが。w

 

夏の正式リリースを持って、再検討するくらいのイメージで。

 

おわりに

 

以上「Bit Lending(ビットレンディング)の先行サービス開始、他社との比較まで」でした。

 

国内でも競合が出てくることで、各サービスが充実するかもですね。

暗号資産の運用は、まだまだ伸びしろが大きいと思うので、情報収集は抜かりなく。

>>Bit Lending

 

持っている暗号通貨を利確することなく、レンディングできるので、根強い人気を持っているのかな?

引き続き、動向を追っていければ。

 

それでは、また。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です