4-19 「ブクマ!」って知ってる? 実際に使ってみた私

 

こんばんは、読者の富を増す、とみますです。

今週始めにブログで言ったような最悪の事態は免れました。

トランプ氏はイラクに対する経済制裁の一時停止を更新したのです。

 

ふ~よかった。

 

ところが、相場は大きく下がっている…

なぜか。

 

報道によると、なんだかトランプ氏が「ロシア関連でFBI長官を解雇したこと」が、政権リスクとして捉えられているよう。

ちょっと前だから「関係あるのかな?」と思いつつ、

パニック売り」だとか。

 

今までの損失評価がかなり減ったので、とりあえず「一安心」。

 

どこまで下がるのかをこれからも傍観しつつ、

下げ切ったところで、チャンスがあればエントリーしたい。

ただ、今の段階では「様子を伺う」のが正解だと考えている。

 

前置きが長くなったが、

今回は「最新おすすめアプリ」について。

ブクマ!」って知ってます?

 



 

「ブクマ!」を知ったきっかけ

 

私が欠かさずチェックしている動画の1つ、

堀江貴文のQ&A」が、きっかけだ。

 

そう、巷で有名な「ほりえもん」。

彼に対し「視聴者」が「質問」をし、「ほりえもん」がその質問に答えていく「YouTube動画」である。

 

質問に対して、

「意味がわからない」

「それは無駄な悩み」

だとか、

 

「ホリエモン」氏が、読者の質問を「冷酷」に扱うさまが、見ててかなり面白い。

 

そんな性格の悪い私だが、

実はかなり「使える」情報番組だと思っている。

 

何に使えるかって?

うん、「IT関連」と「マーケティング」とかかな。

 

今回は、その1つの、アプリについて。

 

 

「ブクマ!」とは

 

今回の動画は、このアプリを開発した人と、ホリエモン氏との対談で始まるんだけど、

 

見ていて、

 

「すげー」

 

アプリって思った。

 

」の裏にある「バーコード」を読むだけで、

 

簡単に出品ができるのだ。

 

インターネット上の中古の本屋さん

 

って言えばいいのかな?

 

早速マイ「スマホ」に、インストールして使ってみたんだけど、

 

かなり使いやすい。

 

画面は「メルカリ」みたいな感じ。

 

これに慣れている人は、なんなく操作ができる。

 

 

 

「ISBN」とは

 

んで、ここで使われている技術がすげぇんだわさ。

 

「ISBN」っていうやつらしいんだけど、

 

使ってなんぼ、こんな感じ↓

 

1. 近くにある本を引っ張ってくる

Jpeg

うん、やっぱ「辞書」はすぐ近くにあって便利だよね。

今回の目的は、全然違うけど。

いい感じのボロボロさ加減の「英英辞典」。

大学4年のときに買ったんさ。

今も使ってる。うん、たまに…。

 

2. アプリを起動し、カメラを発動

bookma2

へーこんな感じなんだ。

レジのバーコード見たい。

 

3. 英英辞典の裏にある上のバーコードに近づける

bookma3

画面には「978から始まるバーコードを読み取る」

と書いてあったので、そのまま近づけてみる。

 

4. おー、一瞬で表示される

bookma4

なんと、キレイメな「英英辞典」が一瞬で表示された。

「最短10秒で出品」という広告は、あながち嘘ではないんだね。

 

この簡単さは使う人にとったらいいね。

 

んで、「ISBN」なんだけど、

International Standard Book Number

っていう英語を略したやつ。

 

ん?ここまで来たら、説明いらないんじゃね?

 

世界で使える本の管理番号」的な。

 

てか、今まで、この存在にすら、気づかなかった…。

 

そうなると、気になる下のバーコード。

 

これは、「図書の分類」と「税抜きの本の価格」を示しているんだってー。

 

なるほどね。

 

 

んでだ、インストールのお願い

 

んでだ、ここまで読んで頂いた「あなた」にお願いがある。

 

そう、今すぐこのアプリをインストールしてほしいのだ。

 

なぜか…

 

う、うん、それは…

 

 

 

ホリエモンの直筆サイン付きの本をもらいたいからだ

 

このキャンペーンは「5/15から5/28まで」。

 

そう、3日前に始まったばかりの「キャンペーン」なのである。

 

そして、今「あなた」が「ブクマ!」のアプリをダウンロードすると、300ptが「あなた」と「」に入るのだ。

 

そして、買い忘れていた「本音で生きる」というホリエモン氏の本を、サイン入りで入手したい。

 

この価格は1500円。

 

すでに600pt獲得したので、あと900ptが必要なのだ。

 

あと3人、協力して頂けないだろうか。

 

協力してくれる方は↓

 

<http://hyperurl.co/01o4af>

 

ここからインストールし、「紹介コード」に

 

53F84

 

と記入してくれ。

 

ちなみに私は「とみます」で登録している。

 

おそらく、私の読者は、情報収集能力が高い人が多いので、

 

こういった「本」に特化したマーケットに「いつでもアクセスできる」環境は

 

デメリットにならないのでは。

 

 

 

 

おわりに

 

以上「「ブクマ!」って知ってる? 打倒アマゾンの最新アプリとは」でした。

私は、普段「メルカリ」を使用しているが、「本」の流通量はそこまでである。

一方、大手の「アマゾン」は価格が高い

だから結構「はやる」のでは?

と感くぐっている。

一人でも多くの人が使えて、「ブクマ!」内の「本」の流通量が増えたらいいのにな。

だって、安く「本」を買えるんだもん。

 

今日も最後までありがとうございました。

インストールと紹介コードを忘れないでね、

<http://hyperurl.co/01o4af>

紹介コード↓↓

53F84

 

公式のライン登録の方もよろしくお願いします。

なんだか、モナーコインがまた上昇している…、またブログにします。

 

 

ライン登録で直ぐに受け取るプレゼント(無料)

とみますに興味を持っていただき、ありがとうございます。
現在「ライン登録」して頂いた方に限り、「金持ち父さんの実践書 20代会社員 入門編(PDF20枚)」をプレゼントしています。

~もくじ~
1. 20代が知っておきたい日本のこと
  1.1 日本のこれからの人口推移
  1.2 日本の財政推移
  1.3 20代の年金問題
  1.4 日本の絶対的な政策目標

2. 20代がこれから生きる上で知っておきたいこと
  2.1 生きていくのに必要なおカネ
  2.2 20代が賢くおカネを増す方法
  2.3 20代は年利1%も難しい…
  2.4 身銭をきる必要性

3. とみますのリアルなCFについて
  3.1 海外金融商品のリアルなCF
  3.2 1区分所有のリアルなCF
  3.3 225オプションのリアルなCF
  3.4 投資×ブログのリアルなCF

4. おわりに

ライン登録後「とみます」より送られてくるメッセージから、指定されたpdfのダウンロード(無料)を行い、お受け取り下さい。

ライン登録はこちらから↓↓
友だち追加

【ライン登録のメリット】

①「定期的なブログ更新情報」+「一言とみますコメント」を受け取ることで、「プラスの投資収入実績」を出すために必要な知識を得ることができる。

②個人を直撃するような経済や金融ショックが起きた場合に、その概要と解決策をタイムリーに入手できる。

③有料コンテンツを販売しているが、ライン登録者には事前にプレリリースとして、一部あるいは全てを共有しているため、無償で有料コンテンツを入手することができる。


メールアドレス登録も始めました。どうしてもラインは…という方は、こちらから↓↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です