4-106 【1万円投資】Crypterium(クリプタリウム)のICOが始まってるよ、権利収入の詳細と買い方まで

 

こんにちは、読者の富も増す仮想通貨男子、とみます(@20tomimasu)です。

 

ロシアの次世代バンク「Crypterium(クリプタリウム)」が、ICOを始めたらしい。

 

SCAM(詐欺)だった?「Cryptonium(クリプトニウム)」とは、名前が違う。

似ているので、間違えないようにしよう。

 

「Crypterium」は銀行サービスを目指すわけだが、正直、デジタルバンクのICOは多く、競合が多い。

 

たとえば、

  • ChangeBank
  • BANKERA

など。(金融系は、やっぱ好き。私も投資しました。)

 

それだけ「金融×ブロックチェーン技術」は、相性が良いいためか人気で、みんながやりたがるという状態。

先駆者としては、先日、エストニアのChangeCoinが上場を決めたので、ChangeBankが一歩先を行くような感じ。

 

まあ、後追いでも十分に期待できるだろう。

ってことで、「Crypterium」に身銭を切って投資していきます。

 

…名前が良いよね。クリプタリウム?

プラネタリウム見たい★☆彡

 

それでは、詳細を見ていきましょう。

とみます
この内容は「Crypterium」についてです。

それでは、どうぞ。



 

Crypterium(クリプタリウム)とは

 

Crypterium(クリプタリウム)とは、

「Cryptobank for Crypto People」

↑仮想通貨を使う人のためのデジタルバンクのこと。

 

を読んで、いつものようにまとめておく。

 

このイラストが一番わかりやすかった↓

Crypterium-ico9

  • 仮想通貨決済
  • 銀行サービス
  • POSをどこでも使えるように (POSはレジにあるやつで、販売時の情報管理システムのこと)
  • 4,200万のPOSが仮想通貨に対応しつつある
  • プラスチックカードは要らねー

とのこと。

 

前のブログにも書いたが、Bitconnectがデビットカードの提供(BCCPAY)に対して、

「カード要らねーんじゃね」って思っている矢先、このサービスを知った。

 

関連記事【Bitconnect30日後の収益確認と、UquidとコラボしてBCCPAYだって

 

私も、スマホがあればいい派。

 

しかも、POSを備えているらしい。

POSは、いつ、どこで、誰が?、買ったのか、その商品はなにか、などの情報を一元管理するITシステムである。

⇒マーケティングや今後の製品開発に活かされているんだよね、確か。

 

なんだか面白そうじゃん。

ってことで、ICOに参加↓

 

Crypterium(クリプタリウム)のICO

 

Crypterium(クリプトリウム)が、先日(17/10/31)から、トークンを販売している。

 

ポイントをまとめておこう↓

  • 10/31-11/6 Early Sale ←オススメ
  • 11/7-11/27 Bonus Sale
  • 11/28-1/13 no Bonus
  • 2018/2~3月に上場予定
  • ↑早ければ早いほど、お得
  • Crypterium(クリプトリウム)のトークンは略して「CRPT」
  • 1CRPT=0.0001BTC
  • BTCやETHに加え、クレカでも買える (←初めて見た。ただし、手数料が高い)
  • 4,700万ドルを上限値
  • 現在、913万ドルを達成 (20%)
  • 参加者25,000人以上
  • 保有することで権利収入あり

 

まあ、投資家としては、最後の権利収入が気になるところだろう↓

 

Crypterium(クリプタリウム)の権利収入

Crypterium-ico10

 

↑まず、所持する量に応じて、ロイヤリティは異なる。

私の場合「0.3ETH=3万円=120CRPT」を投資したので「Silver」に相当する。

 

その仕組みだが、

使用者が、Visa、MasterCard、American Expressなどのクレジットカードを使用した場合、手数料が5%程度取られている。

 

その内、

全体の0.5%を使用者に還元し、0.15%をこのトークン保有者に還元するというもの。

0.15%の内訳は、トークン保有量によって、異なる。

 

私の場合、Silverの10%だから…

全体の0.05%ってこと。

 

まあ、こんなものか。

ホームページ上では、数字が「でかでか」と載っているから、拡大解釈しないように気を付けよう。

 

ここでも、たくさん投資できる人が、やはり有利。

the資本主義。

 

とても悔しさを感じるが、仕方ない。

20代会社員なりに、できることを実践していこう。

 

以下、買い方↓

 

Crypterium(クリプタリウム)の買い方

 

Crypterium(クリプトリウム)の購入方法を示しておく↓

  1. 登録
  2. 送金アドレスの表示
  3. MyEtherWallet」から送金
  4. 10分後に反映
  5. ダッシュボードより「CRPT」を購入
  6. 購入量の確認と、将来、引き出すための「MyEtherWallet」アドレスの登録

 

↑いつもと同じ、買い方だね。

 

以下、画面↓

①見積画面。0.3ETH=約1万円は「120CRPT」に相当↓(画面は動きづらかった(誤動作もある)ので、何回も更新した)

Crypterium-ico2

 

②ETHを選んで、送金アドレスを表示させる。

Crypterium-ico3

 

③GAS(ガス)リミットの指摘はなかったので、デフォルトで。

④10分後には、反映された↓(早い方かな)

Crypterium-ico5

 

⑤最後に、トークンを購入。送金だけでは買えないので要注意↓(Spend all…で全量を買える)

Crypterium-ico7

 

⑥買った量を確認。ボーナスが付いている♪(早い方がいい)↓

Crypterium-ico8

↑忘れないうちに「Set Wallet…」引き出すための財布「MyEtherWallet」を登録しておこう。

 

おわりに

 

以上「【1万円投資】Crypterium(クリプタリウム)のICOが始まってるよ、権利収入の詳細と買い方まで」でした。

 

いやー、金融系は、配当?権利収入が、やはり魅力的。

なんか昔の、携帯電話を普及させるためのマーケティング手法と同じですね。

 

そのときは「携帯?何それ?そんなものに投資できるか」と言われて、投資する人は少なかったようですが…

今のお金持ちは、携帯の使用量の権利収入を得ているだとか。

 

時代を見据えて、身銭を切っていきましょう。

 

まあ、何より、決済が楽になるのは、嬉しい。

 

あとは、どの国?企業がシェアを占めるか。

あるいは、地域ごとに等分された勢力図になったりだとか?

 

どちらにせよ、今のうちに布石を置いていきます。

着眼大局(大きく見て)、着手小局(小さく手を動かす)ですよ~。

とみます
今日も最後までありがとうございました。

LINE@登録の方もよろしくお願いします。

 

先日、40代の方から、コメントを頂きました。

「投資は時間が有効なのが改めて思う。」とのこと。

 

人生の先輩からの「時間」に対するコメントは、重みがありますね。

これからも、ガンガン発信していきますので、これからもどうぞよろしくお願いします。

 

うざくなりましたら、ブロックして下さい。

それでは、また。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です