20ドル札オークションの罠=損切りできない理由?

 

とみます(@20tomimasu)です。

 

韓国に主張中です。

PM2.5で、もやが…。(マスク必需)

 

そんな中、

面白い記事を見つけたので、簡単にまとめておきます。

とみます
この内容は「オークションの罠」についてです。

 

Forbesの記事「エスカレートの罠」

 

面白い記事を見つけた↓

 

損をすることが分かっていても、合理的な選択ができない。なぜ?

>>ハーバード大授業「20ドル札オークション」とエスカレートの罠

 

ポイントをまとめると、

  • 少し変わったオークションの実験
  • 「20ドル札」を競売に。
  • 2番目に高い値段をつけた人は、自分のつけた金額を支払わなければならない
  • 結果、2人が競り合い、70ドルで落札。w
  • →損したくないから。

 

これを、

  • エスカレートの罠

というらしい。

 

確かに、

  • 米中の貿易戦争もそうだし、
  • 小保方さんのSTAP細胞事件だとか

も、この理由から説明できそう。

 

もっと言えば、

  • 投資 (特にトレード?)

も、そうなんじゃないか?

 

仮に、正解があるとすれば、

  • 皆に山分けするから、最初に1ドルで落札しよう

だそう。

 

が、できないのが、市場原理ってやつ?

結局、人間の欲との戦いか。w

 

そんな感じに、チャート上から、大衆心理を読みつつ…

 

んで、この特殊オークション、損切りできない理由にも繋がるかも。

真相にあるのは、

  • 損を認めるのが、いや。

 

死ぬほど、わかる…

だから、エントリー前に、イグジット条件を決めておくようにしている。

 

今回、この教授に興味を持ったので、少しだけ、調べてみた。

 

Max H. Bazerman (マックス・ベイザーマン教授)

↑2013年のYoutube。

 

う、けっこうムズイ…。

スクールビジネスの講義。

 

非倫理的に行動する理由を、具体的な実験例や事例を用いて紹介している?

 

たとえば、医薬品。

  • 必要な抗がん剤をいくらで売るか
  • あるメーカーは、3ドル~9ドルが望ましい中、15ドルで売った…

などなど。

 

うーん、奥が深い。

金融と行動心理学は、切っても切れないのかもしれないね。

 

少しづつ学びつつ。

 

おわりに

 

以上「20ドル札オークションの罠=損切りできない理由?」でした。

 

一時的な損失回避が大損失に…

そうならないために、必ず出口条件を事前に決めておきます。

とみます
今日も最後までありがとうございました。

sco180415-2

読者にも、幸あれ~

LINE@登録の方もよろしくお願いします。

主に、ブログ更新のお知らせです。

たまに、キャンペーンなども(*´▽`*)。

 

おかげさまで「893名」を超えました。

いつもありがとうございます。

 

これからもガンガン発信していきますので、どうぞよろしくお願いします。

うざかったらブロックしてください。

 

それでは、また。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です