4-264 「製薬」業界の改革なるか? FarmaTrust(FTT)のPre-TDE(ICO)に参加、偽造薬を排除し「医薬品」産業の効率化

 

こんにちは、読者の富も増す、とみます(@20tomimasu)です。

 

今回は「製薬」に関するブロックチェーン技術です。

その名も「FarmaTrust」。

 

偽造薬品を淘汰し、「製薬」業界の高効率化を目指すプロジェクトです。

個人的に、医療系クリプト通貨が不足していることもあり、早速購入してみました。

 

ちょうど「プレセール中」です。

 

プロジェクトの内容と買い方までの詳細をまとめました。

とみます
この内容は「FarmaTrust×プレセール」についてです。

それでは、どうぞ。



 

FarmaTrust(FTT)とは

 

いつものように、

を読んで、簡単に、まとめておこう。

 

一言でいうと「偽造オンライン薬局を撲滅し、製薬業界を透明化かつ効率的にする」プロジェクト。

 

ご存知の通り「製薬」業界は、「お金持ち」産業。

それは、人間の「生きる」に関わるためで、需要が高いから。

 

誰もが、健康でありたいし、不健康で伴う痛みは、極力避けたいよね。

 

しかも、オンラインで処方箋とかを買えるようになったら、かなり便利になると思うんだけど。

 

ってか、なんで、病院の受付では、あんなに待たされるんだろうね。

もっと言うと、近くの薬局に行くのも変だし、そこでも待たされるし。

 

嫌いなんだわさ、あの時間。

ってことで、個人的にこのプロジェクトに期待している。

 

FarmaTrust(FTT)の課題解決

 

背景についても、パッと確認しておく↓

 

  • 偽造薬物の増加 → 偽の薬物により、毎年、十万人以上の人が死んでいるのだそう。
  • デジタル処方箋の増加 → オンライン購入の増加に伴い、偽薬局の増加している。
  • サプライチェーンの非効率性 → 先進国では過剰供給だが、そうでない国は不足している。
  • 個人向けの医薬品の増加 → 安全で透明性の高い薬品の需要が高くなっている。

 

これらの課題を、今ハヤリの「ブロックチェーン技術」と「人工知能」を使って、解決しようと。

 

なるほどね。

あまり日本にいると「ピン」と来ないけど、こういう国が多いんだと思うよ。

 

FarmaTrust(FTT)のプロセス

 

この図が分かりやすかった↓

FarmaTrust180227-3

↑FrameTrustにおける、プロセス工程を示している。

それぞれをサラッと見ていく↓ (左から右のUserへ。)

 

  1. 医薬品が製薬後、梱包を行う。その際に、シリアル化され、データによる管理を行う。
  2. 物流会社へと進む。ロットとともに、スマートコントラクトによって、ブロックチェーンにデータが書き込まれる。→所有権を確認できる。
  3. 次に、病院やオンライン薬局に辿り着いた際に、データをスキャンし、スマートコントラクトを使って、所有者を特定する。
  4. 同様に、ユーザーへと届ける。所有権等のデータを確認する。

 

ってな感じ。

まあ、ユーティリティトークンってわけね。

 

コードネームは「FarmaTrustToken」で「FTT」と呼ばれるそう。

 

FarmaTrust(FTT)の今後と将来性

 

FarmaTrust180227-4

↑ホワイトペーパーにあるロードマップ。

 

ポイントだけを書いておこう↓

  • 2018/3 Token Distribution Event (TDE) ←ICOのこと
  • 2018/6 α版とβ版のテスト、Walletとモバイルアプリの開発
  • 2018/9 Google Playにアプリをリリース

 

大分、計画が早いようにも思えるが…

多分、予定通り行かないかな。

(これまでのICOを見てきても。)

 

まあ、その辺は状況に応じて、対応していく。

上場後、下がるようだったら、買い増しで。

 

夏~秋あたりかな?

Google Playへのリリースはインパクトありそうだね。

 

医薬なだけに将来性も期待。

先進国だけじゃなく、いづれは、発展途上国も高齢化してくるだろうし。

 

とみますの戦略

 

早速「TDE」に参加することにした。

TDEとは「Token Distribution Event」の略。

 

ICOのことだね。

最近は、こっちの良い方「TDE」が主流みたい。(あるいは「TGE」)

 

ICOも「死語」なのかも。

…使わないように、気を付けよう。

 

んで、買う理由の1つに、「Myクリプトポートフォリオ」において、医療系が少ないから。

もちろん、プロジェクトの期待値が高いっ、てのもあるんだけど…。

 

今で「パッ」とこんな感じ↓

  • 金融系 (銀行や投資系、BNK、COV、BKXなど)
  • ブロックチェーンのインフラ系 (COMSA、DRGNなど)
  • 記事系 (ALIS, SNIP)
  • ゲーム系 (PKT, ENJなど)
  • インフルエンサー系 (IDH, SMT)
  • VR系 (CAPP, SIG)
  • 不動産系 (PEXT)
  • 決済系 (ETH, BCH)
  • 取引所系 (ZAIF, KCS)
  • 医療系 (MTN) ← 今回のFTT

 

今、思いついた感じで書いたから、他にもたくさんあると思うが、概ね良いんじゃないかな。

ちょうど「医療系」を探しているような状況だった。

 

ってことで、買い。

まあ、何が正しいかは誰にもわからないので、自分の「Myクリプトポートフォリオ」と相談して、考えてくれ。

 

さらにいうと、もっと大きな枠組み「資産ポートフォリオ」で考える必要があるんだけど、話が長くなるから、また今度。

 

最近、多いんだけど「上がる通貨教えて下さい」っていう質問。

私…わかりませんから!!!

 

たまたま買ってたら上がっただけ。

そして、減らさないように分散させているだけ。

 

上がりそうな通貨はブログで言っているしね。

 

おっと、話が逸れたので、戻しておこう。

 

まとめると

  • 製薬業界の伸びしろ「very good」
  • ユーティリティトークンとして「good」
  • 個人的なクリプトポートフォリオとして「very good」
  • 業界的な制約・規制が厳しそう「Bad」

かな。

 

後は…

  • これからメディアへの露出が増える気がする「?」

 

勘なので「話半分」に聞いてもらっていい。

 

まあ、下がるようなら、買い増しできるように余力を残しつつ。

 

んで、そうこうしているうちに、購入が済んだので、まとめておこう↓

 

FarmaTrustトークン(FTT)の買い方

 

簡単にまとめておく↓

  1. ホームページより「Purchase FTT」
  2. メールアドレスの登録と確認
  3. ダッシュボードより、購入通貨の選択とアドレス表示
  4. 「MyEtherWallet」より送金 (私は「ETH」を選択)
  5. 10分で反映された

 

以下、画面を用いて↓(ポイントだけ)

 

①ダッシュボードにログイン後「2段階認証」をしておこう↓

FarmaTrust180227-1

 

 

②TDE Stages より「ETH」を選択し、最低投資額を確認。「Buy Tokens」をクリック↓

FarmaTrust180227-6

 

 

③初めてなので、試しに「0.1ETH」を購入してみる↓

FarmaTrust180227-7

↑「Place order」を押すと、アドレスが表示される

 

④表示された「アドレス」を「Copy」する↓

FarmaTrust180227-8

 

⑤「MyEtherWallet」より送金する↓

FarmaTrust180227-9

 

⑥すると、1分後には、ダッシュボードに取引が反映されている。

FarmaTrust180227-10

「15 Blocks」が終わるまで待とう。

 

⑦約10分後には、画面左上の保有量に反映された↓

FarmaTrust180227-11

 

 

以上、簡単だね。

今後、彼らの進捗に伴い、取り出し方法とかのメールが来るだろう。

その状況に応じて、対応していく。

 

おわりに

 

以上「「製薬」業界の改革なるか? FarmaTrust(FTT)のPre-TDE(ICO)に参加、偽造薬を排除し「医薬品」産業の効率化」でした。

 

業界が業界なだけに、規制等のハードルは高そうな気もします。

ですが、それ以上に、オンライン医薬品の流通に、ちょっぴり期待しちゃうんですよね。

 

それはブロックチェーン技術により「誰が作った」「どの医薬品」等のデータが「透明化」されるので、怪しい医薬品は淘汰されるんじゃないかって。

 

ってか、病院の待ち時間減らそうよ、もっと言うと、近くの薬局に行くのもおかしいと思うんだけどな…

んで、また、待たされる…

 

どうかしているよね。

まあ、私がこれに投資したから、どうなるのか、って問題じゃないけどさ。

 

オンライン完結の医薬品が流通したら、少しは便利になるんだと。

まあ、時代の変革期を楽しみつつ、気長に応援していきましょう。

 

とみます
今日も最後までありがとうございました。

 

LINE@登録の方もよろしくお願いします。

おかげさまで「454名」を超えました。

いつもありがとうございます。

これからもガンガン発信していきますので、どうぞよろしくお願いします。

うざかったらブロックしてください。

 

それでは、また。

LINE@登録で直ぐに受け取るプレゼント(無料)

現在「LINE@登録」して頂いた方に「金持ち父さんの実践書 20代会社員 入門編(PDF20枚)」をプレゼントしています。

~もくじ~
1. 20代が知っておきたい日本のこと
  1.1 日本のこれからの人口推移
  1.2 日本の財政推移
  1.3 20代の年金問題
  1.4 日本の絶対的な政策目標

2. 20代がこれから生きる上で知っておきたいこと
  2.1 生きていくのに必要なおカネ
  2.2 20代が賢くおカネを増す方法
  2.3 20代は年利1%も難しい…
  2.4 身銭をきる必要性

3. とみますのリアルなCFについて
  3.1 海外金融商品のリアルなCF
  3.2 1区分所有のリアルなCF
  3.3 225オプションのリアルなCF
  3.4 投資×ブログのリアルなCF

4. おわりに


【プレゼントを受け取るには】
LINE@登録後「とみます」より送られてくるメッセージから、指定されたpdfのダウンロード(無料)を行い、お受け取り下さい。

LINE@登録はこちらから↓↓
友だち追加

【利用者の声】
読者アンケートでは「インターネットからの登録」が「85%」で、「満足していない割合」は「16%」とのことでした。現在、588人の方が登録しています!!

【よくある質問】
Q. LINEでの個人情報が心配です。
A. LINEの会社が管理しているため、私が個人を特定するような情報を知ることはありません。登録者のプロフィール画像や名前もわかりません。

【こんな人はお断り!!】
・目先の利益を求めている人
・直ぐにお金持ちになりたい人
・簡単に稼げる方法を知りたい人

私は、投資の「本質」を追求しています。
投資の本質とは「将来を見据え、今できることを実践すること」だと考えています。
実際、そうやって身銭を切って実践し、これまで資産を築いてきました。
なので、上に書いた内容にあてはまる人は、絶対に登録しないでください。

【さいごに】
これからも「金融」の「知識」をどんどん発信していきます!!
主に「ブログ更新の通知」ですが、たまに「登録者限定のキャンペーン」をしているので、お楽しみに。それでは、また。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です