4-235 南アフリカ、エンターテインメント性フィットネスクラブ「FIT」のICOに参加

 

こんにちは、読者の富も増す、とみます(@20tomimasu)です。

 

今日は「フィットネス×ブロックチェーン技術」です。

南アフリカのファンダーでこのような案件を見つけました。

 

AI普及により、個人の時間が増えていくんだと見ていますが、そのできた時間ってのは何に使われるのでしょうか。

その1つに、フィットネスジムなんだと思います。

 

詳細を見ていきましょう。

とみます
この内容は「FIT×ICO」についてです。

それでは、どうぞ。



 

国家 VS 個人

 

「国家 VS 個人」。

これを、言い換えると、「法定通貨 VS クリプト通貨」だと、理解している。

 

んで、国家が強い国は、クリプト通貨を規制しているよね。

韓国、中国、アメリカ? だとか。

 

まあ、結局は、規制できないのが、クリプト通貨なんだけど。

 

もっと言うと、クリプト通貨によっても、その色がある。

 

たとえば、「リップル」は「国家」系。

確か、そもそも、非中央性を消されたクリプト通貨だよね。

 

一方、「ビットコインキャッシュ」は「個人」系。

サトシ・ナカモト氏の「非中央性」を引き継いでいる。

 

まあ、あくまで、個人的な見解だから、話半分に聞いてくれればいいんだけど。

 

んで、法定通貨がままならない国にとっては、クリプト通貨は需要にあるんじゃないかって。

 

南アフリカのクリプト通貨

 

「FX」やっている人だと、分かると思うけど、スワップ金利が高い通貨ってあるよね。

 

トルコのリラに、

南アフリカのランド。

 

前に「リラ」のスワップ金利に手を出したけど、あの値動きに、やられちゃって、結局は断念したんだけど。

 

政策が不安定だったり、戦争関連で…、ってことだったと思う。

 

政治は「大の苦手」だけど、投資家としては、政治を掴むことは大事。

自分なりに勉強している。

 

というより、その道の師匠の思想に触れるようにしている。

 

話し長くなったけど、今回は、南アフリカに、焦点を絞った。

(トルコはまだ調べていない。)

 

まあ、クリプト通貨の需要がありそうなわけで。

 

現在ICOしているのを探す(On going)

 

ICObench」で、サクッと検索。

すると…

FIT180131-11

 

お、あるじゃん。

しかも、評価もそこそこ。

 

その中で気になったのが「FIT」。

おそらく「フィットネス」から来ている。

 

スポーツ銘柄を持っていなかった、ってのもあるけど、スポーツ系は一体感が生まれやすいよね。

過熱もしやすい。

 

だから「上がるなら、とことん上がる」可能性があるのかなと。

 

あと、この「プレセール」時にしては、フォロワー数が多い。

ってことで、少額で投資をすることを決定。

 

かなりマイナーだから、資金のない人には、おすすめできないけど。

 

FITとは

 

んで、いつものように、

を読んで、サラッとまとめておく。

 

一言でいうと「フィットネス&スポーツを楽しむためのクリプト通貨」。

 

具体的には、フィットネス施設などで、自分のモバイルアプリから予約をしたり、WEBで状況を確認出来たりする「プラットフォーム」を開発する。

 

その施設は、今後2年間で20~30を目指すそう。

 

FITセンターは「とことんやる」感じ。まだ思想段階だけど↓

  • スポーツホール →イベント会場
  • マルチアクティブユーザールーム →武道から、打ち合わせルームに
  • トランポリンパーク →
  • クロスフィット →健康的なライフスタイルを、ウエイトリフティング、プレオメトリック、パワーリフティング、体操…
  • パーカー →軍事障害コース訓練? ランニング、クライミング、ジャンプ、ローリング
  • 屋外ジム →自主トレ
  • 国際スポーツ
  • メディカルセンター
  • レストラン

てな感じ。

 

アプリとしては

  • メンバーシップ制
  • エンターテインメント性のチケットパス →トランポリンパークや忍者パーク
  • FIT交換 →アプリ上でトークン売買
  • プライベートトレーナー

なんかが設計されるもよう。

 

最先端じゃんけ。

これからは、AI普及により、個人の時間が多くなる時代。

(日本会社員の働き方も変わってくると思うけど…)

 

そうなった場合、エンターテインメント性のフィットネスクラブって、ハヤリそうな気がするんだよね。

もはや、南アフリカうんぬんの話ではなくなってしまったが…

 

FITの買い方

 

一応、買い方をまとめておく↓

  1. 登録
  2. 送金アドレスの表示
  3. 「MyEtherWallet」から送金
  4. 約1日後に反映

 

以下、画面。

①ホワイトペーパーはちゃんと読もう↓

FIT180131-1

 

②いくら投資する?

FIT180131-2

 

③今日のレートを確認して↓

FIT180131-3

 

④0.08935 ETH。送金アドレスが表示される↓

FIT180131-8

↑最後に「Tx」を入力しておいた。

 

⑤MyEtherWalllet から送金↓

 

FIT180131-5

↑空いているけど、「Limitは51,000」に。

 

⑥実際のGAS詳細↓

FIT180131-7

安いね。みんな使わなくなったのかな。ウフフ。

 

 

⑦すると…オップス↓

FIT180131-9

↑送金できたのかな? Txが残っているので大丈夫だと思うけど、ダッシュボードには8時間経っても反映されていない。

最悪、問合せだね。しばらく待つけど。

 

⑧最後に「Wallet」の登録をしておこう↓

FIT180131-10

 

以上、お試しの「100USD」を出資した。

どうなるのか、楽しみだね。

 

おわりに

 

以上「南アフリカ、エンターテインメント性フィットネスクラブ「FIT」のICOに参加」でした。

 

「スポーツ×ブロックチェーン技術」は、時代的には来るような気がします。

ただ、どの銘柄が来るかは、わかりません。

 

もっと言うと、上がるかどうかがわかるなんてのは、誰にもわかりません。

 

ですが、私は身銭を切っておくことにします。

 

ブロックチェーン技術で生活がどのように変わるのか、とても楽しみで、これからも期待していきます。

とみます
今日も最後までありがとうございました。

 

LINE@登録の方もよろしくお願いします。

おかげさまで「396名」を突破しました。

いつもありがとうございます。

これからもガンガン発信していきますので、どうぞよろしくお願いします。

うざかったらブロックしてください。

それでは、また。

LINE@登録で直ぐに受け取るプレゼント(無料)

現在「LINE@登録」して頂いた方に「金持ち父さんの実践書 20代会社員 入門編(PDF20枚)」をプレゼントしています。

~もくじ~
1. 20代が知っておきたい日本のこと
  1.1 日本のこれからの人口推移
  1.2 日本の財政推移
  1.3 20代の年金問題
  1.4 日本の絶対的な政策目標

2. 20代がこれから生きる上で知っておきたいこと
  2.1 生きていくのに必要なおカネ
  2.2 20代が賢くおカネを増す方法
  2.3 20代は年利1%も難しい…
  2.4 身銭をきる必要性

3. とみますのリアルなCFについて
  3.1 海外金融商品のリアルなCF
  3.2 1区分所有のリアルなCF
  3.3 225オプションのリアルなCF
  3.4 投資×ブログのリアルなCF

4. おわりに


【プレゼントを受け取るには】
LINE@登録後「とみます」より送られてくるメッセージから、指定されたpdfのダウンロード(無料)を行い、お受け取り下さい。

LINE@登録はこちらから↓↓
友だち追加

【利用者の声】
読者アンケートでは「インターネットからの登録」が「85%」で、「満足していない割合」は「16%」とのことでした。現在、588人の方が登録しています!!

【よくある質問】
Q. LINEでの個人情報が心配です。
A. LINEの会社が管理しているため、私が個人を特定するような情報を知ることはありません。登録者のプロフィール画像や名前もわかりません。

【こんな人はお断り!!】
・目先の利益を求めている人
・直ぐにお金持ちになりたい人
・簡単に稼げる方法を知りたい人

私は、投資の「本質」を追求しています。
投資の本質とは「将来を見据え、今できることを実践すること」だと考えています。
実際、そうやって身銭を切って実践し、これまで資産を築いてきました。
なので、上に書いた内容にあてはまる人は、絶対に登録しないでください。

【さいごに】
これからも「金融」の「知識」をどんどん発信していきます!!
主に「ブログ更新の通知」ですが、たまに「登録者限定のキャンペーン」をしているので、お楽しみに。それでは、また。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です