DeFiがよく分かる! 金融庁レポを斜め読み

 

とみます(@20tomimasu)です。

 

金融庁より、DeFiに関するレポートが公開されました。

この前のLUNAショックも、時系列でまとめられています。w

 

かなり分かりやすい報告書で。

一度はご確認あれ。

 

金融庁の情報源

 

金融庁のホームページに、

として、研究報告が公開されており。

 

その中で、DeFiについて、情報が更新され。

 

簡単に内容を確認していこう。

 

スマートコントラクトとは

 

まず、DeFiを理解するには、

  • スマートコントラクト (スマコン)

から。

 

ちなみに、スマコンは、

  • プログラムとして記述され、ブロックチェーン上で自動的に実行処理されるルール (契約)

とのこと。

 

Ethereumを一例として↓

defi220620-1

引用…図 1-2 スマートコントラクトの実行の流れ(Ethereumの例)

 

ざっくり、4人の登場人物がいて、それぞれ役割? 仕事がある感じだね。

  • 開発者→コンパイル
  • 管理者→デプロイ
  • 投資家や利用者→トランザクション投入
  • マイナー→トランザクション検証・実行・ブロック作成

 

めちゃ分かりやすい。w

これに、金融システムを付加したのが、DeFiかな。

 

DeFiの代表例として、Uniswapなど

 

DeFiの種類は、大きく分けて、6つ。

  1. 分散型取引所 (DEX)
  2. ステーブルコイン発行プラットフォーム
  3. レンディングプラットフォーム
  4. デリバティブプラットフォーム
  5. 保険
  6. NFT (Non-Fungible Token 非代替性トークン)

 

その中で、

  1. DEXとして、Uniswap
  2. ステーブルコインとして、Maker (DAI)
  3. レンディングとして、Aave

がピックアップされ、個別事例として報告されている。

 

一例として、Unisawpを↓

defi220620-2

引用…図 2-2-1-1 Uniswap の主な構成要素

 

特徴は、

  • AMM (Automated Market Maker)

と言って、

  • スマートコントラクトが Uniswap の流動性プールに預けられている暗号資産の量から交換レートを自動的に計算する仕組み。

 

いわば、

  • 両替機の自動システム

みたいなもの。

 

海外旅行に行くときに、どこで円をドルに変えたら安いかー

と、よく悩んだもんだわ。w

手数料が高くて、大体、交換レートは厳しいんだけどね。w

 

ざっくり、

  • 暗号通貨を早く、適切な交換レートで、手数料低く、両替できるサービス

で、流動性プールAとBで成立すると理解した。

 

これまでに、Uniswapは、V1, V2, V3とアップデートされてきて、

それぞれの追加仕様についても、詳細に書かれており。

 

すごいね。

さいごに、DeFiのトラスト(信頼性)について。

 

過去の失敗事例や信頼性を見分けるポイントなど

defi220620-3

引用…2-5-5 2020年以降の主なインシデント事例

 

↑あー、この前のLUNA死亡事件も、時系列にまとめられており。w

大口が抜けたのが、きっかけだったんだね。

その出金者は、不明なんだ。w

 

さらに、USTが売られ…

LUNAは、99%下落と。w

 

まあ、今回の事件で、アルゴリズムなステーブルコインは、

  • いつかは崩壊する

ことを理解したわな。

 

もう2度と手を出さないようにしよう。w

(担保型のステーブルコインで!!)

 

defi220620-4

引用…2-6 トラストポイントの分析

 

↑DeFiに資金を入れるには、もう少し、ネットワークに詳しくなる必要があるかも。w

  • トラストポイント=電子的な認証の手続きのために置かれる基点

として、上のようなことを前提としているそうで。

 

どこかに脆弱性があったら、

スマコンが完璧だったとしても、機能しなくなるってことよね。

 

なかなか便利に思えた、DeFiだけど、

実用的に安心して使えるようになるには、まだまだ先なのかな?

 

自分の許容できる範囲で、DeFi運用を検証しつつ。

 

おわりに

 

以上「DeFiがよく分かる! 金融庁レポを斜め読み」でした。

 

金融等の報告書は、質・量ともに、桁違いに充実していますね。w

無料で読めることに感謝しつつ、自身の失敗談などと併せて、消化していければ。

 

DeFiは、課題も多いけど、期待値も高い?

引き続き、注目しつつ。

 

それでは、また。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です