銀オプション×プット売りの失敗、4つの反省点をメモ

 

とみます(@20tomimasu)です。

 

先月、銀オプションのプット売りを仕掛けました。

結果、

 

マイナス3万円という結果に…

とほほ。

 

失敗点をまとめておきます。

とみます
この内容は「銀オプション投資」についてです。

 

銀オプションのプットエントリー

 

先月、インカムゲインを狙い、銀オプションの「プット売り」戦略を考えた。

>>【銀オプション投資】サクソバンク証券でインカムゲインのゲットなるか

 

ところが…

結果的に「-3万円」の損失。

 

失敗に終わってしまった。

そこから得られたことを、サクッとまとめておく。

 

ちなみに、エントリーポイントをまとめると↓

  • 証拠金は「30万円」。
  • 証券会社は「サクソバンク証券」
  • 手数料負けしないために、「500枚」のプット売りポジション
  • 権利行使価格は「16.0 USD」。
  • その時のプレミアムが「約+5,000円」

こんな感じ。

 

まずは、一番大事な値動きから↓

 

銀/USDの日足チャート

ag180718-1

引用…サクソバンク証券

大きく見て、2011年の時が「最高値」。

それまでが「上昇トレンド」で、そこからが「下落トレンド」といった感じ。

 

…なんだか「BTC」のチャートを見ているようだね。

チャートって、規則性があるのかも。

 

んで、この「銀の価格」は、どこまで下がるのかの目安を「白線」で示した。

大きく見て、ズルズルと下がっていくのかな?

 

とりあえず、直近の日足を拡大してみよう。

 

銀/USDの日足チャート(直近)

ag180718-2

引用…サクソバンク証券

あちゃー。

「16.0」は割れないと予想していたんだけど、下に突破してしまった。

 

今で「15.5」。

次なる目標「15.0」を目指している感じ。

 

①相場を読めなかった

 

ぜんぜんダメじゃん(;・∀・)。

具体的な損失がこれ↓

ag180718-4

 

マイナス3万円…。(証拠金に対して「-10%」。これは、ヤバいレベル。)

下落トレンドの勢いを甘く見ていた。

 

少し反発したんだけど、下げ勢力がとにかく、強かった。

トレンドに従う」大事さを学んだ。

 

②銀オプションの手数料が痛手 (小資本には向かない)

 

んで、よく見てみると、

「オープン」と「クローズ」の手数料が2回分。

 

さらに「変換P/L」という、不明なコストもある。

(何かの調整量か?)

 

どれも、約1,000円×3で、結局、それなりのリスク張っても、手数料負けするという…

これでは、小資本には、向かない。

 

証拠金「30万円」では、戦える戦略の幅が少な過ぎる。

今回の場合で「必要証拠金=10万円」くらいだったので。占める割合もかなり高い。

 

なので、決済日「7/20」の時に、撤退しようか。

あるいは、損失を抱えるが、買いポジションを持つことになるので、カバード戦略もできるが…。

 

権利行使価格の高いコールを売るとか?

うーん、とにかく、単発での仕掛けの手数料が大きいので、下手に動かない方が良いかも。

 

損切りして、逃げるのが正解かな!!

さらに…

 

③銀オプションのヨーロピアンタイプは難しい?

 

普段、日経225オプション取引では、「アメリカンタイプ」と言って、満期を迎えなくても決済が可能。

一方、このサクソバンクの銀オプションは「ヨーロピアンタイプ」といって、満期日を迎えるまでは、売買ができない。

 

ロックされる難しさを知った。

今思えば、途中、銀価格が上がったところで、プット買いの「ニュートラルポジション」への転換もありだったかな。

 

といっても、そんなにガッツリ上がっていなかったので、やはり一番の要因は「相場感」だろう。

そして、思惑通りに動かなったときの「損切り」ができない「ヨーロピアンタイプ」なので、今の私レベルでは、かなりキツイ。

 

なので、ここは潔くよく、撤退だぁ。

傷口を大きくしないように、粛々と。

 

あと…

 

④銀オプションの板が薄い(取り得る戦略が少ない)

ag180718-5

 

普段だったら、ヘッジするのだが、この取引量だと、利益が皆無に。

なので「素」で勝負したが、これも良くない。

 

んで、その要因になるのが、板の薄さ。

1か月後で「±0.5」の幅しかない。

 

これだと、日経225オプション取引で培ってきた、組合せ戦略(スプレッド)が生きない。

できて、カレンダーかなと思いきや、売り買いの価格差異が大きくて、これも不利。

 

ということで、優位性のある取引ができない、と判断。

しばらくは「取引を見送ろう」と思う。

 

銀オプションのインカムゲイン化は失敗

 

毎月のインカムゲインを増やすべく、小資本でも可能な投資を行ってきたが、今回の「銀オプション×売り戦略」は「失敗」した。

 

強いて言えば、資金力が多い方が良い。

個人的な感覚だが、今回の証拠金の「10倍」は欲しいところ。

 

つまり、100万円の余剰資金ができたら、再チャレンジはありかもね。

だが、100万円あれば、他の「オプション売買」も可能になってくる。

(VIX系など。)

 

なので、あえて「銀オプション×ヨーロピアンタイプ」に、こだわらなくてもいいかなぁと。

まあ、その辺は、資金を増やしつつ、同時に情報収集をしていくことで、柔軟に対応していく。

 

うーん、残念。

 

おわりに

 

以上「銀オプション×プット売りの失敗、4つの反省点をメモ」でした。

 

1か月間で、多くのことを学べた気がします。

この失敗を血肉にできるよう、1日1%自分アップデートを続けていきます。

 

ちなみに、このサクソバンクは、FXのオプションもある。

パッと見た感じ、板の幅が多いので、やるなら、こっちの方がいいかも。

>>サクソバンク証券

 

ミニマム手数料もなさそうだし。

「is6com」で「FXトレード」のトレードを学びつつ、よりよい戦術を作り上げていきます。

とみます
今日も最後までありがとうございました。

sco180415-2

読者にも、幸あれ~

LINE@登録の方もよろしくお願いします。

主に、ブログ更新のお知らせです。

 

おかげさまで「635名」を超えました。

いつもありがとうございます。

 

これからもガンガン発信していきますので、どうぞよろしくお願いします。

うざかったらブロックしてください。

 

それでは、また。

 

LINE@登録で直ぐに受け取るプレゼント(無料)

現在「LINE@登録」して頂いた方に「金持ち父さんの実践書 20代会社員 入門編(PDF20枚)」をプレゼントしています。

~もくじ~
1. 20代が知っておきたい日本のこと
  1.1 日本のこれからの人口推移
  1.2 日本の財政推移
  1.3 20代の年金問題
  1.4 日本の絶対的な政策目標

2. 20代がこれから生きる上で知っておきたいこと
  2.1 生きていくのに必要なおカネ
  2.2 20代が賢くおカネを増す方法
  2.3 20代は年利1%も難しい…
  2.4 身銭をきる必要性

3. とみますのリアルなCFについて
  3.1 海外金融商品のリアルなCF
  3.2 1区分所有のリアルなCF
  3.3 225オプションのリアルなCF
  3.4 投資×ブログのリアルなCF

4. おわりに


【プレゼントを受け取るには】
LINE@登録後「とみます」より送られてくるメッセージから、指定されたpdfのダウンロード(無料)を行い、お受け取り下さい。

LINE@登録はこちらから↓↓
友だち追加

【利用者の声】
読者アンケートでは「インターネットからの登録」が「85%」で、「満足していない割合」は「16%」とのことでした。現在、588人の方が登録しています!!

【よくある質問】
Q. LINEでの個人情報が心配です。
A. LINEの会社が管理しているため、私が個人を特定するような情報を知ることはありません。登録者のプロフィール画像や名前もわかりません。

【こんな人はお断り!!】
・目先の利益を求めている人
・直ぐにお金持ちになりたい人
・簡単に稼げる方法を知りたい人

私は、投資の「本質」を追求しています。
投資の本質とは「将来を見据え、今できることを実践すること」だと考えています。
実際、そうやって身銭を切って実践し、これまで資産を築いてきました。
なので、上に書いた内容にあてはまる人は、絶対に登録しないでください。

【さいごに】
これからも「金融」の「知識」をどんどん発信していきます!!
主に「ブログ更新の通知」ですが、たまに「登録者限定のキャンペーン」をしているので、お楽しみに。それでは、また。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です