1-1 私がお金を学ぶ理由「5つの日本の不安」と「投資の定義」について

 

私は身銭を切って投資を研究している20代男性です。

このブログでは「お金」に関することを発信していきます。

それでは「記念すべき初投稿」をお楽しみください。

 



社会人1年目の半年

 

今年の4月から社会人となり、半年が過ぎた。

 

 

新しい仕事や用語を覚えること、

 

 

上司との仕事の進め方、

 

 

意見の合わない人とのコミュニケーションなど、

 

 

「簡単に解決できないこと」に苦労しつつ、

 

 

20代サラリーマンの生き方を学び中。

 

 

 

また、今までお金を支払って教育というサービスを受ける学生の立場から、

 

 

自分の労力や時間を支払ってお金を受けるという立場に変わった。

 

 

毎月の給料が口座に振り込まれ、

 

 

約20万円という、

 

 

学生時代では手にしたことのないような大金を得た。

 

 

 

身銭を切って「お金」を学ぶぞ

 

このお金をどのように使うか。

 

 

もともと物欲があまりないため、

 

 

自分が面白いと感じる、

 

 

学びや経験のために使っていく。

 

 

そして、残ったお金で「お金」に関することを学び、

 

 

身銭を切った「投資術」の検証をしていく。

 

 

「社会人一年目の若造が投資に費やすお金と時間なんかがあるのかよ」

 

 

という声が聞こえてきそうだが、

 

 

本業に専念しつつ、帰宅後に余裕があるときや休みの日を使って、

 

 

のらりくらりとやっていく。

 

 

 

5つの日本の不安

 

「なぜ、投資を行うか」

 

それは、将来が不安だからだ。

 

日本のことを知れば知るほど、怖くなっていく↓

 

  • 「人口減少」
  • 「日本の借金財政」
  • 「日銀のインフレ対策」
  • 「高齢化による年金問題」
  • 「若者の選挙低投票率」

 

などだ。それぞれ、

 

人口減少

⇒経済は「人・物・金・情報」で成り立つとよく言われるが、その原動力である「人」が減少している。経済力の低下へとつながる。

 

 

借金財政

⇒国の収入約40兆円に対し、支出約80兆円で借金経営。

財政破綻や預金封鎖(銀行に預けているお金が引き出せなくなること)が危惧される。

2004年アテネオリンピックが行われたギリシャが2010年ギリシャ危機で国民がATMからお金を降ろせなくなった。

2020年東京オリンピックの6年後、「結婚し、子どももいて、家の購入を検討」そんな状況に、それは酷すぎる。

 

 

インフレ

⇒国の政策として、インフレーション。モノの価値が上がり、お金の価値が下がる。お金をタンスにしまうのは過去の話しで、価値が減少していることに気づかない。

 

 

 

高齢化

⇒今の50代は「なんとかなる」と言われている。

だが、20代の私が65歳になったときに、高齢化で税(年金)を納める人が減っているから、年金の受け取り年齢はこれ以上に遅くなるし、そもそもあるのだろうか。

 

 

若者の選挙離れ

⇒投票率からわかるように、高齢者が実権を持っている。

政治家は票を得るため「高齢者のため」の政策を行ってきた。若い世代がやばい。

 

 

問題だらけだ。

 

 

たとえこれからサラリーマンとして真面目に生きたとしても、自分がコントロールできない環境のせいで、やられる

 

と感じ、お金を学ぶことにした。

 

 

 

詐欺に合うのは知識がないから

 

そこで、投資に着目。

 

 

投資と聞くと、

 

 

詐欺に合ったかのような反応を示される」ことが多い。

 

 

きっと、詐欺に合う人が多いのであろう。

 

 

それもそのはず、

 

 

日本が投資に関する教育を今まで行っていないからで、

 

 

投資の知識がなく理解せずに手を出す人が多いためだ。

 

 

今までとは違う時代なのだ

 

日本がこれまで投資教育を行ってこなかったのは、そもそもその必要性がなかったため。

 

 

私たちの両親の時代は、高度経済成長期であり、

 

 

誰でも銀行に預けていれば、銀行が我々のお金を増やしてくれた。(これを間接投資という)

 

 

一方、私たちの時代、高度経済成長が終わったあとに産声を上げてきた私たちの時代は、

 

 

現在の銀行預貯金の超低金利からわかるように、銀行は我々のお金を増やしてくれない。

 

 

国や銀行が「個人が直接投資をしてね」と言っている。

 

 

投資詐欺に合わないために

 

なのに、私たちは

 

 

「投資をどのように行えばいいのか」

 

 

「そもそも投資とは何か」

 

 

がわかっていない。

 

 

だから、投資について誤った判断を犯し、詐欺にあってしまうと考えている。

 

 

個人が投資をする時代、さらに詐欺を見分ける力をつけるために、

 

 

個々が投資について学び、経済状況を加味した投資運用ができる術

 

 

20代から身につける必要があると考えている。

 

 

もちろん、20代に限ったことではないが、

 

 

投資力の鍛錬は早ければ早いほどいいだろう。

 

 

そもそも投資の定義とは?

 

「投資とは何か。」

 

 

投資の漢字の組み合わせは、

 

 

投球(球を投げる)や読書(書を読む)のように、

 

 

2番目の漢字を1番目の動作の漢字により、意味を成しているので、

 

 

投資とは「資源を投げる」と言ったところか。

 

 

英語の語源についても調べてみた。

 

 

「investment(投資)」は、動詞であるinvestを名詞化させたもので、

 

 

そのinvestは「in+vest」から来ている。

 

 

「in+vest」の意味は、

 

 

信頼できそうな「Online etymology dictionary」というサイトを

 

 

引用すると、「礼服をまとう」とある。

 

 

さらに、「トークるズ」というサイトが礼服をまとう所以をわかりやすく説明しており、

 

 

立身出世のために青年が新調の服で社会に出たことから、利益を見込んで何かに投資するという比喩的意味が生じた。

 

 

とある。

 

 

これらを踏まえて、投資とは「将来を築いていくために資源を投じること」と定義した。

 

 

また、

 

 

ここで言う「資源」とは、単にお金(資金)を指すだけではなく、

 

 

20代の強みである時間も含めている。

 

 

さらに、個人的には、今まで培ってきた私自身の知識や人脈なども含めていく。

 

 

まずは自分から

 

「将来の築き方」は、その人の家族構成、年齢、人生プランなどの事情によって異なる。

 

 

まずは「自分を守る」ために、投資を学ぶ。

 

 

次に「家族や大切な人を守る」ことに繋げる。

 

 

さらに「友人」にシェアしていく。

 

 

そして、知らない「読者」にも共有できたらなと思う。

 

 

これらが循環し、

 

 

下がる日本経済しか知らない20代が上がる日本経済を作っていく。

 

 

ここまで見てくれた方へのお願い

 

ここまで、見てくれてありがとう(´・ω・`)。

 

 

これから「お金」に関することを発信していくので、

 

 

気になる記事があったら、コメントしてください。

 

 

 

このブログサイトでは

 

このブログサイトでは、

 

 

将来のために、資源の投じ方を学び、実践し、発信していきます。

 

 

読者にとっては、私の投資を一つのモデルとしてとらえ、

 

 

投資に関する感度を高めてもらえればなと思います。

 

 

さいごに

 

本サイトは、投資一般に関する情報発信を目的としたものです。

 

 

本サイトで発信している情報の内容に関しては万全を期していますが

 

 

その内容を保証するものではありません。

 

 

万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても

 

 

本サイト管理者は一切責任を負いません。

 

 

最終的な投資の意志決定は、読者ご自身の判断でなさるようお願いいたします。

 

 

なお、予告なしに内容が変更または廃止される場合がありますので、予めご了承ください。

 

 

また、本サイトがリンクしているサイトの内容につきましても

 

 

本サイト管理者が一切の責任を負うものではありませんので、ご了承ください。

 

 

ライン登録で直ぐに受け取るプレゼント(無料)

とみますに興味を持っていただき、ありがとうございます。
現在「ライン登録」して頂いた方に限り、「金持ち父さんの実践書 20代会社員 入門編(PDF20枚)」をプレゼントしています。

~もくじ~
1. 20代が知っておきたい日本のこと
  1.1 日本のこれからの人口推移
  1.2 日本の財政推移
  1.3 20代の年金問題
  1.4 日本の絶対的な政策目標

2. 20代がこれから生きる上で知っておきたいこと
  2.1 生きていくのに必要なおカネ
  2.2 20代が賢くおカネを増す方法
  2.3 20代は年利1%も難しい…
  2.4 身銭をきる必要性

3. とみますのリアルなCFについて
  3.1 海外金融商品のリアルなCF
  3.2 1区分所有のリアルなCF
  3.3 225オプションのリアルなCF
  3.4 投資×ブログのリアルなCF

4. おわりに

ライン登録後「とみます」より送られてくるメッセージから、指定されたpdfのダウンロード(無料)を行い、お受け取り下さい。

ライン登録はこちらから↓↓
友だち追加

【ライン登録のメリット】

①「定期的なブログ更新情報」+「一言とみますコメント」を受け取ることで、「プラスの投資収入実績」を出すために必要な知識を得ることができる。

②個人を直撃するような経済や金融ショックが起きた場合に、その概要と解決策をタイムリーに入手できる。

③有料コンテンツを販売しているが、ライン登録者には事前にプレリリースとして、一部あるいは全てを共有しているため、無償で有料コンテンツを入手することができる。


メールアドレス登録も始めました。どうしてもラインは…という方は、こちらから↓↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です