【高ROI案件】IceRockMining (ROCK2) のICOに参加、マイニング装置を雪山で冷やして、ウッハウハ?

 

こんにちは、読者の富も増す、とみます(@20tomimasu)です。

 

出てきましたね、高ROIのICO案件が。

「マイニング装置を雪山で冷やして、効率よくマイニングしてしまえ!!」

っていう「IceRock」のプロジェクトです。

 

コンピュータを冷やすという、かなりリーズナブルな考えで、興味を持ったのですが、高ROIを謳う案件には、それなりのリスクが伴いますよね。

そこで、ICOの内容からリスクまでをまとめてみました。

 

結果…

 

まあ、詳細をみていきましょう。

とみます
この内容は「IceRockMining×ICO」についてです。

それでは、どうぞ。

 

Ice Rock Miningを知ったきっかけ

 

「Youtube」動画の合間の「宣伝」がきっかけ。

 

いつもは、速攻で「スルー」をするのだが、今回は、私の中で、何かが引っかかった。

 

正直、動画で宣伝するほど、怪しいICOはない、と思っていた。

 

が、今回は、参加してみることにした。

 

その動画がこちら↓

 

マイニングは「電気代」の勝負。

 

コンピュータ稼働のために「電気」を使用し、クリプト通貨の台帳を行う。

正直、ビットコイン(1BTC)に、100万円以上の値段が付いていることに、驚きなわけだが、業者は「かなり」儲かっているのだろう。

 

私が初めて「ビットコイン」を買ったときで、10万円くらいのとき。

当時から、マイニングしていた人たちは、ほんと「ウッハウッハ」だと。

 

コストは、コンピュータと、コンピュータを稼働するための「電気代」くらいかな。

 

んで、過去に、自分でもやってみようと思ったんだけど、

  • 個人がやっても採算が合わない
  • そうなる日が近い

と判断したため、参入しなかった経緯がある。

 

やっぱ、大手が「がっつり」参入していて、しかも国を越えて、マイニング工場を建設しているから、無理だろうと。

(スケールメリットが、めちゃくちゃ効くんだよね。)

 

なんだけど、やっぱり、どこかで気になってた。

 

んで、そんなとき、今回の「Ice Brock Mining」を知った。

動画を見て一番驚いたのが、「雪山で冷やす」という発想。

 

めちゃくちゃ「理にかなっている」やんけ ( ゚Д゚)/

 

確かに、稼働し続けた、コンピュータは、熱を持って、熱くなる。

適正な、温度管理が必要。

 

これは…

ってことで、調べてみた。

 

すると…

 

Ice Rock Mining (ROCK2)とは

 

いつものように、

を読んで、簡単に、まとめておこう。

 

簡単にいうと「雪山のマイニングチームに出資して、リターンをもらうビジネス投資」。

 

モデルが分かりやすいから、ピンと来ている人も多いだろう↓

icerock180217-15

  1. マイニングファームから、発掘した「BTC」収益を
  2. 取引所で「ETH」に交換し、
  3. 「ROCK2」の保有者に付与する

 

「ROCK2」は、今回の「Ice Rock Mining」の独自トークンのこと。

 

「ETH」に交換するのは、コントラクトが使いやすいから、とのこと。

まあ、確かに「MyEtherWallet」は使っていて、管理と運用がかなり楽。

毎月、振込むのに簡単なんだって。

 

「ICO」をやっているみたいだし、参加してみようかな。

 

と、安易には、判断しないで、「見るからに怪しい一面」もあるので、「SACM(詐欺)」かどうかをちゃんと見ていこう。

 

Ice Rock Mining は SCAM(詐欺)かどうか

 

これまで、30種類以上の「ICO」に身銭を切って参加し、このブログで評価してきたわけだけど、正直「SCAM」かどうかは、なってみないとわからない。

 

これは、ICOに限ったことではなく、どの投資案件でも言える。

 

まあ、そのための判断力を養うためにも、こうやってブログでアウトプットしている。

もちろん、失敗した内容も含めて。

 

んで、ここ1年のクリプト通貨に関していうと、一応「SCAM」を経験したのは「ビットコネクト(BCC)」の1種類のみ。

レンディング(貸出)で高収益を謳ってた件だね。

 

結局、最終的に、値崩れが起きたんだけど、それでも、今も取引所で交換できるから、詐欺とも言い切れない、のが難しい。

まあ、それも、一応「詐欺覚悟」で参加したわけで。

 

一番の最悪は「持ち逃げ」。

これは、どうすることもできない。

 

なので、身銭を切る前に、自分の中で、判断基準を持っておこう。

その辺りの「リスクコントール」は、個人の采配で決まるからね。

 

このブログを読んでいれば、大丈夫だと思うけど…

 

まあ、簡単に「SCAM」かどうかを調べるには、このサイトで調べればいい↓

>>It this coin a SCAM?

 

試しに直近の「SwissBorg」では↓

icerock180217-17

まあ、詳細は、中にちゃんと書かれいるので、見てほしいんだけど、掲載されている情報量が一瞬でわかる。

Swissborgの場合で「40%」が公開されている。

 

まあ、情報量が多いに越したことはないが、掲載情報が多い「SCAM」もあるので、結局は、わからないんだけど。

 

んで、幸いにも? このサイトには、今回の「Ice Rock Mining」は載っていない。

 

 

ってことで、ある程度、自分で調べる必要がある。

 

私が調べた限り、

  • チームのメンバーが確認できる
  • 所在地が確認できる (Google Map 調べだけど。場所は、カザフスタン( ゚Д゚)/)
  • 活動が確認できる (Facebook 調べだけど)

ってことで、思ったよりは、ちゃんとしている事に驚いた。

 

メンバー↓

https://twitter.com/icerockmining/status/938261628667252737

 

Facebookでは、「Nvidia」という米国の半導体メーカを訪問しているようだ。

多分、マイニング機器だろうね。

 

まあ、直接、会ったことは無いけど、一応の判断基準はクリアだね。

 

ただし、私の判断基準は「ゆるい方」なので、気を付けてくれ。

投資は自己責任。

 

試しに少額を入れてみた。

買い方をまとめておこう。

 

ROCK2の買い方

 

一応、私の買い方をまとめておく。

  1. 登録
  2. 送金アドレスの表示
  3. 「MyEtherWallet」より送金
  4. 1時間後に反映された

 

以下、画面を用いた詳細↓

 

(なお「Zaif」等で「ETH」を購入し「MyEtherWallet」に送金していることを前提としている。)

 

①登録フォームの記入↓

icerock180217-1

 

②ダッシュボード画面↓

icerock180217-2

↑登録したメールアドレスの確認と、自分の「MyEtherWallet」の登録を済ませる。今は「+45%」の早期特典付き。

 

③ちなみに、Walletを登録すると、自分の所有通貨や直近の取引履歴も表示される↓

icerock180217-21

 

↑気になる人は、専用の「MyEtherWallet」を。

 

④送金アドレスの表示

 

icerock180217-6

↑規約を読んでね。投資は自己責任。試しに最低投資価格の「約1万円分」を入れてみる。

 

⑤専用の送金アドレスが表示される↓

icerock180217-9

それをコピーし、

 

⑥その通りに、「MyEtherWallet」から送金しよう↓

icerock180217-10

↑Gas Limitは「デフォルト」を使用。空き空きだね。去年12月ののバブル時期と比べて、地味に嬉しい。

 

⑦ぴったり「GAS limit」を使い切ったみたい↓

icerock180217-14

不安な方は「21000」よりも多めに設定しておこう。

GAS Priceは「41Gwei」。

結果「0.83 USD」約100円くらいの手数料だった。

 

⑧「MyEtherWallet」でのトランザクションの処理は直ぐに反映されたが、ダッシュボードへの反映には時間がかかった↓

icerock180217-16

⑨約1時間後には「完了」↓

icerock180217-20

 

⑩MyEtherWallet→Transaction Historyからも確認できた↓

icerock180217-19

 

意外に「すんなり」できた。

 

もう少し身銭を切ろうかな…

 

Ice Rock Miningの高ROIはいかに

 

ホームページより、ROIの計算ができる↓

 

icerock180217-18

 

試しに、今回の「約1万円」では…

  • ROIは、402%
  • 4ヵ月で原資を回収

できる計算になる。

 

これは、さすがに、ウソでしょ。

 

まあ、確かに、トークン保有者への付与の「割合」は「50%」と書いてある↓

icerock180217-22

保有量に応じて、按分されて付与されるんだろう。

 

一方、ファンダーには「10%」のみ。

少なく感じたが、それでも、利益の出る、採算なのだろう。

 

ビットコインの価格が上下するので、さすがにこのROIの実現は難しいと思うけど、どうなるのかがちょっとだけ楽しみ。

 

あと、リスクとしては、ビットコインが飽和したら、どうなるか? かな。

数年後になると思うけど、いずれは来るよね。

 

まあ、マイニング機器は、他のクリプト通貨のマイニングに流用できるから、問題ないと思うけど…

そういった意味でも、今後フォローしていこう。

 

Ice Rock Miningの今後

 

ホワイトペーパーより抜粋↓

icerock180217-24

予定では、

  • 2018年6月に取引所に上場
  • 2018年7月に、マイニング装置のテスト稼働が始まり、実際に動き始める

っぽい。

 

まあ、ICOは予定通りいかないことがほとんどなので、話半分程度で。

 

Ice Rock Miningのリスク

 

高配当系のICOは、怪しい一面が多い。

だけど、彼らのホワイトペーパーには、リスクについて、ちゃんと書かれている↓

 

  • コンピュータインフラ依存 (ソフトは必ずしも保証されていない)
  • スマートコントラクトの制限 (まだまだブロックチェーン技術は発展途中)
  • 法律リスク
  • ビットコイン価格 ←
  • マイニングビジネスの急速な変化
  • マイニング収益の不安定性 (実際に、稼働してみないとわからない)
  • 「ROCK2」価格の不安定性 ←

 

個人的に、一番の不安要素は「ビットコイン価格」と「ROCK2の価格」かな。

 

結局、マイニングできたとしても、通貨の価値が薄れていたら、小幅な利益にしかならないから。

 

まあ、先のことは、誰にも分らない。

個人的には、配当型? は人気が出そうだと。

 

リスクに対して、旨味がありそうだから、私は身銭を切っていくことにした。

 

個人的には、今年の夏ころには、直近のクリプトダウンが復活している、と見ている。

相場全体の「底上げ」期待も兼ねて。

 

最終的に、自分がいくら投資するかは「My資産ポートフォリオ」と相談だね。

 

人によって取り得るリスクの許容度は違うから、日ごろから「自分がどれだけリスクを負える状態であるか」をチェックしておこう。

 

あと、上場後には「値崩れ」する場合もあるので、その時に買い増しができるように「ETH」の余力をある程度残しておこう。

 

その他、動画

 

↑全然、雪山ちゃうやんけ( ゚Д゚)/

 

↑中はヒンヤリしてそうだね。実際、温度を測定している。「9.6℃」とのこと。

 

↑Amir Ness さんがプレゼンしている。

ホームページで見るより、怖くない↓

icerock180217-26

あの「John McAfee」さんとの写真も確認できた。

この人が絡んだ銘柄は爆発するという…

一瞬で消されちゃったけど。

 

こうやって、世界各地に、マイニングファームができていくんだね。

日本の有名な企業も参入し始めたけど、どうなることやら。

 

これからの時代を楽しんでいきましょう。

 

おわりに

 

以上「【高ROI案件】IceRockMining (ROCK2) のICOに参加、マイニング装置を雪山で冷やして、ウッハウハ?」でした。

 

もちろんリスクもありますが、ちょっと期待できそうですね。

 

彼らの活動の様子が見れるのが「Good」です。

ただ、これからも発信してくれるかはわかりませんが…

 

>>IceRockMiningのICOに参加する

 

今までのベンチャー投資は、身内だけしか知らない情報でした。

こうやって誰もが小資本でも投資できる時代になり、恵まれていることに感謝していきます。

 

もちろん、私たち20代は、年金などの腐った問題が山ほどあり、他人のケツを拭かざるを得ない状態なわけですが、自分でリッチになって、それなりに社会貢献していきましょう。

少しの行動の積み重ねが、経済的な豊かさに繋がるんだと思います。

とみます
今日も最後までありがとうございました。

LINE@登録の方もよろしくお願いします。

 

おかげさまで「436名」を超えました。

いつもありがとうございます。

 

これからもガンガン発信していきますので、どうぞよろしくお願いします。

うざかったらブロックしてください。

 

それでは、また。

 

【高ROI案件】IceRockMining (ROCK2) のICOに参加、マイニング装置を雪山で冷やして、ウッハウハ?” に対して 10 件のコメントがあります

  1. xyz より:

    はじめまして
    自分もicoしてたんですが rock2で
    アドレスとか もらってますが myイーサウォレットでの 登録と変換ができません
    色々見てやってみているのですが
    あまりにも情報が少ないので
    お聞きしたいです

    1. とみます より:

      XYZさん、
      初めまして、おっしゃる通り、rock2が配布され自分でETHに変える必要があります。
      以前はできましたが、しばらく触っていないので、現状できるかどうかを確認してみますね。
      当時、参考にしたのが、この動画です。
      >>https://www.youtube.com/watch?v=Od2RWDAFpfA&t=111s

      MEWも仕様が変わっているので、この通りには行かなそうですね…
      過去のログをみると、Hotbitに上場していました。

      残念なことに売り抜けられているようです…
      現在の価格は、1ROCK=0.00002176ETH =約4円くらいです。
      (一応、MEW→Hotbit→ETHで換金できますが、少額の場合、GAS料金に負けそうです…)

      サイトも確認しましたが死んでますね、最近のyoutube更新で約1年前。そのコメントを見る限り詐欺コメントが多いので、SCAMの可能性が高いですね、悔しいですが。

      1. xyz より:

        返信
        ありがとうございます 大変助かります

        HPも消えましたが
        イーサスキャンで トークン配布された時のアドレスは分かるんですが
        MYイーサウオレットも 変わってますし
        https://fujori.com/crypto-currency/rock2pay-exchange-eth/
        ここでは 配布され 変換できたみたいなんですが

        トークンの状態で アドレスだけだと そのアドレスで 誰かのウオレットに 入ってしまう危険性も
        ありますか?

        1. xyz より:

          ちなみに アイスロックマイニングには 投資はしてはないんでしょうか?

          1. とみます より:

            ブログの通り、少額、確か当時の1万円ほど、入れています。
            投資したICOの勝率は、5%くらいです。(泣)
            ほとんどが電子クズ化しています。
            (ただし、当たればでかい…)

  2. xyz より:

    なるほど
    ちなみに
    現在の価格は、1ROCK=0.00002176ETH =約4円くらいです。
    ってことは quantity  3000ROCK  は
    12000円にしか ならないって事ですか??

    1. とみます より:

      そうです、
      あとは、取引所の出庫手数料などがあると思うので、もうちょい少ないくらいの感触です。

      1. xyz より:

        ありがとうございます
        そうですか
        詐欺に近いですよね

        1. とみます より:

          SCAMの可能性が高いですね(泣)

          1. xyz より:

            泣きですね (´;ω;`)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です