初めてのアパート1棟、火災保険の特約(孤独死)から見積まで

 

とみます(@20tomimasu)です。

 

何かあった時の火災保険。

現在、銀行に打診している物件は、1K×8部屋の軽量鉄骨の築古アパート1棟。

 

これまでの区分や戸建て以上に、慎重に。

火災保険+オプション特約について、吟味していきます。

とみます
この内容は「アパート1棟向けの火災保険」についてです。

 

【火災保険】建物保険金額の決め方

 

まずは、基本的な内容から。

  • 建物
  • 家財

の保険金額を決める。

 

今回、賃貸向けなので、

  • 家財は、0円。

*たまに、落雷等による、TVやインターホンの故障に対し、修理費用に使えるそう? だが、確率は低そうなので、パス。

 

建物に対しては、

  • 建物の保険金額 = 1,200万円

にする予定。

 

その理由は、

  • 銀行からの借入金額と等しくするため。

 

最悪、建物が壊れたら、(全損したら)

借入金額を、全て返せるように。

 

*ただ、注意点としては、地震の保険金額が半分の、600万円になること。

 

うーん、

ちょっと、頼りないけど、全損の確率は低いので?

(築後30年経過しており、土台等に、ひび割れが無い。)

 

【火災保険】水災の補償を入れると高額になる

 

次に、大事なポイントが、

  • 水災をケアするかどうか。

 

その理由は、

支払金額が大きく変わるから。

 

水災を補償すると、

約1.5倍くらいの支払い金額になる。

(保険屋に相談して、あらゆる内容の見積りを。)

 

この物件に、水災は必要なのか。

それは…

 

  • ハザードマップ

を、事前に確認すること。

 

市役所などのホームページより、確認した結果、

  • 洪水のハザードマップ→水深0.5m~1.0m
  • 津波のハザードマップ→水深0.5m未満

であることが分かった。

*ハザードマップにも、洪水と津波の2種類があるのね。ただし、地域によって違うかも?

 

さらに、

今年、千葉で大型の台風があったけど、この地域は大丈夫だった。

 

もっと言うと、

この物件の土台は、道路よりも、かなり高くしてある。

 

ということで、

  • 水災は無し

で。

 

火災保険の契約プラン

 

  1. 火災、落雷、破裂・爆圧→あり。
  2. 風災、ヒョウ災、雪災→あり。 (台風があるからね。)
  3. 水濡れ→あり。(築古で給排水設備はボロイいからね。)
  4. 盗難→あり。(空き部屋がもしかしたら?。)
  5. 水災→無し。(ハザードマップより)
  6. 破損、汚損→あり。(壁やドアの修繕に?)

 

ざっと、こんな感じ?

以上が、基本的な内容だ。

 

んで、大家さんの火災保険は…

オプション(選択肢)形式になっており、上記の基本内容に加えるのだそう。

 

「特約」なんて言い方も。

早速、チェックしていく↓

 

賃貸建物オーナー向け「特約」とは

 

今、調査した、火災保険では↓

  • 賃貸建物所有者賠償特約
  • マンション居住者包括賠償特約
  • 家賃収入特約
  • 家主費用特約

等が、記載されている。

 

まず、1つ目の

  • 賃貸建物所有者賠償特約。

 

これは、よく本とかに載っている内容だ。

  • 施設賠償責任保険

とも。

 

安くて、手当が充実しているので、必ずね、と。

内容は、建物や施設が原因で、住む人をケガさせたりしたときに、ケアできる。

 

保険金額は、

  • 1億円

が一般的みたい。

 

これを付けたら、

  • +27,570円/10年

 

1年にして、3000円を切るのね。

本の通りに、本当にコスパが良かった。w

 

高齢者の死亡事故(孤独死)への対策

 

この1K物件。

現在、住んでいる人は、

  • 年金を貰っている高齢者
  • 生活保護

などなど。

 

どの管理会社に聞いても、やはり

  • 孤独死

が、心配される。

 

契約時に、保険に入っていればいいが…

自分が調べたところ、多分、加入されていない。

(というよりも、ここ3年で、孤独死への保険が充実されるように。その前より契約されている方は、従来のまま。なので、新規に加入したりする必要が。ただ、その場合、賃貸者との交渉が必要。場合によっては、大家負担も。)

 

そこで、

  • 一棟モノの火災保険で入れないかどうか

を検討した結果…

 

あるじゃん!!

  • 家主費用特約。

 

死亡事故が発生した場合に、

  • 家賃: 損失額 12か月分
  • 初期費用: 実費 (100万円限度)

 

おぉ、これは良い!!

ってことで、これも追加。

 

が、どうやら、

  • 家賃収入特約 (建物に事故があった場合に、家賃損失分を補償。)

と、セットに入らないとダメみたい。

 

家賃収入特約/家主費用特約のセットで、

  • +約15万円/10年

 

けっこう行くね。

でも、超高齢化社会。必ず、この物件の場合は、要るね。

ペルソナ(ターゲット)次第で、必要可否を検討する感じね。

 

免責金額とは

 

んで、ついでに、

火災保険を安くする方法についても、聞いてきた。

 

  • 免責金額

を設定すると、支払金額は減るのだそう。

 

この免責金額とは、

  • 事故時の頭金みたいなもの

と理解した。

 

たとえば、

  • 免責金額=10万円

とした場合、実際に事故が発生したとする。

 

例1)

風で屋根がぶっ飛び、修理が45万円。

→この場合、手出し10万円を出し、補償金額35万円をゲットできる。

 

なんだか、よさげ?

と思いきや、

 

例2)

ある1部屋の給排水管が壊れ、クッションフロアが水濡れに。全復旧費15万円。

→この場合、手出し10万円。補償金額は5万円…。

 

というような感じに、

ちょくちょく、修理が必要な場合は、大家負担が増。

 

結局、築古の物件なので、小規模な修繕が小まめに出てくると推測し、

  • 免責金額=0円

に設定することにした。

 

まとめ

 

簡単に、まとめておこう↓

  • 建物保険金額 1200万円。→支払金額は、約30万円/10年
  • 地震 600万円。→支払金額は、約10万円/5年。
  • 賃貸建物所有者賠償1億円。→支払金額は、約3万円/10年
  • 家賃収入/家主費用(孤独死対策)。→支払金額は、約15万円。

 

合計 58万円

 

あら。

予算として、

  • 50万円

を見ていたけど、少しオーバーね。

 

でも、

これらは、最低限、必要かな。

 

ってことで、今年の冬ボーナスは、火災保険に消えそうな。w

あとは、本審査の可決を待つのみ。2週間前後かかるって。

 

おわりに

 

以上「初めてのアパート1棟、火災保険の特約(孤独死)から見積まで」でした。

 

内容が決まれば、次は、代理店の決定ですね。

  • 団体割引が効く、打診先の銀行が紹介してくれる代理店か

はたまた、

  • 柔軟に対応して頂ける、地域の代理店か。

 

個人的には、後者の方が良いのかなと?

その辺も、走りながら検討しつつ。

とみます
今日も最後までありがとうございました。

sco180415-2

読者にも、幸あれ~

LINE@登録の方もよろしくお願いします。

主に、ブログ更新のお知らせです。

たまに、キャンペーンなども(*´▽`*)。

 

おかげさまで「1152名」を超えました。

いつもありがとうございます。

 

これからもガンガン発信していきますので、どうぞよろしくお願いします。

うざかったらブロックしてください。

 

それでは、また。

 

LINE@登録で直ぐに受け取るプレゼント(無料)

現在「LINE@登録」して頂いた方に「金持ち父さんの実践書 20代会社員 入門編(PDF20枚)」をプレゼントしています。

~もくじ~
1. 20代が知っておきたい日本のこと
  1.1 日本のこれからの人口推移
  1.2 日本の財政推移
  1.3 20代の年金問題
  1.4 日本の絶対的な政策目標

2. 20代がこれから生きる上で知っておきたいこと
  2.1 生きていくのに必要なおカネ
  2.2 20代が賢くおカネを増す方法
  2.3 20代は年利1%も難しい…
  2.4 身銭をきる必要性

3. とみますのリアルなCFについて
  3.1 海外金融商品のリアルなCF
  3.2 1区分所有のリアルなCF
  3.3 225オプションのリアルなCF
  3.4 投資×ブログのリアルなCF

4. おわりに


【プレゼントを受け取るには】
LINE@登録後「とみます」より送られてくるメッセージから、指定されたpdfのダウンロード(無料)を行い、お受け取り下さい。

LINE@登録はこちらから↓↓
友だち追加

【利用者の声】
読者アンケートでは「インターネットからの登録」が「85%」で、「満足していない割合」は「16%」とのことでした。現在、588人の方が登録しています!!

【よくある質問】
Q. LINEでの個人情報が心配です。
A. LINEの会社が管理しているため、私が個人を特定するような情報を知ることはありません。登録者のプロフィール画像や名前もわかりません。

【こんな人はお断り!!】
・目先の利益を求めている人
・直ぐにお金持ちになりたい人
・簡単に稼げる方法を知りたい人

私は、投資の「本質」を追求しています。
投資の本質とは「将来を見据え、今できることを実践すること」だと考えています。
実際、そうやって身銭を切って、行動してきました。
なので、上に書いた内容にあてはまる人は、絶対に登録しないでください。

【さいごに】
これからも「金融」の「知識」をどんどん発信していきます!!
主に「ブログ更新の通知」ですが、たまに「登録者限定のキャンペーン」をしているので、お楽しみに。それでは、また。

初めてのアパート1棟、火災保険の特約(孤独死)から見積まで” に対して 2 件のコメントがあります

  1. mas より:

    とみますさん
    いつもありがとうございます。
    日々お忙しいなか、リフォームお疲れ様です。
    (その体力に感服しております!)

    一点おうかがいしたかったのですが、保険代理店に聞きにいかれたようですが、
    こちらから質問をしたり、確認事項などを依頼して 営業をかけられたりなどはないのでしょうか。

    保険の見直しなど 代理店に聞きたいのですが、営業されて別な保険に加入されたりなどが心配で、
    1h1万円などのファイナンシャルプランナーのカウンセリングなど、こちらが最初から対価を
    支払う(つよい)立場で臨まないときびしいのかなとかんがえておりました。

    同じ保険つながりで、お聞きしたかったので、書き込ませてもらいました☆

    1. とみます より:

      masさん、
      いつもコメントありがとうございます。
      おっしゃる通り、体力→若い内にしかできないですw

      営業は特になかったですよ、
      こればっかりは、代理店に当たり外れがあるので、難しいんですよね…

      一方、FPも対価を払えば、当たりということもなく…
      なので、私の場合は、ブログで発信していて、自分に合っていそうな専門家を選びます。「〇〇市 損害? 生命保険? 取扱店」「〇〇市 FP」などで、検索して。
      (ただ、田舎だとヒット数が少ないのが難点ですが…)

      生命保険一つとっても、
      ・健康保険があるので不要派 (私)
      ・不動産ローンがあれば、団信(借金ちゃら)があるので不要派 (私。最悪、不動産が家族に残れば生きていける。)
      ・事業者向けの節税目的なのか
      色々とあるので、目的に応じて、その分野に詳しい人が一番ですかねぇ。
      参考になれば幸いです(*´▽`*)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です