3-82 アパートのプロパンガスが高すぎて、ガス会社と交渉。値下げができた方法とは。

 

こんにちは、今回は、月のキャッシュフローを改善するために、ガス料金の見直しを行いました。

プロパンガス利用者に、この方法をお勧めします。

 



 

 

検討したきっかけ

 

アパートに引っ越して早2か月。

ポストに挟まった伝票を見て驚いた。

なんと、ガス料金が一万円を超えている。

確かに、冬のこの時期、お湯を使う頻度は増えるし、寒い分そのエネルギーを得るためにガスは多く使う。

 

しかしである。

ガスを使う場面と言えば、料理とお風呂だが、

私は、料理はたまにだし、お風呂はシャワーだけの人である。

今までのアパート生活と比較して、特に変わった点はないのにも関わらず、一万円は高すぎる。

 

 

インターネットで検索する

 

そこで、Googleで検索してみると、色々な情報が載っている。

  • そもそも値下げはできない。
  • ガス会社に交渉する
  • ガス会社を他社に変更する。
  • 大家さんに相談する。
  • バスヒーターを購入し、契約を解除する。

情報が錯そうしている。特に最後の電気代で賄う方法には驚いた(;・∀・)。

 

何もしないのは、読者の期待を裏切ることなので、これらの情報を私なりに順序立てて、戦略的にガス料金値下げの交渉を行った。

 

 

戦略型「ガス料金」値下げ方法

 

1. ガス会社に「基本料金」と「単価」を電話で聞く。

伝票には、最悪なことに、トータルの料金しか、書かれていない。

現状を把握するために、ガス会社に連絡。

基本料金と1m3の単価を聞いたところ、

基本料金⇒1700円 (相場通り)

単価⇒620円/m3 (異常に高い!!)

との回答が。

よくもまあ、こんなにもぼったくってるもんだ(´・ω・`)。

単価は高くて500円/m3程度だ。

今日は交渉をしないで、宣戦布告で相手に違和を与えて終える。

 

2. 大家さんに相談

大家さんはどちらの味方なのか。大家さんが前向きな人か、やる気がない人なのかで戦略は変わってくる。

近くに大家さんの家があるので、次の日に、様子を確認するため、相談しに行った。

とみます:「前のところは450円/m3だったんですよ~、ガス会社の変更とかできたりしませんかね~」

大家さん:「そうか、ならなんとかしよう」

との回答が。

おー、なんとも前向きな回答が。

そして、次の日に、ガス会社に連絡したとのこと。ガス会社から連絡があるとのことで、この日を終える。

 

3. 交渉がダメだった場合に備えて、解約も検討する

自分の精神にゆとりを持たせるため、バスヒーターの購入も考えた。

「有利な条件で進めなかったら、それはそれで解約しちゃえ」という強気なスタンスでいくために、である。

これが、バスヒーターの一種類「風呂バンズ」である。

(引用先はアマゾン)

バスヒーターにも3種類ほどあったが、これが一番早く炊けそうで使い勝手がよさそうだ。

ただ、購入した場合、1万円以上の出費に加え、月の電気代も+5000円程度??くらいしそうだ。

 

やはり、明日の交渉決戦で結果を出すしかない…(´・ω・`)。

あんまり交渉は得意じゃないんだよね、とほほ。

 

4. ガス会社と交渉

翌日、ガス会社から不在着信があったので、かけ直す。

ガス会社:「単価300円/m3代を謳う他社のガス会社は、最初だけで、そのあと値上げしますよ。」

とみます:「へ~、そうなんですね」

ガス会社:「うちも厳しいんですが、500円/m3で話をつけませんか」

 

最初に掲示があった単価料金は、なんと500円/m3。何も言わない場合より120円/m3も安いのだ。

きっと大家さんからの連絡が効いているのだろう。

それにしても、こんなにも下げれるんですね( ゚Д゚)。

自由競争って恐い…。

 

とみます:「前使っていたガス会社は〇〇という会社で450円/m3でしたが」

ガス会社:「うーん、こっちも商工会?に言わないといけないもんでね…。隣の部屋の人には絶対に言わないでくださいよ」

 

向こうの言う都合はよく分からなかったが、私に対しては450円/m3にしてくれるとのこと。

それにしても、せこいなー。

これだけ頑張ったけど、結局は前と変わらず、450円/m3。

まー、ぼったくられるよりは、オッケーということにしましょう。

 

これで、冬のガス料金は1万越えから約7500円になりました。

それでも高いんだけど、結果、月々+3000円のキャッシュフローが改善されました。

 

 

おわりに

 

以上「アパートのプロパンガスが高すぎて、ガス会社と交渉。値下げができた方法とは。」でした。

交渉した結果、約+3000/月のキャッシュフローが改善されました。年にすると、なんと3万6000円です!!。

結構、馬鹿にならない金額ではないでしょうか。

毎月3000円をコンスタントに稼ぐって難しいですし。

 

読者の皆さまも、よかったらガス料金を見直してみてはいかがでしょうか。

今日も、最後までありがとうございました。

来週は、区分所有2室目の売買契約と2月のオプション結果について、報告する予定です。

読者登録の方もよろしくお願いします。

 

公式LINE@登録で直ぐに受け取るプレゼント(無料)

現在「公式LINE@登録」して頂いた方に「金持ち父さんの実践書 20代会社員 入門編(PDF20枚)」をプレゼントしています。

~もくじ~
1. 20代が知っておきたい日本のこと
  1.1 日本のこれからの人口推移
  1.2 日本の財政推移
  1.3 20代の年金問題
  1.4 日本の絶対的な政策目標

2. 20代がこれから生きる上で知っておきたいこと
  2.1 生きていくのに必要なおカネ
  2.2 20代が賢くおカネを増す方法
  2.3 20代は年利1%も難しい…
  2.4 身銭をきる必要性

3. とみますのリアルなCFについて
  3.1 海外金融商品のリアルなCF
  3.2 1区分所有のリアルなCF
  3.3 225オプションのリアルなCF
  3.4 投資×ブログのリアルなCF

4. おわりに


【プレゼントを受け取るには】
公式ライン@登録後「とみます」より送られてくるメッセージから、指定されたpdfのダウンロード(無料)を行い、お受け取り下さい。

公式ライン@登録はこちらから↓↓
友だち追加

【利用者の声】
読者アンケートでは「インターネットからの登録」が「80%」で、「満足率」も「80%」とのことでした。現在、43人の方が登録しています!!めちゃくちゃ嬉しいです。

【よくある質問】
Q. LINEでの個人情報が心配です。
A. LINEの会社が管理しているため、私が個人を特定するような情報を知ることはありません。

【こんな人はお断り!!】
・目先の利益を求めている人
・直ぐにお金持ちになりたい人
・簡単に稼げる方法を知りたい人

私は、投資の「本質」を追求しています。
投資の本質とは「将来を見据え、今できることを実践すること」だと考えています。
実際、そうやって身銭を切って実践し、これまで資産を築いてきました。
なので、上に書いた内容にあてはまる人は、絶対に登録しないでください。

【さいごに】
これからも「金融」の「知識」をどんどん発信していきます!!それでは、また。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です