マカフィーで正常なソフト/ファイルが停止? MT4 (is6com, XMなど)を復旧

 

とみます(@20tomimasu)です。

 

いつものように「Windows10」で、ソフト/ファイルを立ち上げようとすると…

あれ? 動かない。再インストール/再ダウンロードしても動かない…。

 

四苦八苦した結果、「セキュリティソフト」の「マカフィー(mcafee)」が原因でした。

復旧に成功したので、詳細を、サクッとまとめておきます。

とみます
この内容は「マカフィー×リアルタイムスキャン」についてです。

 

ショートカットエラーは突然に

is6180813-1

 

いつものように「MT4」を立ち上げるべく、パソコンのデスクトップアプリ「is6com」を起動さる。

が、動かない。…ぬぬぬ!?

 

どうやら「ウイルス対策」の「マカフィー(mcafee)」が原因のようだ↓

「exeファイル」に、不審な項目があると↓

is6180813-2

↑「マカフィーリブセーフ」→「隔離項目」にて確認できる。

 

どうやら「is6com」だけでなく「XM」もダメだ。

「MetaTrader」が危険と認識される。

 

つい先日までは、ふつーに使えたのに。

自動でアップデートでもしたのかな?

 

ってことで、まずは、ソフト側のアプリをアンインストールするも…

 

ソフト/アプリ「is6com」「XM」をアンインストールするも…

 

再度、インストールを試みた。

が、やっぱり反応しない↓

is6180813-3

↑「エラーが発生しました」と、外国人らに「NO…」と言われてしまう。

 

MetaTraderを直接インストールするも↓

is6180813-6

 

「is6com」のネットワークと、繋がらない↓

is6180813-5

↑これ以上が、進まない…。

ってことで、色々と調べていると…・

 

マカフィーの「リアルタイムスキャン」を外す

 

最初「ファイアウォール」を疑っていた。

が、「ファイアウォール」を取り外してみても、効果を得られなかった。

 

そこで、Google検索すると、どうやら「リアルタイムスキャン」が、問題を起こしているようだ。

ってことで、早速、外していく↓

is6180813-9

↑「リアルタイムスキャン」の「有効」ボタンをクリックする。

 

「無効にする」を選択↓

is6180813-10

長時間「無効」だと、リスクが増えるので「15分後」には、有効化させる。

 

すると…

ともに、起動に成功した↓

is6180813-7

 

結局のところ、各ソフトはアンインストールする必要はなく、「リアルタイムスキャン」を外せばよかったのね…。

とほほ。最初から、初期設定のやり直し(;・∀・)。

 

マカフィーの「リアルタイムスキャン」除外するファイル

 

んで、その後は「is6com」「XM」の実行ファイルを「スキャンの対象外」にするように設定した↓

is6180813-11

↑「リアルタイムスキャン」→「除外するファイル」→「ファイルを追加」する。

 

ダウンロード先の「exeファイル」を選択↓

is6180813-12

 

  • XMと、
  • is6com、

両方を。

 

これで完了。

今のところ、問題なく、デスクトップのソフト/アプリが使えるようになった。

 

良かった良かった。

FXのインカムゲイン化を目指し、環境を整備していく。

 

まだ、口座を持ってない人は、ぜひ↓

 

おわりに

 

以上「マカフィーで正常なソフト/ファイルが停止? MT4 (is6com, XMなど)を復旧」でした。

 

初めて開始することには、細かいトラブルが付き物ですね。

トライ&エラーで少しずつ、ノウハウを蓄積していきます。

 

今は「ドル円」しか見ていませんが、これまでの「上昇トレンド」が「下降トレンド」に変換したように思えます。

チャンスに直ぐに対応できるように、環境を整えていきましょう。

とみます
今日も最後までありがとうございました。

sco180415-2

読者にも、幸あれ~

LINE@登録の方もよろしくお願いします。

主に、ブログ更新のお知らせです。

 

おかげさまで「663名」を超えました。

いつもありがとうございます。

 

これからもガンガン発信していきますので、どうぞよろしくお願いします。

うざかったらブロックしてください。

 

それでは、また。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です