金属フレームの棚作りDIY

 

とみます(@20tomimasu)です。

 

金属フレーム(ロイヤル)を使って、棚作りを。

仏像スペース隣の床の間に、収納棚を作りました。

 

簡単に、まとめておきます。

とみます
この内容は「金属フレームでの棚作り」についてです。

 

木材で天板作り

shelf210505-1

↑近くのホームセンターで、木材を購入した。

  • ラジアタパイン集成材 18*910*1920mm 1個 4980円

 

ホームセンターにて、適切な大きさにカットしてもらっている。

この状態だと、カドが立っているので、危ない。

shelf210505-2

↑そこで、カドを滑らかにしてくれる、トリマービットを購入

  • SK11 ルーター・トリマービット ボーズ面 25mm SRB-9 710円+送料410円=1120円。

 

shelf210505-3

↑トリマーの先端に取り付け、走らせると。

 

shelf210505-4

↑カドが滑らかに。(面取りだ。)

 

shelf210505-5

↑次に塗料を準備する。

  • 木部保護塗料 水性 ピュアホワイト 1.6L 2280円
  • 計量カップ 108円
  • 刷毛は、以前に使用したモノを。

 

shelf210505-6

↑刷毛に塗料を染み込ませ、塗布していく。

 

shelf210505-7

↑1度塗り。

 

shelf210505-8

↑2度塗り。

 

shelf210505-9

↑3度塗り。

ここまで来ると、良い感じの色合いになる。

 

shelf210505-10

↑ニスを塗ることで、木材保護の効果と、光沢が出る。

  • 和信ペイント 水性ウレタンニス 透明クリヤー 300ml 1702円

 

shelf210505-11

↑1度塗り。

 

shelf210505-12

↑3度塗り後。(2度塗りでも良いらしいが、3度塗りした。)

 

金属フレームの取り付け

shelf210505-14

↑ロイヤルという金属フレームを一式購入した。

  • ロイヤル ASF-1 チャンネルサポート 1820mm シングル2本 2560円
  • ロイヤル 木部用棚受け 右 350mm 4本 2792円
  • ロイヤル 木部用棚受け 左 350mm 4本 2792円
  • ロイヤル チャンネルサポート専用 タッピングビス 25mm 50本入り 398円

 

shelf210505-15

↑施工場所は、仏壇スペースの横にある、床の間。

ほら、掛け軸などを飾る場所。

 

今回、機能的に使用したいため、収納スペースとして造作していく。

 

shelf210505-16

↑長い2つの金属フレームを固定するため、ビスを打ち込む。

 

shelf210505-17

↑水平器で、直線になっているかを確認する。

 

shelf210505-18

↑金属フレームの主軸が完成。

 

金属フレーム×天板=棚

shelf210505-19

↑とりあえず、仮置き。

軸受けは、本軸に引っ掛けるだけ。

簡単に取り外しができるので、段差の高さを容易に変更することができる。

 

shelf210505-20

↑軸受けと天板を固定するためのビス。

  • トラスタッピング 4×16mm 12本入り 2袋 160円

 

4つの天板に対し、4か所使用するので、16本を使用した。

 

shelf210505-21

↑天板の下から、ビス打ちをする。

 

shelf210505-22

↑ほい、完成。

 

shelf210505-23

↑一歩、下がった写真。

うん、子供の手も届かないので、安全地帯だね。w

 

ちょっとした物を置くときに、超便利!!

 

おわりに

 

以上「金属フレームの棚作りDIY」でした。

 

掛かった費用は、計13912円。

作業時間は、ペンキ塗装1日。ニス塗り1日。取り付け30分。

(天板作りに時間を要するね。乾燥に時間がかかるので。)

 

これにて、薬箱やバックなどを置くことができ。

子供が漁って散らかすので、何かと、背の低い置き場は不便で。

 

また、高さの間隔調整がラクチンなので、状況に応じて、柔軟に調整していければ。

とみます
今日も最後までありがとうございました。

sco180415-2

読者にも、幸あれ~

LINE登録の方もよろしくお願いします。

主に、ブログ更新のお知らせです。

たまに、キャンペーンなども(*´▽`*)。

 

おかげさまで「127名」を超えました。

いつもありがとうございます。

 

これからもガンガン発信していきますので、どうぞよろしくお願いします。

うざかったらブロックしてください。

 

それでは、また。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です