モトリーフール解説の「ダウ理論」が分かりやすい

 

とみます(@20tomimasu)です。

 

大手米国投資メディアの1つ、

  • モトリーフール(MotleyFool)。

 

日本に上陸してから、早1年。

今回は、テクニカル分析(ダウ理論)の記事があったので、復習を。

とみます
この内容は「モトリーフールのダウ理論解説」についてです。

 

ダウ理論とは

 

チャート分析していると、必ず、出てくる

  • ダウ理論。

 

簡単に言うと、

  • チャールズ・ヘンリー・ダウ (ダウ・ジョーンズ社の創設者の一人)

が、提唱した理論のこと。

 

ダウ平均株価の「ダウ」で、お馴染み。

 

んで、この理論の歴史は古く、19世紀末。

100年以上の歴史が。

 

良いものは残るとは、このことか?

早速、モトリーフールの記事を。

>>株価トレンドを正しく認識!投資におけるチャート分析の基本【ダウ理論】とは?

 

ちなみに、

モトリーフールの由来は、

  • シェークスピアの「お気に召すまま」

>>MotleyFool(モトリーフール)とは

 

遊び心があって、個人的に好き。

(内容は、こってこての、投資マガジンですが。)

 

モトリーフールが解説する「ダウ理論」をナナメ読み

 

  • 基本中の基本が、ダウ理論。

多分、どんな教科書?(テクニカル分析系の参考書)にも、出てくるはず。

 

ちなみに、1年前の私は知らないで、トレードしていた。

勝てるわけないがな。w

 

ダウ理論の6つの法則として、

  1. ファンダメンタルズは、すでに、値動きに織り込まれている
  2. トレンドには3つの波動がある
  3. トレンドには3つの局面がある
  4. トレンドは明確なシグナルが出るまでは継続する
  5. 平均は相互に確認される
  6. トレンドは出来高によって確認できる。

(一部、自分の言葉にしている。)

 

最初、初めて読んだとき、

  • ①のファンダメンタルズは織り込み済み、

には、驚いた。

 

売買するのは、人であって、必ず、意識する箇所があって…

実際、チャートで見ていくと…

 

ってな感じに。

まあ、ダマシがあるけど、それがダマシかどうかも、分かるようになるわけで。

(まだまだ下手だけど。)

 

あと、

  • ②の3つの波動。

 

ざっと、

  • 長期トレンド (数年)
  • 中期トレンド (数か月)
  • 短期トレンド (数週間)

のトレンドのタイプがあるよ、とのこと。

 

モトリーフールいわく、

  • 主要トレンド
  • 二次トレンド
  • 三次トレンド

と言っている。

 

これは、人によって、違うみたい。

  • 大ダウ、中ダウ、小ダウ

っていう人も。

 

結局、みんな同じことを言っていて…

となると、やはり、教科書(ダウ理論)は、市場参加者の多くが、意識してるってこと?

 

そして…

この記事には、

  • ダウ理論によるエントリーポイントの見つけ方

が、書かれている。

 

めちゃくちゃ分かりやすい。

損切りポイントまで、図で説明している。

 

ぜひ、復習に、ご一読あれ。

>>株価トレンドを正しく認識!投資におけるチャート分析の基本【ダウ理論】とは?

 

おわりに

 

以上「モトリーフール解説の「ダウ理論」が分かりやすい」でした。

 

メールマガジンに登録すると、週に1回、投資情報のまとめ版を届けてくれます。

>>モトリーフール

 

むしろ、今回のような、テクニカル分析よりな記事は珍しく、米国株の個人銘柄~時事情報などの情報発信に精通している印象。

数字が明確で、参考になるかもよ。

 

1日1%アップデートのツールとして、使いつつ。

とみます
今日も最後までありがとうございました。

sco180415-2

読者にも、幸あれ~

LINE@登録の方もよろしくお願いします。

主に、ブログ更新のお知らせです。

たまに、キャンペーンなども(*´▽`*)。

 

おかげさまで「1085名」を超えました。

いつもありがとうございます。

 

これからもガンガン発信していきますので、どうぞよろしくお願いします。

うざかったらブロックしてください。

 

それでは、また。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です