【19年06月】日経オプション取引結果「+14,408円」(月利+2.4%)

 

とみます(@20tomimasu)です。

 

19年06月のSQ日が、過ぎました。

日経225オプション取引を、振り返ります。

 

目標としている「月利1%」を、達成できたのか。

とみます
この内容は「日経225オプション取引の運用レポ」についてです。

 

日経225オプション取引×はじめに

 

私なりの運用方法を、簡単に↓

  • 証拠金「60万円」
  • 月利1.0%」を目標。(前年の成績(±とんとん)を踏まえ、今年2%→1%に。)
  • 売りを仕掛けるので、初心者にはおススメできない
  • カプランのオプション売買戦略」を読んで「独学」 (ここ数年間、様々なスプレッド取引を検証してきた。)
  • 自分に合った取引を見つけること (「Myルール」へと落とし込み中…)

 

簡単にいうと、

  • 日経平均株価がどこまで行かないか

を予測し、月数回の取引を行うトレード検証している。

 

会社員という属性を生かし、

日足→4時間足チャートを見て、タイミングが来たらエントリー。

 

タイミングが来なければ、無理に、ポジションを持たない。

そうすることで、利益は小さいが、勝率が高い?

 

ただし、

「売り」のポジションを失敗すると、死ぬ。

 

追証(おいしょう)と言って、追加資金が必要になることも。

「リスク」をコントールできるように、鍛錬しながら。

 

日経225の日足チャート

 

まずは、日経225の環境認識↓

nk225option_190615-1

 

直近の最高値

  • 24500円

をピークに、下落。

 

高値を切り下げており、ショート優勢の状況か。

次の節目となるのは、

  • 上値が22500円
  • 下値が19350円

あたりか。

 

上値が重いので、

ふっと軽くなった(上昇した)時は、コール売りを。

 

安値を切り下げると、

闇に落ちる展開になるので、安易なプット売りは、命取りになるか。

 

次いで、下位足。

 

日経225の4時間足チャート

nk225option_190615-2

 

MA200(白線)が下向き。

ショート優勢な状況?

 

直近の高値(21400円あたり)の上へのブレイクに失敗しており、当面は、弱い値動きの展開か。

ちょうど今、サポートラインの攻略中?

 

それを下にブレイクすると、

  • 20200円

が見えてくるかも。

 

来月、コール売りをメインに。

ただ、チャンスがあればいいが…

(そのまま下がってくれるな。)

 

んで、先月のスプレッド取引は、3回↓

 

①コール・変則カレンダースプレッド+α

 

スプレッドの詳細↓

5/15 06月-C223 売 54円×1枚 +53,784円 5/31 返済買 4円 -4,216円
5/15 07月-C228 買 63円×1枚 -63,216円 5/31 返済売 15円 +14,784円
5/27 07月-C231 売 14円×1枚 +13,784円 5/31 返済買 9円 -9,216円

小計 +5,704円

 

サポートラインでの反発後の、コール売り。

ヘッジとして、期先のコール買い。(変則カレンダースプレッドに。)

 

ほどよい、

  • デルタ

  • シータ

を選んだつもりだったが、

半月経っても、あまり、利益が出ず。

 

そこで、途中でしびれを切らして?

デルタ補強を。

 

期先の、より、アウトオブザマネーのコールを売った。

案の定、その価格下落が、そのまま利益になった感じ。

 

目標利益、1%に達したところで、スプレッドを閉じた。

 

②プット・レシオスプレッド

 

スプレッドの詳細↓

5/27 06月-P190 買 29円×1枚 -29,216円 6/14 放棄 0円
5/27 06月-P185 売 29円×2枚 +29,784円 6/14 消滅 0円

小計 +568円

 

サポート帯の反発後、高値の切り上げに失敗しており、弱気と見た。

そこで、アウトオブザマネーの、プットレシオを。

 

サポート帯の下へのブレイク後、かなり落ちることを期待しつつ、

一方、より深いサポート帯の下へのブレイクは、簡単には行かないだろうと。

 

結果、

案の定、サポート帯を下にブレイク。

 

が、そこまで、落ちず。

まあ、そんなもんか。

 

権利の放棄と消滅で、+568円。

 

③コール・変則カレンダースプレッド

 

プレッドの詳細↓

6/7 06月-C215 売 17円×1枚 +16,784円 6/13 返済買 7円 -7,216円
6/7 07月-C226 買 16円×1枚 -16,216円 6/13 返済売 15円 +14,784円

小計 +8,136円

 

SQ日1週間前の仕掛け。

レジスタンス帯があり、上値が重いと判断し、コールカレンダーを。

 

レジスタンス帯の上、

21500円の期近をショートし…

 

ヘッジとして、期先の買い。

今回は、前回の反省を生かし、プレミアム価格を同程度に。

 

結果、

期近のシータにより、価格が剥がれ落ち。

 

一方、期先の価格は、そこまで落ちず。

理想的な利益となった。

 

目標利益に達し、スプレッドを閉じたが、

SQ日まで、ポジションを保有していたら、もう少し利益は伸びたが…

 

まあ、無難に。

来月も読みやすい展開が続くといいな。

 

19年6月の運用成績

 

  1. コール・変則カレンダースプレッド+α、 +5,704円
  2. プット・レシオスプレッド、+568円
  3. コール・変則カレンダースプレッド、8,136円

 

合計 +14,408円

原資60万円に対して、月利+2.4%

 

目標の1%を大きく達成。

自分に合った、スプレッド戦略を続けていければ。

 

19年の日経225オプション取引の成績

 

これまでの損益↓

  • 1月、トレードなし。
  • 2月、+ 4,136円 (+0.68%)
  • 3月、+11,704円 (+1.95%)
  • 4月、-39,558円 (-6.6%)
  • 5月、+18,230円 (+3.0%)
  • 6月、+14,408円 (+2.4%)
  • 7月、

通算 +8,920円。

 

上半期は、なんとか、プラスで決着。

チャレンジしたくなる欲望を抑え、無難に、下半期を攻略していければ。

 

自分アップデートを続けていく。

 

日経225オプション取引の始め方

 

念のため、始め方↓

  1. 証拠金「60万円」の用意 (目安)。
  2. オプション口座を開設する。
  3. カプランのオプション売買戦略を買って、組合せ(スプレッド)戦略を学ぶ。

 

カプランの売買戦略は、実践的な内容が多く、付加価値が高い。

が、値段も高い。

 

中級~上級者向けなので、悪しからず。

 

証券会社は、取引手数料の安い所で。

 

おわりに

 

以上「【19年06月】日経オプション取引結果「+14,408円」(月利+2.4%)」でした。

 

弱気相場が続きそうなチャートですが、来月は、どうなることやら。

気長に続けていきます。

とみます
今日も最後までありがとうございました。

sco180415-2

読者にも、幸あれ~

LINE@登録の方もよろしくお願いします。

主に、ブログ更新のお知らせです。

たまに、キャンペーンなども(*´▽`*)。

 

おかげさまで「1033名」を超えました。

いつもありがとうございます。

 

これからもガンガン発信していきますので、どうぞよろしくお願いします。

うざかったらブロックしてください。

 

それでは、また。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です