【21年04月】日経オプション取引結果「+29,680円」(月利+3.7%)

 

とみます(@20tomimasu)です。

 

04月のメジャーSQ日が過ぎました。

毎月実施している、日経225オプショントレードについて。

 

今回は、計3回のエントリー。

結果は…

とみます
この内容は「日経225オプション取引の運用レポ」についてです。

 

日経225オプション取引×はじめに

 

私なりの運用方法を、簡単に↓

  • 現在の証拠金「60万円」
  • 月利1.0%」を目標。
  • 売りを仕掛けるので、初心者にはおススメできない
  • カプランのオプション売買戦略」を読んで「独学」 (ここ数年間、様々なスプレッド取引を検証してきた。)
  • 自分に合った取引を見つけること (「Myルール」へ落とし込み中…)

 

簡単にいうと、

  • 日経平均株価がどこまで行かないか

を予測し、月数回の取引を行うトレード検証している。

 

会社員という属性を生かし、

日足→4時間足チャートを見て、タイミングが来たらエントリー。

 

タイミングが来なければ、無理に、ポジションを持たない。

そうすることで、利益は小さいが、勝率が高い?

 

あと、「売り」のポジションを失敗すると、死ぬ。

追証(おいしょう)と言って、追加資金が必要になることも。

 

「リスク」をコントールできるように、鍛錬しながら。

 

日経225の環境認識とエントリーポイントの復習

 

まずは、日経225の環境認識を。

 

日足チャート

nk225option_210409-1

↑黄色い線で示したように、

コロナショック後、上昇トレンドを形成している。

 

その中で、まず、1回目のトレードは、

高値付近でのアウトオブザマネーのコール売りを軸にした、スプレッド。

 

白い線が今回の、「そこまでは行かないだろう」線で、

判断基準は、チャネルライン。簡単に突破されないだろうと。

 

結果は、案の定。

先月と全く同じの戦略だ。

 

詳細は、当時の記事より↓

>>2021/03/22 nk225コールレシオのエントリー→イグジット

 

さらに、今回、アウトオブザマネーのプットレシオを仕掛けた後、コールレシオの両建てにチャレンジ。

エントリー時の狙いは、それぞれ↓

>>2021/03/24 nk225プットレシオのエントリー

>>2021/03/29 nk225コールレシオのエントリー

 

見事に、的中だね。

想定通りの利益に。

 

①バーティカル・コール・レシオ・スプレッド

03/18 04月-C32500 売 17円×2枚 +33,780円 03/22 買決済 3円×2枚=-6,220円
03/18 04月-C32250 買 21×1枚 -21,220円 03/22 売決済 3円×1枚=+2,780円

小計 +9,120円

上昇トレンドの中での、高値の↓

  • アウトオブザマネーのコール売り

をメインにした、レシオ。

 

案の定、上昇しすぎることは無く、

  • 32500

を超えず。

 

また、早々に、プレミアム価格は落ち、SQ日が来るまでに、決済した。

  • +9,120円

 

月利+1.5%

上出来だね。

 

さらに、SQ日までの時間があったので、

チャンスを待っていたら↓

 

②バーティカル・プット・レシオ・スプレッド

03/24 3月-P23500 買 22円×1枚 -22,220円 4/9 放棄 0円
03/24 3月-P23000 売 19円×2枚 +31,780円 4/9 消滅 0円

 小計 +9,560円

陰線が続いたところでの、

プットレシオ。

 

アウトオブザマネー権利行使価格の判断基準は、

上昇トレンドライン。

(そこでは、押し目が入り、反発するだろうと。)

 

結果、やはり、トレンドライン辺りで、反発し。

今回のトレードは↓

  • 小計 +9,560円
  • 月利+1.5%

と、連勝記録を更新。

 

③バーティカル・コール・レシオ・スプレッド

03/29 04月-C31125 売 15円×2枚 +29,780円 03/22 消滅 0円
03/29 04月-C31000 買 19×1枚 -19,220円 03/22 放棄 0円

小計 +10,560円

上昇トレンドの中での、高値の↓

  • アウトオブザマネーのコール売り

をメインにした、レシオ。

 

プットレシオのプレミアム価格が微妙に残っていたこともあり、

1つ前のプットレシオを保有したまま、エントリー。

 

狙いは、レンジ相場。

蓋を開けてみたら、的中していたわけだが、nk225の上昇もあり、証拠金不足に。

 

レシオの両建てをするには、より余裕のある資金が必要だね。

予備の+20万円を入れ、結果的には、難なく、レンジ相場内で、SQ日に到達し。

  • 小計 +10,560円
  • 月利+1.3%。(60万円+20万円に対し、)

 

21年04月の運用成績

 

  1. バーティカル・コール・レシオ・スプレッド。+9,560円
  2. バーティカル・プット・レシオ・スプレッド。+9,560円
  3. バーティカル・コール・レシオ・スプレッド。+10,560円

 

合計 +29,680円。

残金80万円に対して、月利+3.7%。

 

毎回、余資金を移動させるのは面倒なので、

今回から、証拠金80万円ベースにしていくことにした。

 

目標を大きく上回り。

これを継続していければ。

 

21年の日経225オプション取引の成績

 

これまでの損益↓(21年1月の証拠金=約60万円とする。)

  • 20年の通算 +333,795円。(+100%。)
  • 以下、21年。
  • 1月、トレードなし。
  • 2月、+14,680円 (+2.4%)
  • 3月、+26,680円 (+4.4%)
  • 4月、+29,680円 (+3.7%)

21年の通算は、+71,040円。

 

幸先は良く、順調だね。

読みやすい相場が続くことを祈りつつ。

 

さいごに、

次のSQ日までの相場感を↓

 

21年5月SQ日までのnk225相場感

nk225option_210411-2

↑日足チャート。

来月の第2週金曜日(SQ日)は、5/14で。

期間が長いので注意しつつ。

 

トレンドは、継続しそうね。

いつものように、3つのシナリオを。

  • ①レジスタンスラインを超え、高値を強く更新していく。(遠めのアウトオブザマネーのコールショートを狙う。)
  • ②トレンドラインに沿うように推移する。(ボラがふっと上昇した時に、アウトオブザマネーのコールおよびプットのプレミアム価格を確認しつつ。)
  • ③安値を切り下げる。リターンムーブで真空領域に。(安易なプットエントリーは、危険。)

 

 

日経VIは、

  • 17.5

と、かなり下がったので、プレミアム価格は付きにくいかな?

権利行使価格との塩梅を見つつ。

 

日経225オプション取引の始め方

 

念のため、始め方↓

  1. 証拠金「60万円」の用意 (目安)。
  2. オプション口座を開設する。
  3. カプランのオプション売買戦略を買って、組合せ(スプレッド)戦略を学ぶ。

 

カプランの売買戦略は、実践的な内容が多く、付加価値が高い。

が、値段も高い。中級~上級者向け。

 

証券会社は、取引手数料の安いところで。

 

おわりに

 

以上「【21年04月】日経オプション取引結果「+29,680円」(月利+3.7%)」でした。

 

これが続くと嬉しい。

負けなしの成績を、淡々と増やしていければ。

とみます
今日も最後までありがとうございました。

sco180415-2

読者にも、幸あれ~

LINE登録の方もよろしくお願いします。

主に、ブログ更新のお知らせです。

たまに、キャンペーンなども(*´▽`*)。

 

おかげさまで「124名」を超えました。

いつもありがとうございます。

 

これからもガンガン発信していきますので、どうぞよろしくお願いします。

うざかったらブロックしてください。

 

それでは、また。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です