2021/10/05 nk225プットレシオのエントリー

 

とみます(@20tomimasu)です。

 

先月の収支報告が遅れていますが…

nk225のボラティリティが上がったものだから。

 

レジスタンスライン辺りで、アウトオブザマネーのプットレシオを仕掛けました。

プットショートを軸にしたスプレッドです。

 

この内容は、中級~上級者向けなので、初心者はスルーしてください。

とみます
この内容は「オプショントレード」についてです。

 

nk225オプションのエントリーログ

nk225option_211005-1

↑nk225の日足チャート。

縦の赤線は、SQ日を示している。

 

次のSQ日は、10月8日。(毎月の第2金曜日)

SQ日までの期間は、とても短く。あと3日。

 

時間的な制限もあり、ここでのボラティリティUPは、美味しいと考えた。

ざっと、

  • 25250円

までは、下降しないと予想し、

  • プットレシオ

を仕掛けた。

 

ちなみに、前回エントリーしたコールレシオも、保有したままである。

>>2021/09/27 nk225コールレシオのエントリー 

どちらも1円となり、いつでも決済してもOKな状態。SQ日の自動決済処理かな。

 

プットレシオスプレッドのエントリー

10/05 10月-P25500 買 23円×1枚  -23,220円
10/05 10月-P25250 売 19円×2枚 +37,780円

 

サポートライン付近まで、勢いよく、下降したことを確認後、

  • レシオスプレッド

を仕掛けた。

 

アウトオブザマネーのプットのプレミアム価格が高くなったこと、

権利行使価格の近いプレミアム価格の差が狭いことから。

 

簡単にいうと、nk225が次のSQ日(10/8)に、

  • 25250円を大きく下回ると、大損失。
  • 25250円~25500円の範囲内に入れば、約1.4万円+αの最大利益。
  • 25500円を上回れば、プレミアム価格差異の約1.4万円が利益。

といった、ポジション。

 

最大リスクは、ここから2000円以上の大暴落が来ること。

まあ、サポートラインもあるし、あと3日で攻略されることは無いだろうと読んだ。

 

といえど、何が起きるか分からないのが相場。

仮に、大暴落が発生しそうなタイミングで、(=今回の場合は、サポートラインのブレイクを見ながら。)

  • 売建てを1枚捨て、買い優勢のポジションに変える
  • 全てのポジションを切る

ことは、頭の片隅に入れておき。

 

nk225の今後の相場観

nk225option_211005-2

↑4時間足だと、参考になるラインが見えなかったので、日足チャートにて。

 

いつものように、3つのシナリオを。

  1. 前回の高値まで上昇する。反発しているが、どこまで伸びるか。そこまで強くは無さそうだが。(逆に伸びたらコールショートを視野に。)
  2. サポートライン上で揉み合い。ボラティリティが下がるので、これ以上のショートは禁物。
  3. 安値を割って、真空領域へ。さすがにSQ日までは、日数が限られているので、攻略されないだろう。11月SQ日までにおいては、このサポートラインの攻防戦には注目。

ってな感じ。

 

直近は、反発したnk225がどこまで伸びるか、(レジスタンスラインを超えるどうか)、

レジスタンスラインのブレイクに失敗した場合、買い勢力が失速するので、その勢いで、サポートラインが割れるかどうか。

じっくり見届けていければ。

 

おわりに

 

以上「2021/10/05 nk225プットレシオのエントリー」でした。

 

エントリー時点での心境や相場観を共有することで、自己トレードを洗練していければ。

このままいけば、今月はプラスになりそうだが…、どうなることやら。

 

負けなしトレード22か月を更新中。

引き続き、記録をどこまで伸ばせるかを、気長に検証していければ。

とみます
今日も最後までありがとうございました。

sco180415-2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です