オックスフォードクラブの米国株×配当の無料レポートとは

 

とみます(@20tomimasu)です。

 

オックスフォード(Oxford Club)クラブより、

無料レポートをゲットできるそうで。

 

怪しい評判も立っていますが…

まずは早速、登録してみました。

 

内容を簡単に、チェックしていきます。

とみます
この内容は「オックスフォードクラブ」についてです。

 

オックスフォードクラブとは

 

オックスフォード クラブ(oxford Club)とは、

  • 金融・投資のリサーチ&出版会社
  • 1989年、米国メリーランド州ボルチモアに、設立
  • 世界130カ国以上15万7000人の有料会員数
  • 国内では、APJ合同会社がライセンス契約。

引用…Oxford Clubの目的

 

うへー。

設立してから、30年も経過している。

 

何と言っても、有料の会員数が、とても多い。

怪しいなどの不評な評判もあるけど、ごく一部の可能性が高いな…

(それだけ登録数がいれば、マイナス評価が出てくるのは自然。)

 

なぜ、これだけ有料会員も多いのに、

今回のは無料なんだろ?

 

なぜ無料?

 

有料のニュースレターの一部を抜粋したそうで。

>>オックスフォードインカムレター

 

なーる。

一部分を無料で公開しているわけね。

 

その方がオックスフォードクラブ側の手間は無いし、

無料で興味を持ってくれた方に、有料サービスもありますよー、的な狙いだね。

 

そもそも、無料レポートを公開した理由は、

  • 世の中は詐欺が多い、怪しい案件が多い。
  • まずは、無料で見てもらい、信頼できる関係性を築きたいから。

とのこと。

 

まあ、この界隈は、サギとカモが多いからね。w

あながち言っていることは、間違いなさそう。

 

何より、メールアドレスの登録だけで、

レポを読めるので、早速、登録してみた。

 

吟味していこうじゃないか↓

 

オックスフォードクラブの無料レポートとは

 

タイトルは、

  • 永久に持っておきたい6つの高配当米国株。

>>オックスフォードインカムレター

 

冒頭に、

  • 株や金融のプロじゃない人が、株や金融のプロの力をうまく使って、自分自身の資産形成のプロになる方法

と書かれており、正直、疑ったが。w

 

中身は…

超、真面目!!

 

6つの銘柄が紹介されていたが、

個人的に気になった銘柄を2つ挙げておこう。

 

①ABBV: アッビィ(AbbVie)

 

ABBVは、バイオ医薬品開発の大手企業。

アボットラボラトリーズ社から、2013年に分社化。

 

要点は↓

  • 5年間の配当成長率は、19.6%と高い。
  • アッビィ社の株価/キャッシュフロー比率は、10倍を割っている。→株価の割安感。
  • フリー・キャッシュフローは安定して成長している。
  • 収益性の高い製薬業界は、国民皆保険制度でない米国において批判の対象となりやすい。しかし、新型コロナへのワクチン開発に貢献する姿が注目され、国民からの見方が変わってきている。

 

ほー。

かなり直近の状況まで、レポートされている。

 

米国株に疎い私でも、とても参考になる。

個人的には、キャピタルゲイン(株価上昇)にも期待できそう。

 

まあ、その辺は、エントリータイミング次第か。

チャートと併せて、探っていこうかな。

 

②ETN: イートン(Eaton)

 

ETNは、各種制御装置や油圧機器などを扱う産業。

 

要点は↓

  • 今後、数年間で12%の配当成長が想定される。
  • 顧客が、電力を効率的に管理できるような機器を扱う。
  • 世界175カ国、60カ国、102,000人以上の従業員と顧客を抱える巨大なビジネスである。
  • 過去12カ月間で、26.7億ドル(約2860億円)のフリー・キャッシュフロー。
  • 同時期に12億ドル(約1285億円)を配当。
  • 現在の配当利回りは3.8%で、5年間の配当成長率は6.7%。

 

うほ。

なんか規模がすげえな。

 

巨大クジラには、乗っかればいい、っていうし。(コバンザメ投資)

もう少し、自分の方で、イートンが扱う技術商品をでも調べてみようかな。

 

ってな感じに、

ちゃんとしたレポートでした。w

 

読み応えがあるので、ぜひ、参考にしてみてねん。

 

なぜオックスフォードは怪しい?

 

オックスフォードクラブは海外のビジネスで成功している。

それを国内に輸入? ビジネスパートナーとして協業しているのが、ダイレクト出版。

 

そのダイレクト出版の評判が、怪しいと言われているみたい。

情報商材を扱うビジネスを得意としており、まあ、そう言われてしまうのかもね。

 

この界隈は、誇張してPRするのが多いので、

人によっては、それが不快に感じるのかも。

 

また、無料メルマガ登録後、毎日、メールが配信される。

ただ、各メールの最後には、「配信停止」ボタンが設置されており、簡単に停止することができる↓

oxford210505-1

んー、全然、まともじゃん。w

 

良く見ると、金商登録もされている。

ちゃんとビジネスとして活動されているやんけ。

(世の中には、もっと怪しい案件の方が多い…。)

 

おわりに

 

以上「オックスフォードクラブの米国株×配当の無料レポートとは」でした。

 

無料レポートを見れば、オックスフォードクラブの本気度が分かるはず。

今回、6つの銘柄が紹介されていたが、私自身、勉強不足で銘柄にピンと来ませんでした。w

 

己の無知さを思い知り。

  • 高配当=社会に影響を与えている企業

のイメージがあるので、個別の米国株も投資していければなあ。

 

情報取集は抜かりなく。

>>オックスフォードインカムレター

とみます
今日も最後までありがとうございました。

sco180415-2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です