2-26 半市場経済とは

こんにちは、

今回は「半市場経済」についてです。

 

 

 

この本は2015年9月10日に初版が発行されており、

 

 

「新しい時代が来ていること」を感じました。

 

 


この本の筆者は、今年の3月まで立教大学大学院の社会デザイン科の教授です。

 

 

来たる時代の展望を述べています。

 

 

「自分の本当にやりたい仕事をしながら生きていけたら、どんなによいだろうか。

 

 

それは今の仕事に満足していないからである。

 

 

だが、今日の日本では、本業のビジネスとして、働きがいのある仕事、

 

 

社会的に有益な仕事を自分たちでつくりはじめている人々が多くなっている。」

 

 

とのこと。

 

 

私も同感。

 

 

ビジネスの目的は利益の最大化ではなく、

 

 

よりよき社会をつくることに貢献する、

 

 

そのことによってよりよき生き方を創造していくこと、

 

 

また、このような経済活動を「半市場経済」としても定義されるらしい。

 

 

簡単に言うと、

 

 

「半市場経済とは「志」と「価値観」を共有することで、

 

 

充足感と多幸感をもたらす新たな社会のかたちの創造である。「

 

 

とのこと。

 

 

また、

 

 

「今の日本の若い世代は二つのことを知っている」

 

 

と断言している。

 

 

ひとつは、経済成長が幸せの基盤ではないこと

 

 

もうひとつは、現在の企業社会での労働が人間たちを幸せから遠ざけていることである。

 

 

後者は少し疑問に感じましたが、確かに企業に「縁」を求めても、

 

 

それに応じてくれない事実が増えてきているような気がします。

 

 

これから「半市場経済」を生きていく我々にとって、

 

 

既存のスタイルを脱皮していく必要がある。

 

 

思った以上に「社会が迅速に変化している」ことに気づかされました。

 

 

また、

 

 

「依存先(勤め先)が1つじゃなくなる」

 

 

「自立とは依存先を増やすこと」

 

 

そんな多様な時代が来てもおかしくないと感じた。

 

 

以上、「半市場経済」についてでした。

ライン登録で直ぐに受け取るプレゼント(無料)

とみますに興味を持っていただき、ありがとうございます。
現在「ライン登録」して頂いた方に限り、「金持ち父さんの実践書 20代会社員 入門編(PDF20枚)」をプレゼントしています。

~もくじ~
1. 20代が知っておきたい日本のこと
  1.1 日本のこれからの人口推移
  1.2 日本の財政推移
  1.3 20代の年金問題
  1.4 日本の絶対的な政策目標

2. 20代がこれから生きる上で知っておきたいこと
  2.1 生きていくのに必要なおカネ
  2.2 20代が賢くおカネを増す方法
  2.3 20代は年利1%も難しい…
  2.4 身銭をきる必要性

3. とみますのリアルなCFについて
  3.1 海外金融商品のリアルなCF
  3.2 1区分所有のリアルなCF
  3.3 225オプションのリアルなCF
  3.4 投資×ブログのリアルなCF

4. おわりに

ライン登録後「とみます」より送られてくるメッセージから、指定されたpdfのダウンロード(無料)を行い、お受け取り下さい。

ライン登録はこちらから↓↓
友だち追加

【ライン登録のメリット】

①「定期的なブログ更新情報」+「一言とみますコメント」を受け取ることで、「プラスの投資収入実績」を出すために必要な知識を得ることができる。

②個人を直撃するような経済や金融ショックが起きた場合に、その概要と解決策をタイムリーに入手できる。

③有料コンテンツを販売しているが、ライン登録者には事前にプレリリースとして、一部あるいは全てを共有しているため、無償で有料コンテンツを入手することができる。


メールアドレス登録も始めました。どうしてもラインは…という方は、こちらから↓↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です