みずほ銀行や東証の父?「渋沢栄一」さんが1万円札に

 

とみます(@20tomimasu)です。

 

日本の紙幣が一新するようで。

ん?

 

全然、知らない名前ばかり…(誰?)

では、困るので、軽くチェックしておく。

とみます
この内容は「紙幣一新」についてです。

 

紙幣一新の内容

 

朝日新聞の記事が、検索でヒット。

>>紙幣一新、正式発表 新元号とは「たまたま重なった」

 

ざっと、内容をまとめると、

  • 2024年を目途に、紙幣が切り替わる。
  • 10,000円→ 渋沢栄一さん、東京駅
  • 5,000円→ 津田梅子さん、藤の花
  • 1,000円→北里柴三郎さん、神奈川沖浪裏
  • 20年ぶり
  • ついで、500円玉は、ニッケル黄銅+白銅+銅になるそうな。

 

ん?

キャッシュレス化を進める中、紙幣を切り替える、意味があるのかなぁ?

 

どうも、

  • 偽造防止

の一言で済ませているけど…、実際のところは、どうなんだろ。

 

まあ、それは、さておき、

調べてみると、面白かったので↓

 

1万円札が渋沢栄一さん

 

次の一万円札は、

  • 渋沢栄一 (しぶさわ えいいち) さん

 

日本資本主義の父、と呼ばれているそう。

一体、どんなことをしたのか…

 

  • 第一国立銀行
  • 東京証券取引所
  • 一橋大学

を設立/経営したそうな。

 

え、すご。

  • 第一国立銀行

といえば、今の、みずほ。

 

みずほ銀行の父?

 

みずほ銀行のホームページに行ってみると、

>><みずほ>の成り立ちと変革への取り組み

 

「日本最古の銀行」として渋沢栄一によって第一国立銀行として設立。

…国経済界、金融界に大きく貢献しました。

とある。

 

うへー、すげー人なんだね。

みずほ銀行って聞くと、親近感、湧くじゃない。

 

あと、東証。

 

東京証券取引所の父?

 

日本最大の金融商品取引所。

通称、東証。

 

調べてみると、

世界三大市場なんだね、

  • 米国ニューヨーク証券取引所
  • 英国ロンドン証券取引所
  • 日本トウキョー証券取引所?

 

中国に抜かれなければいいけど…

同じく、HPを調べてみると、

>>明治150年 明治期の証券市場誕生

 

渋沢栄一は、天保11(1840)年に、現在の埼玉県深谷市血洗島(ちあらいじま)で農業と藍染め染料を売る豪農の家に生まれました。

…のちに一橋家において家臣とした後、慶喜の弟である昭武に従って、フランスに2年弱の留学を経験します。

とある。

 

100年以上も前に生まれて、今も歴史に名を残すとは…

うん、すごい。

 

逆に、100年後を想像すると…

 

100年後のお札は…?

 

彼も、お札になるかもね。w

(Binance取引所、創設者、CZさん。)

 

さすがに、100年も経てば、紙幣は、無くなっているか?

クリプト通貨(;・∀・)キラキラ

 

まあ、何だかんだ言って、信用度の高い、日本札。

しばらく、数十年は、使われていくのかな。

 

おわりに

 

以上「みずほ銀行や東証の父?「渋沢栄一」さんが1万円札に」でした。

 

福沢さんから、渋沢さんへ。

名前だけだと、福沢さんの方が、豊かさを感じるものの。w

 

時代の変遷を感じつつ。

1日1%の自分アップデートを続けていく。

とみます
今日も最後までありがとうございました。

sco180415-2

読者にも、幸あれ~

LINE@登録の方もよろしくお願いします。

主に、ブログ更新のお知らせです。

たまに、キャンペーンなども(*´▽`*)。

 

おかげさまで「934名」を超えました。

いつもありがとうございます。

 

これからもガンガン発信していきますので、どうぞよろしくお願いします。

うざかったらブロックしてください。

 

それでは、また。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です