Social Media Token (ソーシャル メディア トークン) のpre-ICOに身銭を切るよ、レアな暗号猫もゲット?

 

こんにちは、読者の富も増す、とみます(@20tomimasu)です。

 

ソーシャルメディア系のpre-ICOが出てきました。

先日「indaHash」という「インスタのインフルエンサー」向けのICOがありましたが、同じ感じのやつです。

 

「メディア×ブロックチェーン技術」は相性が良く、個人的には、金融に次いで期待しています。

ですが、これだけICOがあると、どの企業が生き残るかわからないんですよね。

それだけ、業界的にも脚光を浴びているわけですが…

 

まあ、全体として成長が見込める分野なので、幅広く投資をしていれば、個人にも恩恵を受けれるでしょう。

ってことで、自分のできる範囲で身銭を切っていきます。

 

さらに、このICOには、今ハヤリの「暗号猫(クリプトキティーズ)」が貰えるらしく、またまた笑ってしまいました。

ブロックチェーン上で猫を飼育するゲームが出てきたと思いきや、さらにその保険、さらに今度はICO参加ボーナスとして…( ゚Д゚)ドンダケー。

 

面白いですね。

ただし「レア猫」を受け取るためには、条件があるそうですよ。

「どんなICOなのか」をメインに、詳細を見ていきましょう。

とみます
この内容は「ソーシャルメディアトークンのICO」についてです。

それでは、どうぞ。



 

ソーシャルメディアトークン(SMT)とは

 

いつものように、ホワイトペーパーを「パッと」読んでまとめておく。

これから「ソーシャルメディア広告」は伸びますよー、で半分。

ビジネス内容は、1/4くらい。

その中で、一番、わかりやすかったのがこの図↓

SMM171217-1

一応、ブログを書いているので、「インフルエンサー」としての立場から見ていく。

ソーシャルメディアトークンの発行者は「SocialMedia.Market」という会社で、簡単に言うと、彼らは広告サービスの仲介者

  • 「企業」の販売促進を手伝うことで、報酬を受け取る。
  • あるいは「調査機関」にマーケティングデータを提供することで、報酬を受け取る。
  • 一方「インフルエンサー」は、彼らの持っているサービスの中から、気に入った(気に入っている)ものを情報発信することで、報酬を受け取る。

正確に言うと「channel development」とあるので、情報発信に留まらずに、アンケート回答なんかも含まれるのだろう。

 

報酬などのやりとりは、独自トークン「ソーシャルメディアトークン(SMT)」が使われる。

んで、この会社の強みは何か?

なんだけど…↓

 

ソーシャルメディアトークン(SMT)の強み

 

簡単に表でまとめられていたので、こちらをみてほしい↓

SMM171217-2

既存のサービス機関と比較している。

以下「いいなー」と感じたところ。

  • ブロックチェーンによりお金のやりとりが安い
  • インフルエンサーのメディアの大きさは問わない (⇒私みたいなペーペーなブロガーでもオッケー)
  • 公平性がある。権威者に依存しない。

他にもある↓

SMM171217-3

  • 分析ツールが無料
  • ソーシャルメディアの領域が広い (FaceBook, Twiiter, インスタなど)
  • ソーシャルメディア向けに最適化される

くらいかな。

 

中には「え、そのサービス、すでにあるじゃん」といった内容もあるので、話半分程度に。

あと、ICOを行っている競合との比較がなかったので、まだそこまでは、詰めれていないのだろう。

 

「ちょっと厳しいかな」と思いつつ、まだ「pre-ICO」の段階なので、伸びしろがあるという見方もしつつ。

少なめの投資金額で身銭をきることにした。

 

買い方をまとめておこう↓

 

ソーシャルメディアトークンの買い方

 

基本的に、いつも通り↓

  1. ホームページより「Join PRE-ICO」
  2. 送られてくるメールを確認し「MyEtherWallet」の登録
  3. 送金アドレスの表示
  4. 「MyEtherWallet」から送金

 

以下、画面を用いて↓

①ホームページ画面。レアな暗号猫が気になる(後述)が、「JOIN PRE-ICO」で規約確認、メアド登録を行う↓

SMM171217-4

 

②メールに記載されたURLから、自分の「MyEtherWallet」を登録する↓

SMM171216-4

 

③「Sign in」すると、送金アドレスが書かれている↓(右の画面で購入数をシミュレートできる。私は、0.15ETHだけ購入。約1万円)

SMM171216-7

  • GAS = 200,000
  • 最低投資額=0.01ETH (800円くらい)
  • MyEtherWalletを使ってね

の注意書きがある。

ちなみに、送金時の「Gwei」は「25」に設定したが、問題なく送金できた。(混雑しているときは、この値を増やそう。)

ダッシュボードの反映には2時間くらいかかった。

 

④反映後のダッシュボード画面↓

SMM171216-9

↑無事に反映された。

 

んで、気になる「暗号猫」についてだが、以下の条件がある。

 

レアな? 暗号猫の獲得方法

 

ダッシュボードより確認できた↓

SMM171216-6

簡単にまとめると、

  • 500SMT =0.625ETH (今だと) (5万円分)でゲット。
  • クリプトキティーズのアカウントを作っていてね。
  • Pre-ICO終了後(12/21)に付与される。
  • 5,000SMT = 6.25ETH (50万円)投資したら「クリスマス暗号猫」をゲットできるらしい。

 

うーん、20代会社員にとって、参加条件がなかなか厳しい…。

この段階で、5万円を出せるほどではないので、私は見送ることにした。

(もしかしたら、ゲットした暗号猫が高く売れるかもしれないという欲望を抑え…)

 

ハヤリの暗号猫をプレゼントするのは、さすがソーシャルに強いというか、なんというか。

面白いよね。

 

本ビジネスでも、そういった取っ掛かりを作ってくれることに期待。

今後フォローしていく。

 

おわりに

 

以上「Social Media Token (ソーシャル メディア トークン) のpre-ICOに身銭を切るよ、レアな暗号猫もゲット?」でした。

 

まだ、pre-ICOの段階なので「利益が出るのかどうか」は全くわかりません。

プロジェクトが頓挫するかもしれないし、成功するかもしれない。

 

ただ、面白そうなので、足だけは踏み込ませておきます。

これからの本格的に始動してくるので、その都度、フォローしていきましょう。

 

20代後半の私が、30代になったときには「誰もがSNSで稼ぐ」のが、当たり前になっているかもしれませんね。

まあ、気長にいきましょう。

とみます
今日も最後までありがとうございました。

LINE@登録の方もよろしくお願いします。

 

それでは、また。

 

最新記事は、こちらから。

>>ソーシャルメディアマーケット

 

LINE@登録で直ぐに受け取るプレゼント(無料)

現在「LINE@登録」して頂いた方に「金持ち父さんの実践書 20代会社員 入門編(PDF20枚)」をプレゼントしています。

~もくじ~
1. 20代が知っておきたい日本のこと
  1.1 日本のこれからの人口推移
  1.2 日本の財政推移
  1.3 20代の年金問題
  1.4 日本の絶対的な政策目標

2. 20代がこれから生きる上で知っておきたいこと
  2.1 生きていくのに必要なおカネ
  2.2 20代が賢くおカネを増す方法
  2.3 20代は年利1%も難しい…
  2.4 身銭をきる必要性

3. とみますのリアルなCFについて
  3.1 海外金融商品のリアルなCF
  3.2 1区分所有のリアルなCF
  3.3 225オプションのリアルなCF
  3.4 投資×ブログのリアルなCF

4. おわりに


【プレゼントを受け取るには】
LINE@登録後「とみます」より送られてくるメッセージから、指定されたpdfのダウンロード(無料)を行い、お受け取り下さい。

LINE@登録はこちらから↓↓
友だち追加

【利用者の声】
読者アンケートでは「インターネットからの登録」が「85%」で、「満足していない割合」は「16%」とのことでした。現在、588人の方が登録しています!!

【よくある質問】
Q. LINEでの個人情報が心配です。
A. LINEの会社が管理しているため、私が個人を特定するような情報を知ることはありません。登録者のプロフィール画像や名前もわかりません。

【こんな人はお断り!!】
・目先の利益を求めている人
・直ぐにお金持ちになりたい人
・簡単に稼げる方法を知りたい人

私は、投資の「本質」を追求しています。
投資の本質とは「将来を見据え、今できることを実践すること」だと考えています。
実際、そうやって身銭を切って実践し、これまで資産を築いてきました。
なので、上に書いた内容にあてはまる人は、絶対に登録しないでください。

【さいごに】
これからも「金融」の「知識」をどんどん発信していきます!!
主に「ブログ更新の通知」ですが、たまに「登録者限定のキャンペーン」をしているので、お楽しみに。それでは、また。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です