3-46 証拠金計算方法「SPAN」とは②

 

こんにちは、今回は以前紹介したSPANの続きについて。

 

 

 

調べてみたけど、SPANってやっぱり難しい…(´・ω・`)

 

 

 

あー、そもそもSPAN®の®ってなんでこんなところにいるんだろ(´・ω・`)

 

 

 

SPAN®の®とは

 

 

®はrequirementの略のこと。

 

 

 

requirementは要求とかの日本語訳かな、

 

 

 

だから、SPAN®は「システム(SPAN)で算出された要求金額」って略すとしっくりくる。

 

 

 

「要求金額⇒証拠金額」的な(´・ω・`)

 

 

 

んで、これに「ネット・オプション価値」を差し引くと、

 

 

 

実際に取引に必要な金額が求められるとのこと。

 

 

 

これを「証拠金所要額」というらしい。

 

 

 

 

証拠金所要額

 

 

数式で表すと、

 

 

 

証拠金所要額 = SPAN 証拠金額 - ネット・オプション価値

 

 

 

SPAN証拠金額は、おさらいだけど、

 

 

 

「システム(SPAN)で算出された要求金額」のこと。

 

 

 

証拠金所要額は、実際の証券会社で問われる、必要証拠金と理解した。

 

 

 

ところで、ネット・オプション価値ってなんだ?

 

 

当たり前に出てきた、ネット・オプション価値

 

 

 

こやつはなんぞ(´・ω・`)?

 

 

 

ネット・オプション価値は、買オプション価値から売オプション価値を引いた値らしい。

 

 

 

式にすると、

 

 

 

ネット・オプション価値 = 買オプション価値 売オプション価値

 

 

 

そして、この買オプション価値は、

 

 

 

ロング・ポジション ×証拠金算定基準値段 × 1000円。

 

 

 

あー、また知らない言葉が出てきた(´・ω・`)

 

 

 

もー、おてあげ。

 

 

 

んー、要するに、SPANってシステム自体も難しいし、

 

 

 

理解するための周りの計算も面倒なわけなんですね(´・ω・`)。

 

 

 

証券会社が算出してくれる証拠金所要額をちゃんと把握していればいいような気がしてきた(´・ω・`)。

 

 

 

また、気が向けば、SPAN理解にチャレンジしようと思う。

 

 

 

今日はここまで。

 

 

 

以上、とみますでした~。

 

 

 

コメントもお気軽にどうぞ(;・∀・)

 

 

LINE@登録で直ぐに受け取るプレゼント(無料)

現在「LINE@登録」して頂いた方に「金持ち父さんの実践書 20代会社員 入門編(PDF20枚)」をプレゼントしています。

~もくじ~
1. 20代が知っておきたい日本のこと
  1.1 日本のこれからの人口推移
  1.2 日本の財政推移
  1.3 20代の年金問題
  1.4 日本の絶対的な政策目標

2. 20代がこれから生きる上で知っておきたいこと
  2.1 生きていくのに必要なおカネ
  2.2 20代が賢くおカネを増す方法
  2.3 20代は年利1%も難しい…
  2.4 身銭をきる必要性

3. とみますのリアルなCFについて
  3.1 海外金融商品のリアルなCF
  3.2 1区分所有のリアルなCF
  3.3 225オプションのリアルなCF
  3.4 投資×ブログのリアルなCF

4. おわりに


【プレゼントを受け取るには】
公式ライン@登録後「とみます」より送られてくるメッセージから、指定されたpdfのダウンロード(無料)を行い、お受け取り下さい。

公式ライン@登録はこちらから↓↓
友だち追加

【利用者の声】
読者アンケートでは「インターネットからの登録」が「85%」で、「満足していない割合」は「15%」とのことでした。現在、55人の方が登録しています!!

【よくある質問】
Q. LINEでの個人情報が心配です。
A. LINEの会社が管理しているため、私が個人を特定するような情報を知ることはありません。登録者のプロフィール画像や名前もわかりません。

【こんな人はお断り!!】
・目先の利益を求めている人
・直ぐにお金持ちになりたい人
・簡単に稼げる方法を知りたい人

私は、投資の「本質」を追求しています。
投資の本質とは「将来を見据え、今できることを実践すること」だと考えています。
実際、そうやって身銭を切って実践し、これまで資産を築いてきました。
なので、上に書いた内容にあてはまる人は、絶対に登録しないでください。

【さいごに】
これからも「金融」の「知識」をどんどん発信していきます!!それでは、また。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です