4-51 【初心者向け】大学生~20代でもできる投資の始め方

 

こんにちは、読者の富を増す、とみますです。

 

先日、読者アンケートを行ったのですが、

「もっと掘り下げてほしい」

との意見がありました。

 

今、その準備をしています。

(レポート、完成したら送ります。)

 

ですが、

深く掘り下げる前に、

読者には、投資を「多面的に」捉える力を身に着けてほしいです。

 

その理由は、

「重箱の隅を楊枝でほじくる」のを防ぐためです。

 

要らない情報に惑わされ、

本来ある時間を、変なものに費やし、

貴重な時間を無駄にしないために、です。

 

そのうえ、

利益が出なかったら、

最悪でしょう。

 

大きく捉えて、小さく始める。

着眼大局 着手小局

の考え方です。

 

「おまえは誰だ!」

という声が、向こうの方から聞こえてきたので、

軽く自己紹介しておきます。

 

私は、

大学生のときに、投資に興味を持ち、

8年間、独学で投資を研究してきました。

 

最近の資産形成状況はこちらに書いています↓

 

関連記事:【2017年夏の資産形成状況

 

ここで見てわかるように、

少額投資でありながら、

私は、ありとあらゆる投資を経験してきました。

 

そこから、

「多面的に」捉える力が、全体の投資収入を増やす

ことに繋がるということがわかりました。

 

今日は、

これから投資を始める人にとって、

「多面的に」捉える術を共有していきます。

 

とみます
この内容は「多面的に投資を捉える方法」についてです。

 

それでは、どうぞ。



 

 

多面的に捉えよう

starts1

 

「多面的に捉える」とは、どういうことか。

 

簡単に言うと、

いろんな角度から物事を見る

ということ。

 

それを、投資に当てはめていく。

 

たとえば、

最近で言うと「金(ゴールド)」。

 

金は、そのものに価値がある。

 

最近の株は「いけいけどんどん」相場で、

金の価格は軒並みだった。

 

だけど、直近の、北朝鮮の

ミサイルや水爆のおかげで、

金の価格は上昇。

(株価は下がり気味)

 

じゃあ、個人が

実際に「金」を手に入れるためには、

  • 田中貴金属から純金を買って家に置く
  • 金のETFをネット証券で買う
  • 証券会社にいって金をメインにした投資信託をお願いする

など、やり方はたくさんある。

 

私の場合は、

  • 購入手数料をかけたくないし、
  • 手に入れる手間をかけたくないから、

いつも使っている「松井証券」で金のETFを買う。

(松井証券は手数料10万以下無料だしね。)

 

一方、金の価格推移と「逆相関」があるのは、ドル円

だから、為替もチェックする。

 

円高は、日経平均株価を下げる傾向が強いから、

買った金が高くなってきたら、

そろそろ上昇局面かな?

と気にし始める。

 

上昇相場に有利な日経225オプションを検討し始め…

 

そんな感じに、

ありとあらゆる角度から、

金を見つめ、そこから考えていく。

 

金投資の良さを知るには、

他の投資の良し悪しも知らないと、

金投資の良し悪しが判断できない。

 

だから、

なんだかんだ言って、

総合的にポートフォリオ組める人」って、

損を出しにくいし、

ちゃくちゃくと利益を出している。

 

そのためには、

投資の全体像を把握しておくことが、

やはりベターたわけで。

 

 

体系的に学ぼう

starts2

 

初めて一歩を踏み出す前に、

その投資の立ち位置を理解しよう。

 

そのためには、

体系化された「」が、

やっぱり良い教材になる。

 

身銭を切って買って読むと、

かなり知識が身につくんですよ。

 

個人のブログもそうだけど、

その人に「偏り」があるから、

あまり初心者に向かない。

 

だから、最初は「本」が良い。

 

でも、

体系化された本」って、

なかなか、ないんですよね。

 

株とか、FXとか、

ある分野に限って、

「儲けました~」って本が多い。

 

けど、それは、

そのときに、たまたま筆者が勝てただけであって、

再現性がない。

 

一方、

なんとなく「全体像」を網羅しているっぽい本は、

広く浅くの「ぺらっぺらっ」なやつが多い。

 

だから、心から信用できる本って、

なかなか、ないんだよね。

 

その中で、私が、

「自分の子供」に読ませたい本を「2冊」だけ、

挙げた。

 

(まだ、子供はいないんだけど。)

 

 

①「超」初心者向け

 

超初心者向けの本は、やっぱりこれ↓

金持ち父さん貧乏父さん

rich-dat2

 

この本を読むことで、

金持ち父さんと貧乏父さんの「2つ」の考え方を

得ることができる。

 

「金持ちになる」って言っている人ほど、

意外に「貧乏」な考え方をしている人が、多い。

 

ふつーに過ごしてきた人は、

大概この「貧乏」の考え方が身についている。

 

だから、それをまず、認識しないといけない。

 

ってことで、まずは【金持ち父さん貧乏父さん

 

資産を築くための、基礎を学ぼう。

 

ただ、「日本の投資」向けに、書かれていない。

なので、日本で実践して、

日本の投資に落とし込んでいこう。

 

 

②初心者向け

 

次に、初心者向けの本は、これ↓

大富豪の投資術

 

Jpeg

 

この本は「初心者からの脱却」に適している。

 

その理由は、簡単で、

内容が、広く深い

 

私でも知らない投資方法が、チラホラ。

 

「7年で1億円の資産収入」と豪語する筆者。

実際、この筆者は「20以上」の資産を保有している。

 

私ですら、

3、4つの資産しかない。

 

やはり、実績のある方から、

徹底的にパクるのがいい。

 

でも、この筆者の舞台も、アメリカだから、

日本流に応用していく必要がある。

 

たとえば、

自分なんかは、

日経225オプション取引だよね。

 

日本は、オプション市場の歴史が浅いんだけど、

ちゃんとオプション取引できる市場がある。

 

ちなみに、

「金持ち父さん」「大富豪の投資術」2人とも、

オプション取引を取り入れている。

 

ちゃんと本に書いてあるから、

隅々まで読もうよ。

 

そこに、「成功の秘訣」があると思うんだよね。

 

「だから、はやくレポートにしろ」ってね。

もう少しお待ちを。

 

 

おわりに

 

以上「【初心者向け】大学生~20代でもできる投資の始め方」でした。

 

いきなり何十万円もの投資をする前に、

まずは身銭を切って「本」を買いましょう。

 

この2冊を読んだだけで、

かなり「前進」することができますよ。

 

あとは、応用ですが、

これからのブログで学んでください。

 

仮想通貨なんて、

このときの時代には、書いてありませんから。

 

だからと言って、

基礎をないがしろにすると、

簡単に崩れてしまうので、

 

この2冊だけは、

読み込んでおいてください↓

 

①貧乏の考え方を脱却するための【金持ち父さん貧乏父さん

②2年で資産を1億円にする方法【大富豪の投資術

 

とみます
今日も最後までありがとうございました。

 

LINE@登録の方も、よろしくお願いします。

 

それでは、また。

 

 

LINE@登録で直ぐに受け取るプレゼント(無料)

現在「LINE@登録」して頂いた方に「金持ち父さんの実践書 20代会社員 入門編(PDF20枚)」をプレゼントしています。

~もくじ~
1. 20代が知っておきたい日本のこと
  1.1 日本のこれからの人口推移
  1.2 日本の財政推移
  1.3 20代の年金問題
  1.4 日本の絶対的な政策目標

2. 20代がこれから生きる上で知っておきたいこと
  2.1 生きていくのに必要なおカネ
  2.2 20代が賢くおカネを増す方法
  2.3 20代は年利1%も難しい…
  2.4 身銭をきる必要性

3. とみますのリアルなCFについて
  3.1 海外金融商品のリアルなCF
  3.2 1区分所有のリアルなCF
  3.3 225オプションのリアルなCF
  3.4 投資×ブログのリアルなCF

4. おわりに


【プレゼントを受け取るには】
LINE@登録後「とみます」より送られてくるメッセージから、指定されたpdfのダウンロード(無料)を行い、お受け取り下さい。

LINE@登録はこちらから↓↓
友だち追加

【利用者の声】
読者アンケートでは「インターネットからの登録」が「85%」で、「満足していない割合」は「16%」とのことでした。現在、90人の方が登録しています!!

【よくある質問】
Q. LINEでの個人情報が心配です。
A. LINEの会社が管理しているため、私が個人を特定するような情報を知ることはありません。登録者のプロフィール画像や名前もわかりません。

【こんな人はお断り!!】
・目先の利益を求めている人
・直ぐにお金持ちになりたい人
・簡単に稼げる方法を知りたい人

私は、投資の「本質」を追求しています。
投資の本質とは「将来を見据え、今できることを実践すること」だと考えています。
実際、そうやって身銭を切って実践し、これまで資産を築いてきました。
なので、上に書いた内容にあてはまる人は、絶対に登録しないでください。

【さいごに】
これからも「金融」の「知識」をどんどん発信していきます!!それでは、また。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です