4-147 専業主婦は2億円損をする、橘さんの新刊を読んで「あなたのスペシャルなもの」って何?

 

こんにちは、読者の富も増す、とみます(@20tomimasu)です。

 

タイトルの「専業主婦は2億円損する」に釣られてしまい、買っちゃいました。

私、男だけど。

 

多分、買っている人は、妻の「共働き」か「専業主婦」とで、悩んでいる旦那さんが多いんだと思います。

私、独身だけど。

 

著者は「橘 玲(たちばな あきら)」さんで、昔から、彼は「お金」に関する本をよく出すんですよ。

私も、彼の本が好きで、よく読むんです。

 

この「新刊」は、どういう内容なのか、見ていきます。

とみます
この内容は「2億円損をする」についてです。

それでは、どうぞ。



 

専業主婦は2億円損する

 

タイトルを見ただけで、何となく想像はつく。

JpegJpeg

 

会社員女性の年収分 = 2億1800万円

が、専業主婦になると、貰えませんよー

 

ということ。

 

まあ、フタを開けてみたら、こんなもので。

一見、ペラペラの内容にも感じるので、ちゃんと「自分で」読み解いていく必要がある。

 

ヒントとして、橘さんは「なんで今このような問題を提案しているか」という視点で見ると、見方が変わってくるかも。

個人的には「生き方を見直せ」って、感じたわけで。

 

他にもこんなデータがあった↓

  • 日本の女性労働率が、全ての年齢で「80%」以下。
  • 一方、30代~50代のスウェーデン女性は「90%」くらい

ここから言えることは、欧米と比べて、日本の専業主婦は、まだまだ多いということ。

 

その専業主婦の働き方?っていうのかな、

内容的には「専業主婦」に限ったことではない。

 

なので、20代会社員が感じた、

「いいなー」と感じた内容をまとめておく↓

 

仕事をどうみなす?

 

仕事をどうみなすか、が大事。

3パターンある。

 

  1. 「労働」とみなす ⇒ 生計のために、やむを得ず
  2. 「キャリア」とみなす ⇒ 自分の成長のために
  3. 「天職」とみなす ⇒ 充実感や社会的意義を見出し、楽しむ

 

まあ、色々な考え方があるよね。

もちろん私は「2, 3」の考え方。

 

ただ、逆の見方をすると、会社は「2, 3」のように見せかけ、会社員を奴隷のようにこき使う。ってこともあるので、注意が必要だね。

それでも「会社の仕事が好き!!」って言う方は、なかなかいないと思う。

好きだけど、一部やりたくないことだってあるよね…

 

また「自己実現」を「好きな仕事をして、皆から評価されたり、感謝されたりすること」と書かれている。

 

ただ、他者評価の判断は難しいので、今は自分が夢中になれることに専念する方が良いのかなって。

がむしゃらに生きた結果、「他者から、なんか、評価されるようになったぞ」っていう方が、ベターだと。

 

どう生きる?

 

まあ、結局は「本人がどう生きる?」という問題に着地するんだけど、この本には具体的な提案があるわけではない

「自分で考えろ」ってことなんだけど、ちょっと不親切だよね…

 

ただ「抽象的に」だけど、こんな素敵なことも書かれていた↓

  • 「自分にベストな戦略を練る」
  • 「会社で働かなくてもいいという戦略」

 

私が「戦略」好きってのもあるけど、概ね間違ってないと思う。

1つの働き方にこだわる必要はない。

 

特に、若いうちから決めつけないで、むしろ、好きな仕事かどうかを判断するために、色々やって「自分に合った戦略」を見出す方がいい。

 

何か、生涯現役で「好きな仕事」をするために、できれば20代で、遅くても30代のうちに、自分の「スペシャルなもの」を見つけよう、とのこと。

これには、強く共感。

 

自分のスペシャルなものって何?

 

私だったら、

  • 研究?

今だったら、

  • サイエンス×事業?

あるいは、このブログの

  • 金融?

もっと具体的に言うと、

  • 仮想通貨を使った新規ビジネスの情報収集

だとか?

 

まあ、あまりこだわらずに、まずは行動して「やっぱ面白い」と感じたものが、「自分のスペシャルなもの」なんだと思う。

 

最終的には、これらを組み合わせることができたりして↓

「サイエンスの研究×事業立ち上げ×金融=とみます?」みたいな。

 

話が逸れたが、スペシャルなものを持つ強みとして、それを象徴付けるエピソードとして、こんな話があった↓

 

大手広告代理店 vs フリー編集者

 

ある「大手」広告代理店が「フリー」編集者と協力して「雑誌」を作ることになった。

テーマは「美容・健康」。

 

だが「大手」には、この分野に詳しい人はいなかった。

そのため、雑誌作りは「フリー」を中心に企画開発されていった。

 

その過程で、「フリー」が「この仕事楽しくないから辞めたい」というようになった。

だが、「大手」は「お願いだから辞めないでくれ…」となった。

 

結果「嫌なことを嫌」と言える「フリー」の存在価値が上がり、報酬もアップされた。

 

みたいな話。

かなり自分の言葉にしているので、注意はしてほしいものの、ここで言いたいことは「他の人が出来ないほどに、スペシャルなものを持つ」ことが大事なんだってこと。

 

極論、自分の好きな専門性を伸ばしていく、そうすると自ずと価値が上がっていく。

だから、やるなら「自分が苦にならないことをやろうよ」ってことかな。

 

好きなことをやる、嫌なことを嫌という、一見、生意気に見える若者が、これからの個人の生き方を変えていくんだろうね。

「やらない」という発言は、けっこう勇気? エネルギーがいるし、大変なんだけど、建設的に「断る」習慣をつけていこう。

 

おわりに

 

以上「専業主婦は2億円損をする、橘さんの新刊を読んで「あなたのスペシャルなもの」って何?」でした。

 

最近は、インターネットを使って、論文やホワイトペーパーしか読まないので、久々に本を買って読んでみました。

具体性は欠けるものの、万人受けされるような構成になっており、違和感なく読み進めていくことができます。

 

ただ「読んで、具体的にどうしよ?」ってのが、大事なので、それは「個人ブログ」を読んでいくのがベターだなと思いました。

他人の実体験ってのも、かなり勉強になるんですよ。

 

ぜひ、自分が気に入った「個人ブログ」を見つけてみて下さい。

とみます
今日も最後までありがとうございました。

LINE@登録の方もよろしくお願いします。

 

おかげさまで129名を突破しました!!

コメントの方もガンガンよろしくお願いします。

 

それでは、また。

 

 

4-147 専業主婦は2億円損をする、橘さんの新刊を読んで「あなたのスペシャルなもの」って何?” に対して 4 件のコメントがあります

  1. dai13 より:

    建設的に断る、っていうのはいいですね。
    それはやり兼ねますが、替わりにこれならやりますよ、的なことでしょうか。

    1. とみます より:

      コメントありがとうございます。
      そうですね、なかなか言うの難しいですが…
      「優先度の高いこちらをやった方がいいのでは?」という感じの言い回しで、です。

  2. シル より:

    なぜ今この問題をあげるのか、という読み解きいいですね。
    やはり女性の自立が世の流れなのですね。

    1. とみます より:

      コメントありがとうございます。
      そうですよね~。男性も女性も自立する能力が問われています…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です