1-16 節税

こんにちは、

前回の「天引き」に対し、

今回は「節税」について学びました。

 

参考本はこれです。

この本から、以下のことを学びました。

 

会社を建てた方が、

 

節税手段の方法の選択肢が増える

 

らしいのです。

 

それは、経費をコントロールできるためです。

 

利益は下式で示され、利益に対して課税されます。

 

売上―経費=利益

 

利益が0以下なら、課税されませんので、会社を作って、経費を大きくします。

 

社会通念上の範囲ですよ、念のため。

 

会社の経費として

 

「何を経費としてできるか」

 

①会社の事業に関連するもの

 

②従業員の個人的な支出のうち、福利厚生費として認められるもの

 

と定義されているらしいです。

 

「あいまいだなー。」

 

と感じつつ、

 

生活上の大半の出費を経費として扱える

 

とのこと。

 

会社を作るには、

 

法人登録費用30万円(司法書士に依頼)

 

決算書の作成(税理士に依頼)

 

等が必要です。

 

なら、

 

「サラリーマンが事業をして赤字を出し、給与所得から赤字を差し引くこと」

 

はどうなのか。

 

理屈の上では可能であるそうです。

 

しかし、実態のない事業を作った場合、「社会通念上」認められません

 

また、事業を行うには、責任が伴います。

 

本業優先ですので、事業は行わない予定です。

 

今回、調べてみて、サラリーマンにおいても、奪われない方法があることを知りました。

 

「やるかやらないかは別として、知っているか知らないかの差は大きい」

 

と感じました。

LINE@登録で直ぐに受け取るプレゼント(無料)

現在「LINE@登録」して頂いた方に「金持ち父さんの実践書 20代会社員 入門編(PDF20枚)」をプレゼントしています。

~もくじ~
1. 20代が知っておきたい日本のこと
  1.1 日本のこれからの人口推移
  1.2 日本の財政推移
  1.3 20代の年金問題
  1.4 日本の絶対的な政策目標

2. 20代がこれから生きる上で知っておきたいこと
  2.1 生きていくのに必要なおカネ
  2.2 20代が賢くおカネを増す方法
  2.3 20代は年利1%も難しい…
  2.4 身銭をきる必要性

3. とみますのリアルなCFについて
  3.1 海外金融商品のリアルなCF
  3.2 1区分所有のリアルなCF
  3.3 225オプションのリアルなCF
  3.4 投資×ブログのリアルなCF

4. おわりに


【プレゼントを受け取るには】
公式ライン@登録後「とみます」より送られてくるメッセージから、指定されたpdfのダウンロード(無料)を行い、お受け取り下さい。

公式ライン@登録はこちらから↓↓
友だち追加

【利用者の声】
読者アンケートでは「インターネットからの登録」が「85%」で、「満足していない割合」は「15%」とのことでした。現在、55人の方が登録しています!!

【よくある質問】
Q. LINEでの個人情報が心配です。
A. LINEの会社が管理しているため、私が個人を特定するような情報を知ることはありません。登録者のプロフィール画像や名前もわかりません。

【こんな人はお断り!!】
・目先の利益を求めている人
・直ぐにお金持ちになりたい人
・簡単に稼げる方法を知りたい人

私は、投資の「本質」を追求しています。
投資の本質とは「将来を見据え、今できることを実践すること」だと考えています。
実際、そうやって身銭を切って実践し、これまで資産を築いてきました。
なので、上に書いた内容にあてはまる人は、絶対に登録しないでください。

【さいごに】
これからも「金融」の「知識」をどんどん発信していきます!!それでは、また。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です