2-15 アンフェア・アドバンテージ

こんにちは、

今回は「ファイナンシャル教育」についてです。

 

 

参考にした本は以下です。

 

 


ロバート・キヨサキさんの本は度々紹介させて頂いていますが、

 

 

今回は意識的にこの本を手に取りました。

 

 

というのは、旧友との飲み会で「ふと違和を感じた」から。

 

 

それは、目指すクワドラントが異なるためで、

 

 

旧友らの発する言葉やその背景にある考え方に嫌気を感じました。

 

 

彼らの夢を邪魔しないように接することは、

 

 

精神的に苦痛でしたが、

 

 

この経験のおかげで「自分が何故違和を感じたのか」を考えました。

 

 

ロバートさんがおっしゃるように、

 

 

「人は自分と異なるクワドラントにいる人にあまり好意を持たない」

 

 

そこから、自分がどのクワドラントに属したいか、

 

 

あるいはどのような考え方をしているのかが分かりました。

 

 

自分の変化を感じつつ、

 

 

旧友と飲むことはもうないだろうと、さみしくもなりつつ、

 

 

自分の決断を信じていく。

 

 

どちらにしても、来たる金融危機は避けられない状況。

 

 

なので、そのための対策を考えていきます。

 

 

まず、「いつ来るのか」

 

 

筆者は2010から2020年の間と述べています。

 

 

私は、オリンピック後かな?と考えています。

 

 

(2004年のアテネオリンピック後のギリシャ?→Ref.「この国を出よ」)。

 

 

では、「どうしたらいいのか」。

 

 

筆者は「ファイナンシャルの知識」を得なさいと述べており、

 

 

私もそのように実行していく。

 

 

ボーナスでまとまったお金が入ったこと、

 

 

以前に紹介したが、証拠金がなくて、できなかった、

 

 

オプション取引」」を行う。

 

 

筆者は「売ること」を勧めていますが、

 

 

「リスクが無限大であること」

 

 

にやはり恐怖を感じてしまいます。

 

 

その所以は「経験不足」と「知識不足」だと思います。

 

 

筆者曰く、リスクの反意語はコントロールらしい。

 

 

まずは「コール買い」を行います。

 

 

(取引額(損失)=160円、証拠金=約16万円(松井証券))

 

 

結果は、1カ月後に報告いたします。

 

 

今後も継続して「ファイナンシャル知識」を得ることに努めていきます。

LINE@登録で直ぐに受け取るプレゼント(無料)

現在「LINE@登録」して頂いた方に「金持ち父さんの実践書 20代会社員 入門編(PDF20枚)」をプレゼントしています。

~もくじ~
1. 20代が知っておきたい日本のこと
  1.1 日本のこれからの人口推移
  1.2 日本の財政推移
  1.3 20代の年金問題
  1.4 日本の絶対的な政策目標

2. 20代がこれから生きる上で知っておきたいこと
  2.1 生きていくのに必要なおカネ
  2.2 20代が賢くおカネを増す方法
  2.3 20代は年利1%も難しい…
  2.4 身銭をきる必要性

3. とみますのリアルなCFについて
  3.1 海外金融商品のリアルなCF
  3.2 1区分所有のリアルなCF
  3.3 225オプションのリアルなCF
  3.4 投資×ブログのリアルなCF

4. おわりに


【プレゼントを受け取るには】
公式ライン@登録後「とみます」より送られてくるメッセージから、指定されたpdfのダウンロード(無料)を行い、お受け取り下さい。

公式ライン@登録はこちらから↓↓
友だち追加

【利用者の声】
読者アンケートでは「インターネットからの登録」が「85%」で、「満足していない割合」は「16%」とのことでした。現在、55人の方が登録しています!!

【よくある質問】
Q. LINEでの個人情報が心配です。
A. LINEの会社が管理しているため、私が個人を特定するような情報を知ることはありません。登録者のプロフィール画像や名前もわかりません。

【こんな人はお断り!!】
・目先の利益を求めている人
・直ぐにお金持ちになりたい人
・簡単に稼げる方法を知りたい人

私は、投資の「本質」を追求しています。
投資の本質とは「将来を見据え、今できることを実践すること」だと考えています。
実際、そうやって身銭を切って実践し、これまで資産を築いてきました。
なので、上に書いた内容にあてはまる人は、絶対に登録しないでください。

【さいごに】
これからも「金融」の「知識」をどんどん発信していきます!!それでは、また。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です