初めてのUniswap v3、トランザクション処理に3回も失敗…

 

とみます(@20tomimasu)です。

 

Uniswap(ユニスワップ)のv3がリリースされたので、これを機に触ってみました。

  • 安くて処理が早い?

と、勝手なイメージで挑んだ結果…

 

3回もトランザクションを失敗し、挙句にガス手数料がけっこうな金額に。

このぼったくり!!

反省を含め、簡単にメモしておきます

とみます
この内容は「Uniswap v3 fail」についてです。

 

初めてのUniswap v3に挑戦するも…

 

ユニスワップ、

数十万円相当の給付金が貰えた人が多いみたいで。

 

遅いながらも、

初めて、Uniswapのpoolに資金提供しようと試みるも…

 

失敗しました。w

しかも、3回も。

 

高い手数料が減っていく…

初心者向けでは無いですね。(ちゃんと理解しないとダメー。)

 

直感でトライした私がバカでした…

簡単にまとめておきます。

 

Uniswapは、通貨ペアの両方を保有すること

Uni210506-1

引用…https://app.uniswap.org/#/swap

 

↑まずは、poolにて、

資金提供すべく、

  • New Position

を選択する。

 

設定画面はこんな感じ↓

Uni210506-2

リリース後直ぐなので、少し前に。(まだETHが安い時。)

  • USDCとETH

を選択するものの…

 

両方の通貨が必要みたい。

 

Uniswap v3のSwap方法 (1回目の失敗はGAS安すぎで処理されない…)

 

ってことで、まずは、Swap(スワップ)してみた↓

Uni210506-3

↑画面上から、Swapを選択する。

まずは、保有しているETHをUSDCに変換していく。

 

試しに、約20万円相当。

MetaMask上で、トランザクションを生成する。

この時の手数料は、

Uni210510-1

↑約4000円。

まあ、こんなもんだろう。

 

Uni210506-6

↑トランザクションの発行が完了。

 

Etherscanで確認すると↓

Uni210510-2

↑4分以内に終わりそうだ。

 

ところが…

1時間待っても、実行されない。

 

挙句に↓

Uni210510-3

↑エラーが表示されており。w

  • Fail with error ‘transaction too old’.

 

古すぎるとのこと。w

いやいや、処理が遅いんでしょ…

 

3ドルほどのFee(ガス手数料)は闇に落ち。(泣)

このままでは終われないので↓

Uni210510-4

↑今度は、GAS 手数料を60ドルくらいまで上げてみた。

すると…

Uni210510-5

↑22秒で処理された。

実質の手数料は約5000円ほど。

 

やはり、お金の世界。w

積んだ量が大きいほど、優先的に処理されるようだ。

 

Uniswap v3 Pool方法(2回目の失敗はスリップ幅が狭すぎて? 処理されない…)

 

ようやく、MetaMask上に、

通貨ペアを確保することができた。

 

そこで、Poolにリベンジ↓

Uni210506-14

↑まあ、試しに、17万円ほど。

  • USDC 1000ドル
  • ETH 0.17ETH (614ドル)

で、申請してみると…

 

トランザクションのGas料金は、さっきの失敗を生かし、同程度に↓

Uni210510-6

↑70ドルくらいなら大丈夫でしょ♪

 

Uni210510-7

はい、エラー。

今度は違う内容のエラーだ↓

Uni210510-8

ちょ。

このトランザクションに、約3300円もかかっているがな。

  • Fail with error ‘Price slippage check’ ?

 

Slippage checkとあるので、

あー、適当に選んだスリップ幅が狭すぎたのかな?

 

と判断し、次のトライ↓

 

Uniswap v3 Pool方法(3回目の失敗はスリップ幅を広げても処理されない…)

Uni210506-22

↑当時のETH価格は3500ドルほど。

スリップしても良いように、

  • 3242ドル~3835ドル

を選択するも…

 

はい、同じエラー。

えぇ、また30ドルほど、失う…

 

どういうこと?

もっと広げろということなのか?

 

さすがに、許容範囲だと思ったが…

 

が、1週間も過ぎると、ETH=4000ドルやね。

もっと広げれば、良かったのかな?

 

一応、当時の標準分布を見て、臨んだのだが。

まあ、よう分からん。ちゃんと、ホワイトペーパーを読もうか…

 

当面は、Binance取引所を使い続けることになりそうだ。w

 

おわりに

 

以上「初めてのUniswap v3、トランザクション処理に3回も失敗…」でした。

 

Uniswapの

  • 自分で通貨ペアを用意すること
  • 適切なGas手数料を選択すること
  • 適切なslip範囲を選択すること

など、ハードルがとても高く感じ。

もっというと、私が失敗した手数料などは、Uniswapの給付金に貢献しているのね。(泣)

 

一方、Binance取引所は、その辺が楽ですね。

多少の手数料はかかるが、許せる範囲で。

 

ってことで、中央集権的のリスクがあっても、

私みたいな小資本で理解が浅い場合、大手取引所のサービスの方が良さそうねん。

とみます
今日も最後までありがとうございました。

sco180415-2

読者にも、幸あれ~

LINE登録の方もよろしくお願いします。

主に、ブログ更新のお知らせです。

たまに、キャンペーンなども(*´▽`*)。

 

おかげさまで「126名」を超えました。

いつもありがとうございます。

 

これからもガンガン発信していきますので、どうぞよろしくお願いします。

うざかったらブロックしてください。

 

それでは、また。

 

初めてのUniswap v3、トランザクション処理に3回も失敗…” に対して 2 件のコメントがあります

  1. yirkj より:

    解説ありがとうございました。
    失敗した場合、自動でMetaMaskに戻ってくるのでしょうか。私も失敗して困っています。おわかりでしたら回答頂けると幸いです。

    1. とみます より:

      yirkjさん!!
      コメントありがとうございます!!
      失敗した場合は、ガス手数料だけ失い、交換しようとした通貨は戻ってくるのが正常です。
      ただし、バグがいくつから報告されており、消失する場合もありますので予め…。
      トランザクションを追えば、どこで詰まっているかが分かるかと思います。
      また、念のため言っておきますが、MetaMask詐欺が横行しているので、気をつけてください。(シードフレーズを聞いてくる輩がいるそうです…絶対に教えてはいけない。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です