【18年10月】VIX投資と今後の展望?

 

とみます(@20tomimasu)です。

 

11月です。

6日(火曜)には、米中間選挙が控えています。

 

VIXが上がり始めて、約1ヵ月が過ぎますが…

どうなることやら。

 

現状確認と相場感を、サクッと、まとめておきます。

とみます
この内容は「VIX投資」についてです。

 

米国VIのポジション

VIX181103-2

 

依然として、

  • 米国VI買い 10枚
  • 米国VI売り 10枚

のニュートラルの状態。

 

ただし、時価総額は「52万3,658円」と、激減↓

VIX181103-3

(初期投資額は、60万円。-12.7%。)

 

短期売買を試みたが、あえなく「損切り」の連続。

失敗の要因は、S&P500のボラティリティが高く、VIXの上げ下げが大きいから。

 

資金に余裕があれば、ゾーン(ひげ)を大きくとることができ、多少の上下に耐えうることができる。

が、私の場合、資金力は少ない。

 

簡単に切られる。

 

この経験から得られたことは、

  • 安定期と、不安期では、VIXの顔色は大きく異なる、

ということ。

 

まるで、天使と悪魔。

 

そして、

  • 私の資金管理では、VIX高騰時は、短期売買を控えること

が大切かと。

 

もっと言うと、いつ、何を売買するかは、(どの市場を選ぶかは、)

商品や指数のボラティリティと、自分の資金管理(レバレッジ含み)とを、合わせなければならないということ。

 

基本的なところで、間違いをしていた。

肝に銘じておこう…。

 

んで、最近は、短期売買を控え、相場の行方が確定するまで、監視している。

 

視点を大きくすることで、大きな流れを間違えないように…。

ということで、日足チャート。

 

今後の相場感? S&P500の日足チャート

VIX181103-1

 

↑トレンドラインとチャネルライン。

「ひげ」と「実体」で、ゾーンを描いている。(青色)。

 

ピンク線の下降トレンドラインは、かすかに、意識が残っているような気もする。

一応、残している。

 

また、移動平均線の群は、下に、向き始めている。

2月のVIXショックと状況が大きく異なり、「下落」を匂わせている。

 

どちらに、動くのか。

念のため、1時間足でも、見ておこう。

 

1時間足のS&P500

VIX181103-4

 

小さい視点での、下降トレンドラインに対する、リターンムーブ。

さらに、これまで意識されていた、MA200がサポートになっている模様。

 

今までの下落に対して、少し、エネルギーの向きが変わってきている?

結局のところ、今の状況では、上昇もあるし、下落もあるということか…。

 

下手な一手を、投じないことにした。

 

今後の3つのシナリオ

VIX181103-6

↑S&P500の日足。

 

3つのシナリオを立てると、

  1. 前高値を上に更新。
  2. 揉み合い。
  3. トレンドラインを下にブレイク。

といったところか。

 

為替だったら、③のリターンムーブでエントリーしたい。

それは、長期投資家のロスカット売りと、新規の売りが入るから。

 

うーん、株においては、そう簡単には起きないのかな。

米中間選挙も、ついに、明後日の夜。

 

水曜には結果が出る?

 

どうなることやら。

今、市場を監視できていることに、感謝しつつ。

 

将来の経験となれば。

>>GMOクリック証券CFD

 

おわりに

 

以上「【18年10月】VIX投資と今後の展望?」でした。

 

ボラが高く、迂闊なエントリーは危険ですね。

直ぐにエントリーしたくなる「ポジポジ病」を修正していきます。

 

そのためには、エントリーする、しないの判断が必要。

「見送る理由」を自分の言葉で説明できるように、鍛錬していきます。

 

気長に期待です。

とみます
今日も最後までありがとうございました。

sco180415-2

読者にも、幸あれ~

LINE@登録の方もよろしくお願いします。

主に、ブログ更新のお知らせです。

たまに、キャンペーンなども(*´▽`*)。

 

おかげさまで「787名」を超えました。

いつもありがとうございます。

 

これからもガンガン発信していきますので、どうぞよろしくお願いします。

うざかったらブロックしてください。

 

それでは、また。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です