4-86 【1万円投資】取引の最安値を目指す「WCX」に投資、今なら登録だけで「50WCX=550円」ゲット可

 

こんにちは、読者の富も増す、とみます(@20tomimasu)です。

 

今回も、身銭を切った「1万円」ICO投資シリーズです。

 

今回の投資先は「WCX」。

仮想通貨間の取引をとにかく安く行う、そんな格安手数料の取引所を目指すICOプロジェクトです。

 

「Zaif」やってる人だと、あまりすごさを感じないかもしれません。

今の「Zaif取引所」は「マイナス手数料」ですからね。私も「Zaifer(ヘビーユーザー)」です。

 

取引すればするほど、お金が増えていく。

まあ、異常です。だから、仮想通貨ユーザーとして、使わない手はありません。

(Zaifの開設は無料)

 

これにはちゃんと理由があって、Zaifビジネス的に「今はユーザーを増やすこと」に専念しているからです。

今は取引が「赤字」だろうと、将来的にリターンが見込めるからだそう。

 

ただ、個人的に不安なのが、いつ「値上げ」されるかわからないこと。

今はいいかもしれないが「いづれは上げてくるんじゃないのかな」って思っています。

これは取引所の勝手だから、ユーザーにはどうしようもありません。

 

だから、取引所の代替を事前に用意しておくことは、結構大事なわけでして。

ただ、今ある他の取引所って、かなり高い手数料を取っています。

だから、今回の新しい格安取引所の「WCX」に注目しているわけでして。

 

ってことで「WCXトークン」。金融の国「香港」発祥ということもあり、個人的には期待しています。

とみます
この内容は「仮想通貨ICOのWCX」についてです。

それでは、どうぞ。



 

WCXとは

 

いつものように、ホワイトペーパー(日本語)を読んで、まとめておく。

今回のは「ポップな」(軽い)感じのホワイトペーパーだった。

まあ、読みやすくていいだろう。

 

以下、WCXのポイント↓

  • 取引の手数料が格安 ⇒ トランザクションあたり「0.1%」
  • 既存の取引所は毎秒「5万件」だが、WCXは毎秒「100万件」の処理可能
  • ローンチ初日に「190ヵ国」で。
  • 「10WCXT=1USD」
  • WCXによる収入の「20%」がトークン所有者に自動的に支払われる
  • 登録だけで「50WCX=550円」をゲット

 

特に、最後の「登録プレゼント」がすごいわけで。

一種のマーケティング手法だが、こんなことされたら、みんな否応なしに登録するでしょ。

 

ってことで、早速、登録する。

 

 

WCXは信頼できるか

 

この「WCX」はどうなんだろ。

信頼できるのか。

 

ちなみに、今の段階で、「784,613人」が登録されているらしい↓

wcx-ico4

 

正直、

  • 簡単な作りのサイト
  • プロジェクトチームが不明
  • アドバイザーも不明

なので、信頼度は低い。

 

ただ、

  • 今後のロードマップは、思った以上にちゃんとしている。
  • 未販売のトークンは全て焼却される (⇒付加価値が付きやすい)

など、少しだけ期待できる面もある。

 

ってことで、1万円投資。

 

2018年以降には、取引所で扱う通貨が増えてくるっぽい。

そうなれば、取引所としての存在感が増してくるだろう。

 

 

WCXの買い方

 

改めて、WCXトークンの買い方をまとめておく↓

  1. 登録 (メアドとパスワード)
  2. ログイン後「WCXT」を購入する
  3. 買う量を決定して「支払いに進む」
  4. 送金アドレスが表示される
  5. Zaif(今はオススメ)から送金する

 

以下、気になったポイント↓

 

多く買えば買うほど、ボーナスが付く↓

wcx-ico2

↑ただ、ボーナスをもらうには、最低「2500WCXT=約2.8万円」なわけで予算オーバー。

カスタムってところがあったから、そこに「1000WCXT=約1万円」と打ち込んだ。

 

今回は、ボーナスなしで。

 

 

WCXが反映されない

 

送金後、こんな画面になった↓

wcx-ico3

が、今のところ、WCXのログイン後サイトに、その投資額が反映されていない。

 

よく読むと、10/31に発行されるらしい。

それまで、待機かな。

 

ただ、他のサイトでは、WCXに問合せしたら、反映されたそう。

 

まあ、トランザクションは残っているので、後でどうにでもなるだろう。

ってことで、私は放置。

 

10/31以降に反映されないようなら、問合わせる。

 

 

WCXの今後

 

1ユーザーとして、WCXの今後を、把握しておこう。

 

  • 2017/10/10 プレセール開始
  • 2017/10/31 ICO開始
  • 2018/1月 モバイルアプリ開発
  • 2018/3月 マージントトレーディング(証拠金ありの信用取引)

ってな、感じ。

 

最近、ICOが頻発しているが、このWCXはどうなるだろうか。

今月末の本セールが楽しみだね。それ以降も、長い視点で温かく見守っていく。

 

 

WCXトークン割合

 

ちなみに、WCXトークンの配布割合はこんな感じ↓

wcx-ico5

  • 8% ⇒ チームとアドバイザー
  • 5% ⇒ マーケティング (←登録プレゼントによるバラマキ分はここ)
  • 87% ⇒ 購入者分

 

この通り行けば、ユーザーにとって、かなり嬉しい配分。

 

さらに、最初に挙げたが、

  • WCXによる収入の「20%」がトークン所有者に自動的に支払われる

 

ってことは、この「WCX」もインカムゲインになり得る。

BANKERABitconnectに次ぐ「金を産むニワトリ」になり得るかもしれない。

 

そうなることを願いつつ。

 

 

おわりに

 

以上「1万円投資、取引の最安値を目指す「WCX」に投資、今なら登録だけで「50WCX=550円」ゲット可」でした。

 

まずは「登録」ですね。ゲットした「50WCX」が、将来「化ける」かもしれません。

こういうマーケティング手法っていいですよね。ユーザーが得するサービスを、これからも応援していきます。

 

少しだけ期待できそうなので、私は1万円投資しました。今月末の結果はいかに?

とみます
今日も最後までありがとうございました。

LINE@登録の方もよろしくお願いします。

 

10月も「ガンガン」発信しすぎ+読者も増えたため、もう発信上限に達してしまいました…。

なので、残りの10月は、優先度の高い内容を、選んで発信していきますが、たまに、覗いてくれると嬉しいです。

 

それでは、また。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です