「とみます」のプロフィール

20代会社員 / 理系院卒 / 身銭(みぜに)投資 / 投資ブロガー / ICO研究家

初めまして、読者の富を増す、とみますです。

tomimasu5

頭の上の動物は、家で飼っている、金を招く「猫さま」です。

フォロー(@20tomimasu)すると、金運がアップします。

 

最近で言うと、仮想通貨に投資した「15万円」は、「新車」の「軽」自動車を買えるくらいになりました。(評価額で)

 

Hello, I am writing a blog which make Japanese readers to be rich based on my investment experiences.

My articles are categorized money such as a real estate, a Nikkei 225 option, domestic/overseas Funds, a cryptocurrency or an initial coin offering and  a business.

‘The rich invest as if they had no money’ is my belief. (I am 28 years old.)

If any questions, please contact me. Thank you.

 

大学のとき

 

大学生3年生、ちょうど20歳のとき。

 

周りの友達が「就活」を始めた。

 

働くってどういうこと?」と疑問を持つようになり、これからの「自分の生き方」について、真剣に考えるようになった。

 

自分が「本当にしたい」ことは?

 

生きるには、ご飯を食べていくことが必須で、ご飯と交換できる「何か」が必要。

 

その「何か」は、今の時代だと「お金」。

↑いつでも交換ができて便利だからね。

 

ただ、その「お金」を得るには、他人に価値を提供し、その見返りとして「お金」をもらう必要がある。

 

でも「自分には、どんな価値があって、他人に自分の価値を、どうやって提供していくのか」がわからない。

 

悩んだ果て、今までの自分を見直してみることにした↓

 

私は、小さいときから「計算や数学」が大好きだ。

なにか「数」に関することで、他人に価値を提供できないだろうか。

 

その選択の1つとして、民間企業の研究職があることを知った。

とはいえ、民間企業に勤めるわけだから「会社員」になるわけ。

 

ん? 会社員って何だ?

 

給料マン?

 

調べてみると、会社員は「サラリーマン」と呼ばれるらしい。

 

サラリーとは「給料」のこと。

つまり、サラリーマンとは「給料マン」である。

 

「給料マン」は、企業に勤めて、その事業活動の利益から、生活費に充てるための「お金」をもらい、生きていく。

 

ん? 給料マンって、ずっと給料をもらえるのかな?

「給料マン」について、色々と調べてみた↓

 

関連記事【会社員の年収完全版、給料だけで何歳まで生きていけるかを検証してみた結果…

 

結果、給料マンは、

  • 「40歳まで」の毎月支出を「17万円
  • 「40歳から」の毎月支出を「25万円

の生活をした場合、

  • 60歳で引退できない

ということがわかった。

 

…ダメじゃん。給料マン。

私とイメージする生活とは、違うやんけ。

 

私は、

  • 自分の研究所も建てたいし、
  • 投資を教える学校だって作りたい

やりたいことは、たくさんある。

 

「金持ち父さん」の出会い

 

ふつーに給料マンとして生きた場合、60歳のリタイアは厳しい。

その上、研究所や学校を作るなんて、もっとムリ。

 

じゃあ、他の方法は無いのかな?

ってことで、色々な「本」を買って読んてみた。

 

その中で、一番「まじか!!」と思ったのがこの本↓

rich-dat2

ロバートキヨサキさんの「金持ち父さん貧乏父さん」。

 

自分の常識って、何なんだろうね。

「考え方」そのものが違っていたんだわさ。

 

そして、「金持ち父さんの考え方」を実践していく↓

 

「本物」の金持ち父さんを探す

 

といっても、最初は、右も左もわからない。

 

家族や親戚には「金持ち父さん」は、一人もいない。

 

じゃあ、自分で探すしかない。

インターネットを中心に、情報収集をした。

 

少しでも気になった

  • キャッシュフローゲーム会
  • 投資・経済に関するセミナー
  • 金持ち父さんがいそうな交流会

に、とことん参加した。

 

だが、街には「金持ち父さんの偽物」が、たくさんいた。

 

偽物は

  • 「必ず稼げる」
  • 「簡単に儲かる」

とか言って、マルチ商法を売っていた。

 

あるいは、私を学生だと知った途端、相手にしなくなった。

 

こんな奴らは「金持ち父さん」じゃない。

 

つらい場面も多々あったが、それでも、本物の金持ち父さんを見つけるべく、ただただ足を動かした。

 

その結果…

 

ついに「B(実業家)」と「I(投資家)」に属する人に、出会えた。

 

私は、「金持ち父さん」に、多くの質問をした。

本物の金持ち父さんは、色々なことを、教えてくれた。

 

そして、1人の金持ち父さんを中心に「B」と「I」の人脈が、どんどん広がった。

 

彼ら彼女らの話を聞くうちに「自分でも投資してみよう」と思うようになった。

 

だが…

 

結果の出ない「7年間」

 

金持ち父さんらの「言葉」や「行動」を参考に、自分でも投資をするようになった。

 

ただ、彼らの扱う、ビジネスや投資は、金額がでかすぎる。

 

まずは、手ごろに始めれる「日本株」にトライした。

↑10万円。

 

だが…

買った「銘柄たち」は「どんどん」下がっていった。

 

うひゃーっ

 

売るにも売れない。

↑これを「塩漬け」っていうらしい。

 

下がったときに買い増しできる方が有利、

だということに気づいた。

 

そこで、資金が少ない大学生時代は、投資からいったん距離を置くことにした。

その間は、少額の「積立投資」だけにし、専門分野の学問に集中するようになった。

 

給料マン「4年目」

 

修士課程を卒業。

その後、紆余曲折あったが、民間企業の「研究職」に就くことができた。

思考は現実化する。

 

そう。私は「給料マン」になったのだ。

 

給料マンは、毎月20万円が自分の口座に振込まれる。

(あれは、ホントだったのだ。)

 

今もそうだが、この「20万」から、投資を行っている。(もちろん、生活費を差し引いて。なので、実質10万円くらい。)

 

加え「給料マン」+「社会人3年目」という属性(銀行からの評価)を活かし、レバレッジを活かした不動産投資を行っている。

 

レバレッジは、簡単に言うと、the借金(しゃっきん)。

良いか悪いか、議論はあると思うが、すでに私は3,500万円以上の借金をしている。

 

それだけ「インカムゲイン」を得るために、色々と検証している。

インカムゲインとは「毎月の安定的な資産収入」のことで、一時的な利益「キャピタルゲイン」と区別される。

 

冒頭にも述べたが、社会の仕組み上、死ぬまで?働く時代に、突入している。

「投資をやれ」というわけではないが、ご飯を食べていく上で、勤労以外の収入があったら、かなり嬉しいわけである。

 

ちなみに、2017年の夏に、今まで「8年間」の全ての実績をまとめた↓

to-asset-management2

↑詳細は【社会人4年目、2017年夏の資産形成状況

 

まあ、20代は、

  • 生涯の軸となる投資を見極めるため
  • 自分に合った投資を知るため

に、とにかく行動している。

 

32歳リタイア

 

32歳でリタイアできる」状態を目指している。

 

なぜ「32歳」かというと、

  • 会社員としての将来の見極めができる?
  • 脳の能力が低下してくる

からだ。

 

図にすると、こんな感じ↓

profile15

30歳を越えてくると「脳」の能力は低下する。

 

一方、30歳を超えれば「自分の立ち位置」や「会社の将来性」が見えてくるだろう。

そのトレードオフが「なんとなく」32歳なわけで。

 

32歳には、

  • 「右にも左に行けるような」

あるいは、

  • 「勤労という働き方を見直す」

 

そんな「選択肢に充実した」状態になっていることを目指す。

 

達成すべき利回り

 

まあ、結局のところ「なんで期限を設けたか」というと、利回りが計算できるから。

期限内の目標を達成するために、取り得る投資戦略が変わってくる

 

冒頭に述べた同条件で、再度シミュレーションをすると、

  • 「32歳」の貯蓄が「770万円」になる。
  • 「32歳」から、月利運用「2.30%」が必須
  • 「40歳」から、月利運用「2.75%」が必須

だということがわかる。

 

その結果をグラフにすると、こんな感じ↓

profile14

32歳から70歳まで、線がフラットで、これは、収支が「とんとん」であることを意味している。

 

この間は「支出=インカムゲイン」で生きていく。

  • 32歳からの予定支出「17万円」 < 770万円 × 月利運用「2.30%
  • 40歳からの予定支出「25万円」< 770万円 × 月利運用「2.75%

 

70歳あたりから、80歳に向けて「グーンと」伸びているのは、複利の効果である。

安定した運用率をセーブできれば、指数関数的に増加していく。

 

これなら、年をとればとるほど、リッチになっていけるし、勤労に頼らず生きていける。

何より自分の時間を作ることができる。

 

結構、きつい

 

月利で2.30%か。

投資をかじったことのある人なら、無謀だと思うだろう。

 

年利にすると、

「月利 2.30%×12ヵ月 = 年利 27.6%」。

 

非常に高い。

 

ちなみに、誰もが知っているような、利回りを並べてみた↓

  • 銀行利息 年利 0.001%
  • 国債 年利 -0.002%
  • ソフトバンク社債 年利 2.03%
  • キャノン株の配当 年利 3.91%
  • ワンルームマンション投資 年利 4~6%
  • クラウドファンド 年利 5~10%

(適当に、高そうな銘柄を抽出)

 

「年利10%」を越えてくるような投資はほとんどない。

 

ということは、目標を達成するためには、これ以外の方法で「その分のリスク」を負わなければならない。

もちろん、上に書いたような、簡単な投資方法も取り入れていく。

が、それを上回る「資産運用」が課されている。

 

ブログで発信

 

その過程をブログで発信してく。

 

20代会社員の特徴である

  • 資本が少ない
  • 時間に制限がある

ことを取り入れ、

  • 資本を極力かけない
  • 時間をなるべく使わない

方法で、資産形成運用をしていきます。

(2017年夏「形成」から「運用」フェーズへ移行しました。)

 

資産「形成」に興味のある20代会社員は、過去のブログを、

資産「運用」に興味のある20代会社員は、これからのブログを

是非チェックしてください。

 

また、LINE@読者者へのアンケートによると、(詳しくはこちら)

  • ビギナーのための、はじめの一歩セミナーがあれば嬉しい。
  • 仮想通貨での成績開示が欲しい
  • いつも、解りやすい解説有り難うございます。
  • 様々な情報はありがたく、著者の誠実な人柄を感じます
  • リアルタイムなネタをこれからもどんどん提供していってほしいです。
  • とみますさんのようになれるように頑張っていきます。
  • 初心者ですがいつも読んで、考え方を勉強させてもらっています。

などの声をもらいました。

 

ブログを通じて「誰かの役に立つこと」は、とても嬉しいです。

いつもありがとうございます。

 

こんな人はお断り!!

 

ただし、下に相当する方は、絶対に登録しないでください↓

  • 目先の利益を求めている人
  • 直ぐにお金持ちになりたい人
  • 簡単に稼げる方法を知りたい人

 

その理由は、

私は、投資の「本質」を追求してきました。

 

投資の本質とは「将来を見据え、今できることを実践すること」だと考えています。

実際、そうやって身銭を切って実践し、これまで資産を築いてきました。

 

その過程では「時間」もかかるし「労力」もかかります。

今だからこそ、時間の「短縮」や、労力の「削減」ができますが、単なる興味本位では、絶対に資産は築けません。

 

そのため、上記に相当する方は、私の提供する情報が、単なる消費に終わってしまい「時間の無駄」ですので、LINE@登録は、絶対にしないで下さいね。

 

私の喜びはこれだ

 

ここまで読んで頂き、ありがとうございます。

ぜひ投資で成功して下さい。

 

結果の出ない時代を含め、8年間を振り返ってみると、

  • やってみたものの、投資結果は「いまいち」だ。
  • 色々な情報がありすぎて、「正しい方法」がわからない。

っていうことが多々あります。

 

それは、

投資に関する「知識」と「情報」が不足していることが、一番の原因です。

 

そこで、私のブログを通して、投資に関する「知識」と「情報」を身に着けて頂ければ幸いです。

 

その結果、

  • ちょっとずつ「結果」がでるようになったよ

という声を聞ければ、最高に嬉しいわけです。

 

(たまにWEBアンケートを行っています。「こうした方がいい」などのフィードバックは、自身の成長に繋がるので、とても嬉しいです)

 

それを継続することで、あなたの人生が、ちょっとづつ「豊かに」なることが、私の喜びです。

 

そして、豊かになるのは「あなた」だけでなく、あなたの家族、友達、同僚へと伝えていってください。

 

あなたの「豊かさ」が、

あなただけの「豊かさ」だけでなく、あなたの身近な人の「豊かさ」へ、

さらに巡り巡って、私や社会の「豊かさ」へ、繋がることを望んでいます。

とみます
投資の「知識」と「情報」を使って、幸せになる人を増やしてきましょー。

最後まで、ありがとうございました。

 

とみますのプチ情報

  • 平成元年生まれ。小さいときから「算数」と「お金」が大好き。
  • 地方国立大学の修士卒、今は「千葉」に住んでいる。
  • 趣味は海外旅行。今までに、カナダ、ドイツ、アメリカ、シンガポール、香港、韓国、グアムなど。
  • 性格は、真面目。アドリブ苦手。
  • 好きな言葉は、「ありがとう」「いまからここから」「身から出たさびと思えば心静まる」
  • 実は「身銭投資?」という本の出版を狙っている。
  • もっと言うと、研究所や学校を作ることも目標としている。