4-46 【理系院卒-会社員の年収完全版】給料だけで何歳まで生きていけるかを検証してみた結果…

 

こんにちは、読者の富を増す、とみますです。

今日は「会社員の年収」についてです。

 

「会社員はリスクだ!!」

とよく世間で言われますが、

本当なのでしょうか。

 

社会人4年目に突入したこともあり、

大学生のときに行った検証を、

もう一度ブラッシュアップします。

 

このブログを読んだ後のあなたは、

「生涯の会社員の生き方」について知ることができるでしょう。

 

まして、

若い20代会社員にとっては、

かなり参考になると思います。

 

30代以降の方は、

自分の年収と照らし合わせて、

考えてみてください。

 

とみます
この内容は「会社員の年収とリタイア」についてです。

 

それでは、どうぞ。



 

 

会社員の給料

 

まずは「給料」についてです。

 

会社員の生涯の収入のシミュレーションをしました。

「大学院卒男性」をイメージしています。

 

前提条件は、こんな感じです↓

  • 1年目の手取り「毎月20万円
  • 手取りボーナスは「毎月の手取り×12か月×20%
  • 毎年の昇給率は、毎月の手取りに対して「3%
  • 50歳から昇給なし
  • 55歳からの減給率は、毎月の手取りに対して「1%

 

計算結果、こんな感じになりました↓

社会人 参考年齢 毎月の手取り 手取りボーナス 手取り年収
1年目 25歳 20万円 48万円 288万円
2年目 26歳 20.6万円 49.4万円 297万円
3年目 27歳 21.2万円 50.9万円 305万円
5年目 29歳 22.5万円 54万円 324万円
10年目 34歳 26.1万円 62.6万円 376万円
20年目 44歳 35万円 84.2万円 505万円
30年目 54歳 47.1万円 113.1万円 679万円
40年目 64歳 44.3万円 106.5万円 639万円

 

 

「去年」の私は「社会人3年目」。

年末にもらった「源泉徴収票」を見ると、大体合っています。

 

グラフにするとこんな感じです↓

profile5

 

念のため、厚生労働省が報告している「毎月の給料」のグラフと比較します↓

profile4

出典…平成27年賃金構造基本統計調査の概況

(すみません。女性の方は、上記リンクからご確認ください。)

 

傾向だけでなく、金額も「ほぼ一致」しています。

 

会社員の「収入イメージ」を持つができました。

 

 

会社員の貯蓄と支出

 

次に、会社員の「貯蓄」と「支出」について、です。

 

前提条件は、

  • 院卒のため、25歳から貯蓄開始。
  • 「40歳」まで、今までの生活を参考にし、毎月の支出は「17万円」とする。内訳は「家賃、生活費、奨学金返済費、自己投資費(本, 英語, セミナーなど)」。
  • 「40歳」から、子供の学費が必要なため、毎月の支出は「25万円」とする。(あくまで勝手な予定)
  • なんだかんだ言って「ボーナス」は、景気の波を受けるので「あったらいいな」程度に考え、計算に入れない。
  • 同様に、数十年後の「退職金」は、「あるかどうかもわからない」ので、計算に入れない。
  • 同様に、数十年後の「年金」も、「あるかどうかもわからない」ので、計算に入れない。
  • 社会背景を基に、70歳まで働くとする。
  • 先ほどの計算条件の「毎月の手取り」から「毎月の支出」を引いた値を「貯蓄」とする。

 

これを基に、貯蓄カーブを描いてみました↓

profile7

貯蓄は、それぞれ

  • 30歳で、約500万円。
  • 40歳で、約2000万円。
  • 50歳で、約4000万円。
  • 60歳で、約6500万円。
  • 70歳で、約8500万円。

の見込みとなりました。

 

 

70歳のリタイア

 

今の日本を考えると、かなり不安ですが、

仮に「70歳で引退できた」と仮定します。

(もしかしたら、もっと働く時代になっているかもしれません。)

 

リタイア後も、支出「25万円」は変わらないものとします。

その場合、「25万円×12か月=300万円」を1年に消費することになります。

グラフだと、こんな感じです↓

profile8

70歳から、下へ「ぐっと」減ります。

 

今の男性の平均寿命が約80歳です。

(女性は約87歳です。)

 

80歳のところを見てみると↓

profile10

貯蓄「約5500万円」残して、死ぬことができます。

家族の皆から「尊敬」されることでしょう。

 

軽くまとめます。

  • 40歳までの毎月支出を「17万円」以内にする。
  • 40歳からの毎月支出を「25万円」以内にする。
  • 70歳まで働く

とした場合、

 

会社員として生きていける

ことがわかりました。

 

次に…

 

60歳のリタイア

 

「60歳」のリタイアはどうでしょうか。

同じ条件で、シミュレーションしました↓

profile11

(前提条件は

  • 40歳までの毎月支出を「17万円」以内にする。
  • 40歳からの毎月支出を「25万円」以内にする。
  • 70歳60歳まで働く

です。)

 

この場合、80歳のときに、貯蓄が「約500万円」あります。

 

ですが…

 

もし仮に、85歳まで生きた場合、マイナス1000万円です↓

profile12

借金をしたまま、死ぬことになります。

残された家族から「恨まれる」かもしれません。

 

「それは…

ちょっとしんどい。」

 

最悪なことに、

これからの「医療制度の充実化」により、

もっと長生きする人は増えてくるでしょう。

 

そのため、

60歳の引退は「ぎりぎり」、

むしろ「アウト」かもしれません。

 

(だから、60歳を超えても、働く人がいるんですね…)

 

 

「会社員」まとめ

 

「会社員」について、まとめます。

 

大学時代に

  • 「会社員」って、大丈夫なの?
  • 「サラリーマン」って、生涯食べていけるの?

このような不安を感じました。

 

そこで、シミュレーションをしてみました。

 

その結果、会社員は

  • 「40歳まで」の毎月支出を「17万円
  • 「40歳から」の毎月支出を「25万円

の生活をした場合、

  • 70歳60歳で引退するには「ぎりぎり」、むしろ「アウト」

だということがわかりました。

 

 

大学時代に出会った「金持ち父さん」

 

60歳のリタイアで「ぎりぎり」、

いや、むしろ「アウト」なんだ。

 

正直言うと、

  • 「支出」を気にしないで生きてみたい

という自分がいます。

 

そのうえ、

計算通りに「給料が増えていく」ことって…

私には想像できません。

 

そこで、大学生のときに、

会社員以外の生き方」を考え始めました。

 

そんな時、出会った本がこれです↓

rich-dat2

ロバートキヨサキさんの「金持ち父さん貧乏父さん」です。

 

この本は、今までの「私の常識」を一転させました。

自分の根底にある「考え方」そのものが違っていたことに、

気付かせてくれたのです。

 

そのため、今書いているこのブログも、

「金持ち父さん」の影響が強く反映されています。

 

そして、私はこの「金持ち父さん」を実践してきました。

その最近の結果が、これです。

to-asset-management2

 

今年の年末に向けて、より詳細のレポートを作っています。

 

 

32歳リタイア

 

「60歳とか想像できない」。

私もそう思います。

 

特に、ここまでたどり着いた「あなた」は、

給料以外の収入構築を模索しているはず。

 

なので、

私の直近の目標を書いておきます。

 

私は「32歳でリタイアできる」状態を目指しています。

 

なぜ「32歳」かというと、

  • 会社員としての将来の見極めができる?
  • 脳の能力が低下してくる

からです。

 

図にすると、こんな感じです↓

profile15

30歳を越えてくると「脳」の能力は低下します。

一方、会社での「自分の立ち位置」がわかるし、

会社自体の「将来」と「期待値」がはっきりすると推測しています。

 

そのトレードオフが「なんとなく」32歳なわけです。

 

32歳には、

「右にも左に行けるような」

あるいは、

「勤労という働き方を見直す」

 

そんな「選択肢に充実した」状態になっていることを目指します。

 

 

具体的な目標値

 

「32歳までに」

という期限が決まると、

達成すべき「運用利回り」が決まります。

 

冒頭と同じ条件で、再度シミュレーションをすると、

  • 「32歳」の貯蓄が「770万円」になる。
  • 「32歳」から、月利運用「2.30%」が必須
  • 「40歳」から、月利運用「2.75%」が必須

という結果が得られました。

 

グラフにすると、こんな感じです↓

profile14

32歳から70歳まで、線がフラットです。

これは、収支が「とんとん」であることを意味してます。

 

この間は「支出=インカムゲイン」で生きていきます。

  • 32歳からの予定支出「17万円」 < 770万円 × 月利運用「2.30%
  • 40歳からの予定支出「25万円」< 770万円 × 月利運用「2.75%

 

また、複利の効果で、70歳以降の「貯蓄」は「指数関数的に」増加しています。

 

男性の平均寿命である「80歳」のときには、

「7500万円」まで貯蓄可能です。

 

 

ブログで発信

 

その過程を、これからもブログで発信していきます。

 

20代会社員の弱みである

  • 資本が少ない
  • 時間に制限がある

特徴を生かしつつ、

  • 資本を極力かけない
  • 時間をなるべく使わない

方法で、資産運用をしていきます。

 

幸いなことに、2017年の夏、

「資産形成」から「資産運用」フェーズへ移行しました。

(私が勝手にそう言ってるだけです。)

 

資産「形成」に興味のある20代会社員は、過去のブログを、

資産「運用」に興味のある20代会社員は、これからのブログを

是非チェックしてください。

 

 

おわりに

 

以上「【理系院卒-会社員の年収完全版】給料だけで何歳まで生きていけるかを検証してみた結果…」でした。

 

結果、

ふつーに生きていたら、

60歳のリタイアは「ぎりぎり」、むしろ「アウト」

だということがわかりました。

 

ただ、人生は「リタイア」がどうこうというよりも、

人生をどう生きたか」が大事だ思いますので、

1つの参考例として頂ければ幸いです。

 

今日も最後までありがとうございました。

初めて見る方は、LINE@登録の方もよろしくお願いします。

 

9月中には、読者感謝祭の特典レポートを配布する予定です。

 

それでは、また。

 

LINE@登録で直ぐに受け取るプレゼント(無料)

現在「LINE@登録」して頂いた方に「金持ち父さんの実践書 20代会社員 入門編(PDF20枚)」をプレゼントしています。

~もくじ~
1. 20代が知っておきたい日本のこと
  1.1 日本のこれからの人口推移
  1.2 日本の財政推移
  1.3 20代の年金問題
  1.4 日本の絶対的な政策目標

2. 20代がこれから生きる上で知っておきたいこと
  2.1 生きていくのに必要なおカネ
  2.2 20代が賢くおカネを増す方法
  2.3 20代は年利1%も難しい…
  2.4 身銭をきる必要性

3. とみますのリアルなCFについて
  3.1 海外金融商品のリアルなCF
  3.2 1区分所有のリアルなCF
  3.3 225オプションのリアルなCF
  3.4 投資×ブログのリアルなCF

4. おわりに


【プレゼントを受け取るには】
公式ライン@登録後「とみます」より送られてくるメッセージから、指定されたpdfのダウンロード(無料)を行い、お受け取り下さい。

公式ライン@登録はこちらから↓↓
友だち追加

【利用者の声】
読者アンケートでは「インターネットからの登録」が「85%」で、「満足していない割合」は「15%」とのことでした。現在、55人の方が登録しています!!

【よくある質問】
Q. LINEでの個人情報が心配です。
A. LINEの会社が管理しているため、私が個人を特定するような情報を知ることはありません。登録者のプロフィール画像や名前もわかりません。

【こんな人はお断り!!】
・目先の利益を求めている人
・直ぐにお金持ちになりたい人
・簡単に稼げる方法を知りたい人

私は、投資の「本質」を追求しています。
投資の本質とは「将来を見据え、今できることを実践すること」だと考えています。
実際、そうやって身銭を切って実践し、これまで資産を築いてきました。
なので、上に書いた内容にあてはまる人は、絶対に登録しないでください。

【さいごに】
これからも「金融」の「知識」をどんどん発信していきます!!それでは、また。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です