管理会社からの電話、嬉しい話と悲しい話!

 

とみます(@20tomimasu)です。

 

1号アパートの管理会社から電話が。

嬉しい話と悲しい話、どっちから聞きますか?

 

交渉でよくあるやーつ。w

嫌な予感を察しながら…

とみます
この内容は「管理会社のお知らせ」についてです。

 

①悲しい話から

 

まずは、悲しい話から。

  • 102号のBさんが、10月末に退去される

とのこと。

 

おえ。

ここに来て、退去ラッシュ?

 

というか、前回の、初めての退去は、

  • 身寄りのない自然死

と、とんでもない経験をしたのだが。w

 

ようやく、普通の退去を経験することに。

 

まあ、薄々感じていたのだが。

というのも、隣室のDIY原状回復をしている時に、横から電話が聞こえてきており。

 

  • 建物入口の階段の高低差がきつく…

Bさんは、生活保護者。足が悪く、上り下りに苦労していた。

 

どうやら、新しい住まいを見つけたみたいで。

なんだか、ホッとした気にも。

 

70歳以上の方なので、

孤独死や玄関入口での怪我を心配していた。

 

新しい住まいを見つけるのに苦労しそうな気はしていたが、

今回の連絡を受けて、新住居が見つかったのことで、ホッとしたのよね。

 

10月末に退去なので、

それ以降の、その部屋の家賃収入はゼロになってしまうのは、残念だけど。(泣)

 

また、DIYによる現状回復が始まるのね。w

今度は、部屋の状態がキレイだと良いな。(多分、汚い。)

 

②嬉しい話

 

前回、2階の浴室からの水漏れが発覚した。

それにより、真下の部屋のユニットバスの骨組みが、全体的に、たわんでしまい。

 

リフォーム業者曰く、フル交換が推奨され。

そこで、管理会社経由にて、火災保険申請を進めていたのだが…

 

満額OKとのこと。(*´▽`*)パチパチ。

今回、新規のユニットバスを取り付けることに!

 

築古なアパートだけど、1室の中身は、ほぼほぼ新しくなり。w

工事に日数が掛かってしまうけど、入居付けの強いアピールになるので、総じてプラスだね。

 

身寄りのない自然死だったので、大家自身が全て、負担を被ったが…

不幸中の幸いということで。w

 

今後のスケジュールとしては、

102号の退去日前に、内見をできる状態にできると良いな。

 

現在の空室は、8部屋中2室に。

 

おわりに

 

以上「管理会社からの電話、嬉しい話と悲しい話!」でした。

 

DIYによる原状回復が主なので、退去のタイミングが2ヵ月ずれただけでも、ありがたく。

これで、1号アパート8部屋中5部屋目のDIY修繕になるのよね。まるで、再生大家で。w

 

1号アパートを売るときは、高く売れるに違いない。

(多分、そんなに甘くない。)

とみます
今日も最後までありがとうございました。

sco180415-2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です