退去部屋の天井ジプトーン板の塗装に着手開始!

 

とみます(@20tomimasu)です

 

1号アパート退去部屋のDIYに着手開始です。

隣部屋の新規ユニットバスの進捗も確認しながら…

 

まずは、天井ジプトーン板の白色塗装を。

にわかに人気が出始めている、嫁DIYシリーズです。

とみます
この内容は「天井ジプトーン塗装」についてです。

 

隣室のユニットバスの進捗

 

自然死+水漏れのあった部屋は、

色々と問題が発生していたため、まだまだ修繕中。

 

残るは、業者による作業だが、

まずは、ユニットバスの進捗確認を。

 

103UB211103-1

↑ユニットバスが取り付けられ、新しい扉が備え付けられており。

 

103UB211103-2

↑ユニットバスの土台。

高さを調整するために、根太で台が造作されており。

 

103UB211103-3

↑中の状態を覗くと。

おぉー、浴槽も備え付けられ。

 

新品は良いね。

こっちの部屋は、完成までもう少し!

 

天井ジプトーン板の1回塗り

 

んで、本題。

最近、退去のあった部屋を進めていこう。

102toso-ceiling211103-1

↑キッチン部屋の天井は、ジプトーン板。

左奥の板の色が違う。一度、貼り替えされているようだ。

お風呂場に近いことから、湿気で腐食でもしたのかな?

 

天井は、白色ペンキで塗装していくことに。

102toso-ceiling211103-2

↑ノボクリーンの一斗缶。

この量で、1Kの4部屋分に対応できた。

 

今回、ちょうど無くなったので、新規に購入。

約7000円ちょい。

DIYだと、原料費だけで済むから、安いのよね。

 

102toso-ceiling211103-3

↑ローラーで塗り広げ、刷毛で細かい部分を塗っていく。

 

102toso-ceiling211103-7

↑まずは、1回塗り。

 

電気を繋いだので、トイレを確認できる。

102toso-ceiling211103-4

↑やはり、キレイに使われており。

 

102toso-ceiling211103-5

↑中もキレイ。便器は、空室クリーニングの対応だけで、OKそうだ。

 

102toso-ceiling211103-6

↑そして、天井。

 

ん?

若干、隙間があるな…

 

102toso-ceiling211103-8

↑程度を見るに、釘の固定が弱くなったのだろう。

 

102toso-ceiling211103-9

↑増し打ちで、対応。

 

102toso-ceiling211103-11

↑その後、一回塗り。

ジプトーン板は、特有の穴の隙間があるので、塗りにくい…

 

天井ジプトーン板の3回塗り

102toso-ceiling211103-10

↑3回塗ると、汚れは目立たなくなり。

 

102toso-ceiling211103-12

↑トイレ部屋も。

天井を見る機会は、ほとんど無いので、これで十分♪

 

102toso-ceiling211103-13

↑ちなみに、乾燥時間は、ドア枠などの部分をぬりぬり。

少しずつ、退去部屋も進めていく。

 

おわりに

 

以上「退去部屋の天井ジプトーン板の塗装に着手開始!」でした。

 

天井の塗装から始める理由は、

壁紙やクッションフロアを全て貼り替えるため、多少ペンキで汚れてもOKなため。

工程スケジュールを立てやすいのがDIYでの強みであったり。

 

1ヵ月くらいかけて、募集できる状態に持っていければ。

とみます
今日も最後までありがとうございました。

sco180415-2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です