DAR(Mines of Dalarnia)とは、BinanceのLaunchpoolが始まったので脳死で投資

 

とみます(@20tomimasu)です。

 

Bincance取引所の新しいLaunchpool(ローンチプール)案件です。

$DAR、Mines of Dalarnia (ダラルニアの鉱山?)という、マイニング系のゲームらしく。

 

鉱山を購入して、一種の不動産投資みたいなことも?

テストネットで遊んでみましたが、スーファミを思い出しました。w

 

仮想通貨×脳死で投資シリーズです。

Binanceで余らせている暗号資産を、さらに運用していきます。

(原資を回収していない方は、マネしないでね。)

とみます
この内容は「Dalarniaゲーム」についてです。

 

BinanceのLauchpad、5日で…

DAR211029-1

>>https://launchpad.binance.com/en/launchpool/DAR_BNB

 

Binance取引所にログイン後、

  • メニュー→Lanchpad

から、確認できる。

 

預け入れることができる暗号資産(仮想通貨)は、

  • BNB
  • BUSD

の2種類。

 

募集開始直後5日間運用した結果…

DAR211102-9-5

↑試しに、両方の通貨で、計50万円ほど投下してみた。

5日後、確認してみると

  • 計 5 DAR

ほど、獲得しており。

 

明日、上場するので、

どれだけの価格で売買されるかを楽しみにしつつ。

 

んで、一体どんなゲームなんだ?

軽く触ってみた。

 

Mines of Dalarnia (ダラルニアの鉱山?)とは

DAR211102-1

引用…https://www.minesofdalarnia.com/

 

↑早速、ウェブサイトに行ってみると。

  • PLAY NOW

で、遊んでみる。

 

DAR211102-5

↑いつかの鉱山先を選択できるみたい。

testnetということもあり、1つだけ。

  • Free Zone (無料ゾーン)

を選択。

 

$マークがあるので、後々、有料の鉱山エリアが出てくるのだろう。

そこでの鉱山者の報酬の一部が、鉱山の持ち主(大家)への報酬となる感じかな。

 

DAR211102-6

↑プレイ画面。(Alpha 0.1.2)。ロードが長い時も多々あった。

 

ロックマンのように、2次元で進んで行くゲーム?

スーファミを思い出したわ。

 

扱うキー数は少なく、用意に遊ぶことができる。

ざっと、

  • つるはしを使って壁や床、天井を壊していく。
  • リアリティのある鉱石をゲットする。
  • 時間制限内に、ワープゾーンに辿り着き、生還する。
  • 持ち帰った鉱石を集め…、鉱山を買う!? (あるいは、現金化。)

といった感じ。

 

まあ、どうなんだろ。w

他のブロックチェーンゲームと比べて、凝った感じはしない。

単純すぎるので、私はハマらないかな…

 

ただ、スマホでポチポチするほど、簡単でも無い。

それなりの手作業がいるので、内職に近い印象で。w

 

まあ、play to earn として、注目するかもね。

来年には、ステーキング機能も実装予定で、GameFiとしても期待していければ。

何より、今の開発段階で、Binanceで取り扱われるのが大きい…

 

おわりに

 

以上「DAR(Mines of Dalarnia)とは、BinanceのLaunchpoolが始まったので脳死で投資」でした。

 

ようやく今年になり、NFTが流行し始め、その先に、GameFi(ゲーム+金融)とみている。

色々と先進的に開発がなされていて、この業界は、全く飽きませんね。w

 

少しずつ、情報をアップデートしていければ。

とみます
今日も最後までありがとうございました。

sco180415-2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です