火災報知器(警報器)の取付DIY

 

とみます(@20tomimasu)です。

 

火災の死亡理由として、逃げ遅れが45%も占めるそうで。

火災に、いち早く気づくために。

 

火災報知器(警報器)を自分で取り付ける方法について。(というか、義務付けられている。)

思ったよりも簡単で。

 

乾電池なので、電気工事の資格も必要なし!

それでは、どうぞ。

とみます
この内容は「火災報知器DIY」についてです。

 

火災報知器(警報器)は天井のどこに?

 

火災報知器の取付場所について、このサイトが参考になった↓

>>日本火災報知器工業会/ 警報器の取り付け方法

 

ポイントだけを抜粋すると、天井に取り付ける場合、

  • 壁から60cm以上
  • エアコンから150cm以上

離す必要がある。

 

個人的に、電気から60cmくらいの箇所に↓

kasai210913-8

 

というか、今回の場合、賃貸物件なので、すでに取りけられた箇所に、取り付けた。w

(ちゃんと上記の条件を満たしてる。)

 

手順をメモしておこう↓

 

火災報知器(警報器)を自分で取り付ける方法

kasai210913-1

↑近くのホームセンターで買ってきた。

煙タイプと熱タイプがあるが、それぞれ↓

  • 煙→居室
  • 熱→キッチン

と違いがある。

 

今回は、居室に取り付けていくので、煙タイプ。

お値段は、1980円!! (税込)

 

これで、生存できるものなら安いもの!!

ちなみに型番は、

  • HS-JV2

 

kasai210913-2

↑早速、開封すると。

  • 本体、ネジ、取説、電池、ネジ

が出てきた。

 

kasai210913-3

↑まず、付属のアンカーと呼ばれるネジを、天井に差し込んでいく。

電動ドライバーがあると、便利。

 

kasai210913-4

↑次に、本体のフタ部分を取り付けていく。

先ほどのアンカーのところに、付属のネジを打ち込んだ。

 

kasai210913-5

↑付属のヒモを本体に取り付ける。

これを3秒引っ張ると、音が鳴る。テスト用だ。

それから、もう1回、引っ張ると、音が止む。(誤報の時は、このヒモを引っ張れ!)

 

kasai210913-6

↑付属の電池を取り付ける。

 

kasai210913-7

↑完成。

ヒモが長いと、内見時のジャマになるので、程よい長さに結んでおき。

 

おわりに

 

以上「火災報知器(警報器)の取付DIY」でした。

 

ようやく、部屋らしくなってきました。

すでに、1ヵ月経過してしまいましたが。w

 

少しずつ、美部屋にしていければ。

とみます
今日も最後までありがとうございました。

sco180415-2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です