4-11 17年04月のブログ集客実績について、そこから読み解く「私の強み」

 

こんにちは、読者の富を増す、とみますです。

4月も終わり、5月に突入しました。

ワードプレスに移行してから1年が過ぎ、ビュー数やユーザー閲覧数が少しずつまともな数字になってきました。

ブログ集客スキルは立派な資産ですので、読者の皆さまにも、ここでシェアしていきます。

先月のデータ数について。



 

 

先月のページ閲覧数&ユーザー数と記事数について

 

では、さっそく↓

先月の閲覧数とユーザー数がこれだ↓

 

月日 PV 記事数 (今月) 記事合計
17/01 1728 1017 +7 133
17/02 1339 840 +4 137
17/03 1985 1137 +5 142
17/04 2279 1290 +10 152

 

 

先月のページビュー数(PV)は2279回

そして、ユーザー数は1290人であった。

(Google アナリティクス調査)

 

2月は日数が少ないため、数を稼げなかったのだろう。

それを除けば、今までの推移は、順調だ

 

記事数が150回を超えて少し驚きつつ、

まあ最初の方のライティングはひどかったけども…(´・ω・`)。

 

週一。

それをペース配分として、やってきた。

私のテーマは「20代会社員でもできる資産形成」に関することだから、内容が伴うまでにに時間がかかる

 

ただ、このペースでやってきたにも関わらず、

これだけ結果が出せたのは、コンテンツ勝負にこだわったからだろう。

 

 

データから読み取る「私の強み」

 

今までの記事数の蓄積が、

何もせずとも、働いてくれる。

 

もちろん、これからも、

今までに仕掛けた「投資案件の種」がこれから咲いたり、咲かなかったりするので、

その成功や失敗を読者と共有していくつもりでいる。

 

私の強みは、

20代会社員にも関わらず、自分で資産形成を研究し、

実際に自分で毎月プラスの資産収入を作り上げたこと。

 

おそらく、

他にもそのようなツワモノがいると思うが、

それをインターネット上でシェアしている人は少ない。

 

一方、インターネット上の情報でよくあるのが、

事業者よりの不動産投資だったり、(最悪な場合、事業者が提供している)

証券会社よりの投資信託だったり、だとか。

 

あとは、個人ブロガーによる「ふるさと納税」や「日本株」の情報である。

確かに、私もそれらの手法を利用している。

 

ただ、それらは、毎月収益を上げる類いのものではない。

 

そういった点でこのブログは他を凌駕しており、

記事数が少なくとも、Google検索からのユーザーを着実に獲得できたと推測している。

 

 

おわりに

 

以上「17年04月のブログ集客実績について、そこから読み解く「私の強み」」でした。

今までの記事数の蓄積が、何もせずとも、働いてくれる。】これが、「ブログが資産だ」と言われる所以だと、なんとなくわかり始めた気がします。

読者の皆さまも、そういった点でインターネット上の情報を見てみてはいかがでしょうか。

 

今日も最後までありがとうございました。

初めて記事を見る人は、読者登録の方もよろしくお願いします。

登録者には惜しみなくコンテンツをプレゼントしていますので。

 

 

ライン登録で直ぐに受け取るプレゼント(無料)

とみますに興味を持っていただき、ありがとうございます。
現在「ライン登録」して頂いた方に限り、「金持ち父さんの実践書 20代会社員 入門編(PDF20枚)」をプレゼントしています。

~もくじ~
1. 20代が知っておきたい日本のこと
  1.1 日本のこれからの人口推移
  1.2 日本の財政推移
  1.3 20代の年金問題
  1.4 日本の絶対的な政策目標

2. 20代がこれから生きる上で知っておきたいこと
  2.1 生きていくのに必要なおカネ
  2.2 20代が賢くおカネを増す方法
  2.3 20代は年利1%も難しい…
  2.4 身銭をきる必要性

3. とみますのリアルなCFについて
  3.1 海外金融商品のリアルなCF
  3.2 1区分所有のリアルなCF
  3.3 225オプションのリアルなCF
  3.4 投資×ブログのリアルなCF

4. おわりに

ライン登録後「とみます」より送られてくるメッセージから、指定されたpdfのダウンロード(無料)を行い、お受け取り下さい。

ライン登録はこちらから↓↓
友だち追加

【ライン登録のメリット】

①「定期的なブログ更新情報」+「一言とみますコメント」を受け取ることで、「プラスの投資収入実績」を出すために必要な知識を得ることができる。

②個人を直撃するような経済や金融ショックが起きた場合に、その概要と解決策をタイムリーに入手できる。

③有料コンテンツを販売しているが、ライン登録者には事前にプレリリースとして、一部あるいは全てを共有しているため、無償で有料コンテンツを入手することができる。


メールアドレス登録も始めました。どうしてもラインは…という方は、こちらから↓↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です