契約ベースで満室に! 賃貸契約後のキャンセル予防策?

 

とみます(@20tomimasu)です。

 

管理会社からの電話が。

このシーズンの問い合わせは…

 

契約が決まっても、

前回みたいに、キャンセルもあるので、油断せずに。

 

2021年、2部屋の退去が発生

 

2021年夏までは、満室だったものの、

退去が2部屋発生した。

 

DIYにて、

  • 現状回復(兼バリューアップ工事)→内装の差別化

を実施してきた。

 

年が明け、

そろそろ引越しの繁忙期か。

 

直ぐに、2部屋の契約が決まり。

 

家賃も強めの設定なので、

内装の差別化が効いたのかな(*´▽`*)。

 

ところがどっこい。

最初の人は、引越延長からの契約キャンセル。

 

くー、

そんなこともあるのよね。

 

一方で、もう1部屋は、無事に入居が完了した。

ふー。

 

残1部屋の入居契約が決定

 

管理会社からの電話が。

  • 契約書の関係かな?

と電話に出ると、もう1部屋の契約が決まったらしい。

 

保証会社も審査合格とのことで。

おぉー!!

 

この連絡は、何度聞いても、嬉しいね。w

ただ、キャンセルパターンもあるから、入居するまでは、油断できない。

 

しかも、今回の入居者の引越予定日が、3週間後。

んー、ちょっと長いね。

 

入居前までに、契約キャンセルされると、

空室損になるのか…

 

と、頭を過ったが、

  • よろしくお願いします!

と伝えて置き。

 

向こうも察してか、

  • キャンセルされないようにします!

と、回答してくれて。w

 

でも、キャンセル予防って、どうすればいいんだろ?

 

賃貸契約後のキャンセル予防策

 

思い浮かんだアイデアを。

  • 契約書に、機会損失を理由に、キャンセル料を明記する。
  • 引越し前に、鍵を渡し、簡単な荷物の出入りをOKにし、荷物を担保にする。(トラブルも起きそうだな…)

 

前者は、良さげ。

後者は、リスクが高いし、不動産会社が毛嫌いしそうだな。

 

こうやって考えてみると、

なかなか手の打ちようが無い…?

 

契約書の場合は、

事前に、文面を管理会社に説明する必要があるので、次回以降に、相談してみよう。

(今回の場合は、時すでに遅し。)

 

まあ、極論、

  • キャンセルされても、直ぐに決まるような、部屋の状態と賃貸条件にしておく

ってことなのか?

 

その辺が、賃貸経営の難しいところで。

色々と、試行錯誤しながら、大家業を確立していければ。

 

おわりに

 

以上「契約ベースで満室に! 賃貸契約後のキャンセル予防策?」でした。

 

リスク管理は、トレードに限らず、事業でも、とても大切で。

なかなか、手の打ちようの無い契約キャンセルるですが…

 

何かアイデア有ったら教えてください。w

それでは、また。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です