DeFiが有りすぎて困ったときは、LoanScanで比較できる

 

とみます(@20tomimasu)です。

 

DeFi運用を調べていると、プラットフォーム? サービスが有りすぎて、どれを使っていいのか悩む。

できるだけ、高利回りが望ましいし…

 

そんな時に、

  • LoanScan

に辿り着きました。

 

サービスと利回りを一望できます。

今は、イーサリウムネットワークだけですが。

 

LoanScanを触ってみよう

 

公式サイト

 

とてもシンプルなサイトなので、見てもらった方が早い。w

こんな感じに表示されており↓

loanscan220209-2

 

EARB YIELD

→Crypto U.S. Dollars (USDのステーブルコイン)

→Crypto (ETHなど)

を、タブとして選択でき、その下にプラットフォームと利回りがズラリと表示されており。

 

おぉー、

めちゃ見やすいね。

 

今は、

  • Maple Finance
  • ICONFi

などが10%くらいの利回りで。

 

逆に、高すぎて、不安になるが。w

多分、それなりにリスクが高いのかな、最悪、預金消失みたいなこともありえそう。

 

なので、その辺のリスクリターンを鑑みて、適切なプラットフォームを選択していくといった使い方か。

プラットフォーム名を選択すると、URLリンクが設定されているので、直ぐに公式サイトを確認できて、便利だね。

 

LoanScanとは

 

Medium

  • https://medium.com/@LoanScan

に詳しく書かれており。

 

2019年から、更新が途絶えているので、

頓挫したのかな?

 

と思ったけど、

Discordに入ってみると、運営元は、

 

今も活動されており、

最近は、walletのサービスを提供しているみたい。

 

へー。

国内でいうと、tokenPocketみたいな存在か。

スマホのアプリ1つで、各DeFiにアクセスできるので、本当に便利な世の中になったものだ。

 

んで、話を戻すが、

LoanScanとは、

  • オープンプロトコルでの貸付活動を表示するプラットフォーム

とのこと。

 

また、Ethereumブロックチェーンにクエリを実行し、

APIを介して簡単に利用できるようにデータを処理できるサービスもあるみたい。

 

自分でアプリサービスなどを開発する時は、こういった使い方もできるのか。

前回のVolmex(暗号資産のVIX)も、そういえば、APIを公開していたような。

 

何か、自分が確認したい指標を、表示させるようなサイトがあると便利なのだが。

言語から学んで、自作するのも、楽しそうね。

 

うん、イーサリウムネットワークだけでは物足りないから…

ここで表示されているのでも、ほんの一部なんで。

 

現在のDeFi運用

 

ちょうど10日前に、CAKE運用を始めた。(これは、BSCネットワーク。)

>>年利63%!? PancakeSwap運用の始め方とリスク

 

今確認してみると、

  • 3000円くらいのCAKE

を得ており。

 

元手、20万円なので、

  • 10日利回り1.5%
  • →月利4.5%
  • →年利54%

 

まあまあ、近い所に行きそうだな。w

というか、狙い通り? CAKE自体の価格が+10%上がっているので、キャピタルゲインの含み益の方がでかいわ。

 

んー、

やっぱり、DeFiよりも、アルトコイン取引の方が稼げるのか。

 

まあ、また節目が来るまでには、方針を決めておけばいいだろう。

その時に、果敢に攻めれるように、情報収集を抜かりなく!

 

おわりに

 

以上「DeFiが有りすぎて困ったときは、LoanScanで比較できる」でした。

 

なかなか、貸付サービスのリスクも高いので、ガツンと資金を入れれない状態でおり。

かといって、寝かせたままも勿体ないしなーという次第。

 

界隈の動きが早いので、情報を追いつつ、

しばらくは、適宜、より良い判断をしていくことになりそうね。

 

気長に期待しつつ。

それでは、また。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です