24年03月/ 1号アパートの家賃収入「CF+19.6万円」

 

とみます(@20tomimasu)です。

 

千葉の築古1号アパートの賃貸状況について。

この収益物件を購入してから、4年が経過しました。

 

おかげさまで、今月も満室です。

手元に残る収益を確認していきます。

 

家賃収入とキャッシュフロー

賃料 (円)
101 34,000
102 33,000 + 15,500
103 33,000
105 35,000
201 30,000
202 30,000
203 33,000
205 30,000

小計 27.35万円

今月の家賃収入は、

小計 27.35万円

 

一方で、今月の経費は、

  • 借入金返済 62,680円
  • 管理費(5.0%) 12,900円
  • 振込手数料 660円
  • 共用電気 1,002円

小計 77,242円。

 

家賃収入から経費を引いたキャッシュフローは、

  • +196,258円

 

おぉー、月19万円は嬉しい!!

今月も、家賃更新があったので、ちょっとしたボーナス月だね。

 

現在の1号アパートの借金は↓

  • 残債: 1068万円。(借入時:1200万円、先月比-3万円)
  • 残期間: 22年。(借入時: 25年)

 

借入時は30歳ということもあり、キャッシュフローが出るように、期間を長めに設定した。

その分、なかなか残債は減らないものの、すでに残債が土地値を下回っているため、時間の経過に伴い含み益も増えていく算段だ。

 

【Good】退去なく満室を維持!!

 

今月も退去なく。

むしろ、2年契約が更新され。

 

これで、この時期の退去も無くて、一安心。

ふー。

 

満室を維持できると、手間が掛からなくて良いね。

当初は空室が3部屋あって、原状回復+入居付けに苦労したものの。

 

その苦労を乗り越えた後は、家賃収入の安定さにアッパレ!

時間経過とともに、キャッシュを増やしてもらおう。

 

2ヵ月連続で家賃更新は嬉しい。

なんだけど、この1つは、去年の12月の分なのよね…

 

【Bad】家賃保証による更新料

 

先月、更新料の計算が合わなかったので、

管理会社に確認。

 

すると、

1部屋から更新料を貰えなかったそうで、

保証会社とやり取りし、保証会社からの補償による入金をようやく確認できたとのこと。

 

なんだか、複雑そうだな。

ただ、その入居者の通常家賃の滞納は起きていないので、よく分からない…

 

管理会社が言っていることも間違いなさそうだし…

はて?

 

まあ、入金さえされていれば、大家が突っ込まなくても良いか。

ここは、荒波を起こさないように、静観で。

 

また問題が大きくなるようだったら、

適宜、対応していければ。

 

おわりに

 

以上「24年03月/ 1号アパートの家賃収入「CF+19.6万円」」でした。

 

2号アパートのCF+17万円と合わせて、計36万円!!

これが続くと良いなぁ。

 

現金を増やしつつ、次の使いどころを見極めていければ。

それでは、また。

 

人生を変えるたった1つの銘柄

詳しくは動画を見て欲しいが、

・この企業は、新薬開発を効率化するAI技術に特化している。
・バファリンを開発しているブリストル・マイヤーズ社が、この企業に1800億円を払って、大型パートナーシップを締結した。
・日本では、住友大日本製薬とも提携している。通常4年半は掛かるが、1年足らずで臨床試験に持ち込んだ実績あり。
・2023年9月、メルクとの協定。契約時に前受金30億円を獲得、目標を達成した際の報酬は最大1000億円。

2024年の7月4日のブログの通り、この株を仕込みました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です