これまでの不動産投資歴の整理

 

とみます(@20tomimasu)です。

 

2号アパートを購入してから、半年以上を経過したので、

これまでの不動産実績を振り返ってみます。

 

というのも、アパート2棟だけど、内容を忘れてしまうことも、しばしば。

一旦、整理します。

 

1号と2号アパートにおける購入時の比較

 

物件概要

1号 2号
購入価格 1500万円 2500万円
融資金額 1200万円 2000万円
購入時の築年数 築32年 築37年
物件構造 軽量鉄骨 鉄骨造+木造
戸数 1k×8戸 1店舗、3LDK、ワンルーム×4戸
土地 230m2 332m2
建物 215m2 281m2
相続税路線価評価 1100万円 1693万円
駐車場 なし 店舗3台+居住6台
購入時の家賃収入 年198万円 年306万円
購入時の稼働率 5戸/8戸 (63%) 5戸/6戸 (83%)
満室想定時の家賃収入 年306万円 年345万円

 

 

当時の諸経費

1号 (2019年) 2号 (2023年)
頭金 300万円 (物件価格の2割) 500万円 (物件価格の2割)
仲介手数料 (3%+6万円+消費税) 56.1万円 89.1万円
登記/司法関連 (税込) 37.3万円 51.8万円
火災保険 34.8万円/10年分 41.1万円/2年分
ローン手数料 19.8万円 33.0万円
印紙税 (売買契約と金消時) 1+2万円 1+2万円
不動産取得税 22万円 33万円くらい?
合計 473万円 751万円

 

こうやって並べてみると、

2号アパートは手出しが多かったね。

 

あと、地方高利回りアパートを始めるには、最低でも500万円くらいは必要かな。

私みたいな、キャッシュフロー第一主義な人は、これくらいの資金を用意しよう。

 

んで、去年の実績は↓

 

家賃収入の推移

1号 2号
2020 266万円
2021 263万円
2022 285万円
2023 312万円 105万円
2024 ??? ???

 

去年は、1号アパートの退去が無く、絶好調だったね。

また、2号アパートを9月に購入したので、1/3程度の家賃収入あり。

 

今のところ、どちらも満室なので、

2024年は、理論最大値のざっくり↓

  • 300万+350万円=650万円

程に期待している。

 

こうやって並べてみると、

順調に? 規模を拡大できているのかな。

 

まあ、実際は、

銀行の返済に、修繕費に、税金といった、支出があるので、

手元に残るキャッシュフローは、大体5~7割くらい。

 

まるで、会社員の年収から、社会保険料を引いたような値で。w

うん、自分がもう一人働いてくれると思うと、なかなか良い買い物だったか?

 

今後の活動

 

  • 1号、2号アパートを満室にしたこと、
  • 3号アパートを探すも、売りに出てくる機会は少ないこと

から、不動産投資の進捗は停滞中。

 

売りアパートが出たら、

優先的に判断しているが、その機会が少ないんよなあ。

 

なので、今は、3Dプリンターにハマっている。

制約はあるものの、設計できるものは、大体作れてしまう。

 

何か、不動産に役に立つものを…

と考えたけど、ステージング用のwelcomeボードしか思い浮かばねぇ。w

 

ウチの場合、ステージングによって成約率が上がったわけでもないので、

不要だ…

 

あとは、退去時の補修や部品の代替などかな? 特に築古物件と相性が良さそう。

退去が出てから判断する必要があるので、今のうちに、設計のレベルでも上げていこうかー

 

おわりに

 

以上「これまでの不動産投資歴の整理」でした。

 

おかげさまで、収益性と資産性の高いアパート1号2号と、ご縁があり。

なかなか、今の市況では見つけることはできませんが、出たら全力でエントリーしていきましょう。

 

素敵な物件と出会いますように!

それでは、また。

 

プレゼント特典‼ 動画視聴で35万分を貰っちゃおう

新NISAを学べるバフェッサ無料講座!!
メアド登録するだけで35万円分相当の特典が貰えるので、お忘れなく。
2倍速でも確認できるので、投資に興味のある人はご確認あれ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です