2-30 「2020年に大差がつく長期投資」という本から「財産の保全」についてを考える

こんばんは、

今回は「2020年に大差がつく長期投資」の本を読んで

いいなと思えることが1つありました。

 

その本はこちら↓

 

この本の著者は、澤上さん。

彼は「財産」について、このように述べている。

 

財産は保全しつつ、殖やしていくこと

 

「当たり前じゃないかーい」

という、ツッコミを思わずいれたくなるが、

実際にできている投資家は意外に少ないのだと思う。

 

特に、前半の言葉。

保全

 

澤上さんは、プライベートバンキングの仕事を長くやってきただけに、

どれだけ「守り」が大事であるかを知っているのだと思う。

 

というのは、プライベートバンキングは、資産が1億~5億円の富裕層の方に対する投資サービスのことで、

プロとして、一流のお客様の資産運用に失敗は許されない。

 

だからと言って、守りが大事なのは、富裕層に限ったことではない。

自分にもとってだ。

そして、読者にとっても。

 

投資と聞いて、お金を殖やすことに重点を置く人が多いが、

2008年9月に発生したリーマンショックのような事件が起きてしまうと、

資産は簡単にぶっ飛ぶ

 

その爆弾は、10年という周期で爆発しているので、すぐに来るかもしれない。

爆破したら、終わり。

たとえ、国際的に分散的な投資をしていても。

 

その起爆剤となりうるのは、

 

1. 戦争

2. インフレ

3. 社会変動

 

らしい。

 

 

戦争なんて、日本にいると、遠い世界のよう。

だが、投資家としては、テロや戦争に注視していた方がいいのだろう。

 

次にインフレで、最後に社会変動。

順番が気になるところではあるが、間違いではなさそうだ。

 

 

じゃあ一体これらのリスクにどうしたらいいの?

 

すぐに現金化できる資産を確保すること

それが「財産の保全」だと村上氏は言う。

 

「ん?すぐに現金化できる資産」ってなんだ?

それは「長期投資」であって「株式や投信はいつでも売れるよね」ってのこと。

 

確かに、いつでも売れそうだ。

だが、小資本投資家の私にとって、株式や投信で簡単に利益を上げれないよー。

その言葉の本当の意味を早く理解できるようになりたい(´・ω・`)。

 

「財産を保全する」

まだまだ未熟投資家の私なりに、

今後「財産の保全」という術を見つけ、習得していこうと思う。

言うほど財産ないけど、それは言い訳にしたくない(`・ω・´)。

 

そんなこんなで、二年目社員の投資ブログも本日で締めくくり。

社会人になって二年。あっというま。

 

来年度も「三年目の投資ブログ」として、

(タイトルセンス相変わらずないー(´・ω・`))

 

「20代会社員の投資ブログ」を続けていけたらなと思う。

今年度もご愛読ありがとうございました。

 

来年度は、まいた投資種を開花させます。

 

これからも投資について綴っていきますので、来年度もよろしくです。

ライン登録で直ぐに受け取るプレゼント(無料)

とみますに興味を持っていただき、ありがとうございます。
現在「ライン登録」して頂いた方に限り、
「金持ち父さんの実践書 20代会社員 入門編(PDF20枚)」をプレゼントしています。

~もくじ~
1. 20代が知っておきたい日本のこと
  1.1 日本のこれからの人口推移
  1.2 日本の財政推移
  1.3 20代の年金問題
  1.4 日本の絶対的な政策目標

2. 20代がこれから生きる上で知っておきたいこと
  2.1 生きていくのに必要なおカネ
  2.2 20代が賢くおカネを増す方法
  2.3 20代は年利1%も難しい…
  2.4 身銭をきる必要性

3. とみますのリアルなCFについて
  3.1 海外金融商品のリアルなCF
  3.2 1区分所有のリアルなCF
  3.3 225オプションのリアルなCF
  3.4 投資×ブログのリアルなCF

4. おわりに

ライン登録後「とみます」より送られてくるメッセージから、指定されたpdfのダウンロード(無料)を行い、お受け取り下さい。
ライン登録はこちらから↓↓
友だち追加

メールアドレス登録も始めました。どうしてもラインは…という方は、こちらから↓↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です