2021年の給与年収は573万円、前年比+3万円…

 

とみます(@20tomimasu)です。

 

12月も半ばですね。

給料の明細書に、年収(累計支給額)が記載されており。

 

去年のモノと比べてみると…

前年比+3万円。

 

ありゃ?

ちょっとしか増えていない…

 

これまでの年収推移

salary2021-211219-1

(院卒の中堅メーカー研究職。)

 

2021年の年収は、

  • 573万円。

 

ありゃりゃ。

ここ3年間は、ほとんど変わっておらず。(泣)

 

でも、昇給もあったのに、なんでだろ?

調べてみると、2021年は、残業時間が減っていた。

 

2021年は、残業時間が減った

 

  • 2020年の残業時間は、177時間
  • 2021年の残業時間は、39時間

 

今年の残業時間は、前年の22%に相当する時間だ。

なんと、前年比の-78%!!

 

減ったねぇ。

これは、意図もあったけど、会社の環境も少し変わったため。

 

具体的に、

  • 【個人努力】毎日フォートナイト配信をするために? 、定時になったら、直ぐ帰ることを心掛けた。
  • 【会社環境】出張が減ったこと、テレワークが導入されたことにより、移動や準備などの時間を、業務に充てれた。さらに、会社都合で、私の一部の業務が減った。

 

ざっと、

1時間2000円として、

  • 28万円相当

だね。

 

そう考えると、実質、今年の年収は、前年比+30万円くらい。

まあ、妥当なラインか。

 

結局、

  • お金を増やすか、
  • 時間を増やすか

の違い。

 

最近は、

  • 目標にしていた32歳になり、お金の増やし方が分かってきた?

こともあり、後者にシフトするように心がけている。(タイミングよく、会社の都合もあったけど。)

 

会社員の給料平均は

 

32歳で、年収573万円。

中の中くらい?

 

厚生労働省のデータと比較してみると。

>>令和2年賃金構造基本統計調査 結果の概況

salary2021-211219-2

引用…学歴別にみた賃金

 

↑会社員の場合、日本社会は、良くも悪くも、学歴がモノを言う。学歴別にみていく。

 

大学院卒の場合、

  • 33.7万円/月×12カ月=年収404万円

 

ただ、

  • 本概況に用いている「賃金」は、6月分の所定内給与額

と記載されているので、実際は、ボーナス賞与や住宅・家族手当などがあるので、150万円くらい上振れしそうな。

 

と考えると、

やはり、平均くらいか。

 

ただ、資産運用や銀行からの属性評価という点では、年収573万円は、ちと弱い。

投資に回せる金額が少なく、それなりに運用を工夫する必要があるし、お金を貸してくれる銀行も、限られてくる。

 

その中で、どうやって経済的に自立していくか…

これからも探求し続けていければ。

 

おわりに

 

以上「2021年の給与年収は573万円、前年比+3万円…」でした。

 

本人の環境や属性によって、投資方法が異なってくるので、

投資ログを残す身として、年収や実績などを公開しており。

 

  • これくらいの年収の人が、こんな運用をしているんだー

くらいに、参考にしていただければ。

 

それでは、また。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です